ダンガイオー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ダンガイオー
漢字表記 弾劾凰
外国語表記 Dangaioh
登場作品 破邪大星ダンガイオー
分類 スーパーロボット
開発者 ターサン博士
パイロット
【メイン】
ロール・クラン
【サブ】
ミア・アリス
ランバ・ノム
パイ・サンダー
デザイン 河森正治
テンプレートを表示

概要[編集]

宇宙最強のロボットを求めるガリモス大船長のために、ターサン博士によって作り上げられた。4機の「ダン・メカニック」と呼ばれる戦闘機が合体して完成する。メインパイロットはロール・クラン

ダン・メカニックのパイロットは超能力者で構成され、その能力がダンガイオーのパワーに直接影響をする。

ブーストナックル、ダンガイビームなどのスーパーロボットらしい技と、破邪の剣と超能力を複合した必殺技「サイキック・斬」などの特撮作品的な技を併せ持つ、リスペクト溢れるロボットである。

原作第3話のギル・ギア戦において、コクピットブロックを残して爆発、大破する。

構成機体[編集]

ダン・メカニック・ミア機
ミア・アリスの搭乗する戦闘機。ダンガイオーの頭部・バックパックを構成する。
ダン・メカニック・ロール機
ロール・クランの搭乗する戦闘機。ダンガイオーの胴体を構成する。
ダン・メカニック・ランバ機
ランバ・ノムの搭乗する戦闘機。ダンガイオーの両腕を構成する。
ダン・メカニック・パイ機
パイ・サンダーの搭乗する戦闘機。ダンガイオーの下半身を構成する。

各形態[編集]

強制合体形態
パイ機とロール機が合体した巡航形態。
巡航形態
4機合体での巡航形態。作中未使用。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
初参戦作品。分離は不可。序盤から登場し地上と宇宙を行き来する。概ねギル・バーグとの戦闘がメイン。他のスーパー系同様空Bなので、地上に降ろしての運用を推奨。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
地上編で改造しても、宇宙編では持ち越せないので注意。スパイラルナックルはシャザーラを撃墜すると追加される。説得すると手に入るシャザーラ及びアイザム・ザ・サードとは二択だが、この時点のスパイラルナックルはまだ非P武器なので若干使いにくく、第2部の中でなら説得した方が圧倒的にお得。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
COMPACT2の特徴であるフラグコンバートシステム、そしてパーソナルデータテーブルシステムの影響を恐らく最も大きく受けた機体。必中鉄壁狙撃を掛けての反撃スパイラルナックル連発による雑魚掃除、覚醒魂or奇跡によるボス撃破の両方をこなすエースの素質がある。だが育て方を間違えれば、4人乗ってるくせに必中集中も使えないポンコツに成り下がる。そのため、プレイヤー次第で使える・使えないといった判断がまっぷたつに分かれるが、ミアが最後に奇跡を必ず習得するため、必中等を全く覚えないスーパー系よりは使える。
ちなみに第2部の時点で非P武器だったスパイラルナックルは第3部でP武器になり、大幅に使い勝手が向上する。今回が最も高性能なナックルと言えよう。
スーパーロボット大戦IMPACT
本作は敵が堅くなり、スパイラルナックルが2~7の非P武器に戻ったので長射程スーパー系として重要性が増した。シャザーラとの二択は五分五分と言うところだろうか。本作ではロールの超能力特殊能力となった為、攻撃力と命中回避に補正がかかる。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
中盤から参戦、終盤に相打ちになる事無くギル・ギアを倒す。今回は本編終了よりもさらに後(ガリモス大船長も撃破済)での参戦なので、ギル・ギア以外に絡んでくる相手が殆どいない。破邪の剣が無いので燃費が悪い。バリア貫通武器がスパイラルナックルだけなので、パイの