ザガート

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ザガート
外国語表記 Zagato
登場作品 魔法騎士レイアース
声優 小杉十郎太
デザイン 石田敦子
初登場SRW スーパーロボット大戦T
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 セフィーロ人
性別
髪色
髪型 毛先を束ねた長髪
瞳の色
所属 ザガート一派
役職 神官
主な搭乗機 魔神ザガート
テンプレートを表示

ザガートは『魔法騎士レイアース』の登場人物

概要[編集]

エメロード姫に仕える神官で、姫の祈りの補佐や護衛を務めていた。穏やかで思慮深い人物だったが、突如として姫を攫って幽閉し、セフィーロに反旗を翻す。

姫の側付きだっただけに聡明で有能な人物で、導師クレフに師事を受けた魔法の腕も超一流。また、自力で魔神を造り上げる程の知識と技術を有する。

魔法騎士を始末する為、様々な刺客を差し向ける形で伝説の成就を阻もうとするのだが…。

真相[編集]

作中にて、セフィーロに混乱が巻き起こった全ての元凶はザガートにあるとされていたが、正確には「ザガート1人」だけではなかった。

ザガートは神官だった頃から『柱』となった者の心の自由を犠牲に「セフィーロの安定」を維持する柱システムを懸念しており、幼い頃から年頃の少女らしい楽しみを知らずにセフィーロの安定を祈り続けるエメロードを哀れに思っていた。エメロードは自分を思いやるザガートを1人の男としてするようになり、ザガートもまたエメロードを愛するようになる。

しかし、エメロードが「ザガート個人の幸せ」を願うようになった結果、セフィーロのバランスは急激に崩れ、凶暴な魔物が出現するなど大きな混乱を招いてしまう。つまり、セフィーロの崩壊の原因はザガートにも少なからずあったのだが、根本的な問題を突けば、『柱』としての役目を負わされたエメロード自身、ひいては1人の人間がひたすらセフィーロの為だけに祈り続ける生涯を強いられる『柱』の不条理なシステムその物にあったと言えなくもないのであった。

自らが取り返しのつかない「過ち」を犯してしまったと思い込んだエメロードは自身を幽閉しザガートへの思いを断ち切ろうとする。そして『柱』として破綻した自分を殺させるために3人の魔法騎士を召喚してしまった。ザガートはエメロードの意思に背き、例えセフィーロが崩壊しようとも彼女を守ることを誓い、魔法騎士達への刺客を送り込む。

一方で自身の行いが正しいとは思っておらず、エメロードを悲しませることしかできないと自嘲していた。親衛隊長だったラファーガを洗脳した姿をあえてエメロードに見せ付けた上で魔法騎士達と戦わせる事を宣言し、失望によって自身への想いを断ち切らせようとしていた可能性もある。

最終的に全ての刺客が敗れ、自らの拠点である空中宮殿にまで魔法騎士達が辿り着いたことで、自らの魔力と心を注ぎ込み生み出した漆黒の魔神に搭乗。圧倒的な力で彼女達を追い詰めるも、魔法騎士達の合体技「閃光の螺旋」の前に敗北。エメロードの心が自由になる事を切に願いながらその生涯を終えた。

第二部でも回想で登場。弟のランティスに『柱』に選ばれた者の心が本当に自由なのか問う等、かねてより『柱』のシステムに疑念を抱いていた姿を見せている。

登場作品と役柄[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦T
初登場作品。今作ではラバーンショットと結託し、バイストン・ウェル兵たちを戦力に加えている。
敵の首魁と言う事もあり能力は高いが、原作通り撃破後に魔神エメロードが襲いかかってくるのでSPの温存はしっかりと。
今作では地上にも積極的に征服しようとするが、これは「このままでは滅亡が免れないセフィーロの民を移住させる為」と理由付けがなされている。

パイロットステータス[編集]

能力[編集]

ボス級だけあって能力値は高め。この後の連戦を考えると最低でもSPは温存したい。エクストラアクションの活用もしっかりと。

精神コマンド[編集]

T
信頼集中必中不屈希望
ある意味ではエメロードと対となるラインナップ。原作未視聴のプレイヤーでも彼がセフィーロに反旗を翻した理由を察せられる内容になっている。腹心であるイノーバへの信頼、世界を敵に回して自身が命を落とそうともエメロードを柱から解放するという信念と希望、そして彼の行動の根底にあるエメロードへの愛が反映されている。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

T
底力L8、闘争心L2、気力限界突破L2、ガードL3、サイズ差補正無視L2
エメロードを守るという意志の現れか、に加えて高ランクの底力ガードを持つので、殴れば殴るほど固くなる。ただ幸いにして2回行動は持っていない。

エースボーナス[編集]

気力130以上で自軍フェイズ開始時、精神コマンド「不屈」がかかる
T』で採用。ver.1.03で追加されたスーパーエキスパートモードにて習得。ただでさえ固いのに、1回のみとは言え更に固くなる。

人間関係[編集]

エメロード
彼女を幽閉する。実は彼女と相思相愛の仲で、一連の行動の真意はセフィーロのために死を望む彼女を守り、彼女を『柱』から解き放ち1人の女性に戻すことだった。
なお、見た目からザガートがロリコン扱いされがちであるが、実年齢はザガートよりもエメロードの方が年上であり、彼女はある時期を境に大人の姿に成長している。

配下 [編集]

アルシオーネ
部下の魔操士(漫画では魔導師)。恋心を抱かれているが相手にせず、漫画では魔法騎士の抹殺に二度失敗した彼女を見限り粛清している。
アニメでは三度目の失敗で見限るが、失脚させただけで殺しはせず、結果的に唯一自分の元に残った部下になったが、失脚以降二度と使うことはなかった。第一章ラストでエメロード姫との関係を知られ、絶望した彼女に縋られるも「お前のエゴに過ぎない」と突き放し、最後まで彼女の想いを受け入れることはなかった。
事情を知らされずに全てを捨てて来たアルシオーネにとっては理不尽な話だが、心の自由が許されず恋心を殺そうと苦悩するエメロードに対し、恋心を曝け出して押し付けてくる彼女を嫌悪していた可能性がある。尤も、ザガートが何も知らせずに彼女の恋心を利用したのも事実である。
アスコット
部下の召喚士。彼と魔獣に場所を提供することで味方に引き込むが、海の説得に応じた彼に離反される。
カルディナ
部下の踊り子兼幻惑士。金で雇っているだけの関係に過ぎず、風の覚悟を垣間見た彼女に『報酬分は働いた』として離反される。
ラファーガ
部下の剣闘師でエメロード姫の親衛隊長。自身を阻止しようとした彼に勝利し、洗脳して配下に置く。
のちに光の剣から発せられた炎によって洗脳魔法を解かれた。
イノーバ
副官。アニメのみ登場。元々はエメロードに贈られた精獣であり、魔法で人間の姿を与えた。エメロードとの関係と自身の目的を知る唯一の部下で深い信頼を寄せており、普段冷静なザガートも彼の戦死時には深く悲しんでいるそぶりを見せた。

セフィーロ[編集]

獅堂光龍咲海鳳凰寺風
伝説の魔法騎士達。エメロード姫を守る為、彼女達の抹殺を図り旅を妨害する。
ランティス
弟。よく似た雰囲気と容姿・声を持つ。『柱』のシステムに対する疑問を共有していたことからも、彼にとって心を許せる存在であったのは確かである。
クレフ
かつての師。アニメでは魔法騎士を送り出した彼の不意を突いて石化する。
かつてはランティスと共にどちらが先に自身の力を超えるかと期待されていた。

他作品の人間関係[編集]

ラバーン・ザラマンドショット・ウェポン
『T』では協力者。
トッド・ギネスアレン・ブレディジェリル・クチビ
『T』では彼らを配下に加えている。

名台詞[編集]

「異世界から魔法騎士を召喚しましたね」
「無駄な事はおやめなさいエメロード姫。魔神が蘇る事はない、伝説の魔法騎士も誕生しない」
第1話より。エメロード姫の元に訪れ魔法騎士の抹殺を宣言し、セフィーロがどうなってもいいのかと問う姫に一言頷く。
「セフィーロより、大切なものがある」
カルディナから、エメロード姫に祈りを続けてもらい、全権を譲ってもらってはどうか?と問われて。この言葉には、重大な意味が込められていた....
「エメロード…私はあなたを泣かせてばかりだ…。誰よりもあなたの笑顔を望んでいるのに、私は誰よりもあなたを悲しませる存在でしかない」
「魔法騎士の伝説は、この私が打ち砕く」
魔法騎士との決戦を前に。後の真相からも、エメロードの事を愛する一方、ザガートは自分自身の存在が彼女やセフィーロを不幸にしているという自責の念があったようで、ザガートは自分自身に裁きを下すかの様に、魔法騎士達に最後の戦いを挑む。なお、似たようなセリフは、弟のランティスも言っている。(原作『2』第1巻のラスト)ランティスの場合は、『魔法騎士の伝説は、この手で終わらせる』である。
「だとしたらどうする、アルシオーネ?」
「自分自身の為だろう? 人は自分の為だけに戦う。お前もそうだ、私の為ではない。自分の心の為に戦ったのだろう」
第19話より。ザガートの想い人がエメロード姫であること、今までの全てはエメロード姫の為であった事を知ったアルシオーネに本当なのかと問い詰められるが、否定せずに聞き返す。
それを受けたアルシオーネが『導師クレフを裏切ったのも、魔法騎士と戦ってきたのも全てザガートの為であったのに』と嘆いたのに対し、下記の通り吐き捨てる。
「私の為……? 何の役にも立てなかった上に、戯言(たわごと)を言うのはこの口か!?」
「役に立たぬ魔操士よ、何処へなりと立ち去れ」
上記の発言の後、ザガートの言葉を聞き入れず『自分の為でなくザガートの為に尽くした』と縋るように主張し続けるアルシオーネをつかみ上げ、怒りを込めて突き放す。
ちなみに脚本を手がけた大川七瀬氏によれば、第一稿ではト書きに「アルシオーネの口に指を入れる」と書かれていたが、没になったとのこと。
「エメロード……どうか……自由に……」
魔法騎士達との最終決戦時。閃光(ひかり)の螺旋の直撃を受けて自身の敗北を悟り、穏やかな笑みと共に呟く。これがザガートの最期の言葉となった。
『T』では撃墜時のセリフの一つ。
「『柱』になれるのは、誰よりも強い心の持ち主。そして、『柱』になった者は、このセフィーロの創造主でもある」
「しかし、その心は本当に自由なのだろうか……?」
原作『2』の回想シーンにて。『柱』制度への疑問を弟ランティスに打ち明ける。そしてその疑問から、彼は後にある行動をとる。『柱』であるエメロード姫を幽閉し、魔法騎士を抹殺しようとする行動を……。
「……ランティス……人には、それぞれ決して変えることのできない『願い』がある。たとえ、謗られても、悪の烙印を押されても、ゆずれない『願い』が……」
第40話より。光が覗いた過去の平和だった頃のセフィーロの記憶にて、ランティスと『柱』制度について語り合う内に。ここで何かを決心するまでは、光が見たことのない優しそうな表情をしていた…。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「異世界の戦士達よ…。もしかすると私は、お前達の全てに勝つ事はできないかも知れない…」
「だが、魔法騎士だけはこの手で倒す!」
『T』第34話「終焉の日」より。T3との最終決戦で、スーパーロボット達の力を認め敗北する可能性をも考慮しながら。刺し違えても魔法騎士だけは絶対に倒さなくてはならない理由が彼にはあった…。

搭乗機体[編集]

魔神ザガート
ザガートが全ての力と心を注いで造り上げた黒き魔神。

余談[編集]

名前の由来は、イタリア・ミラノに本拠を置く老舗(1919年創業)のカロッツェリアSZデザインの旧名から。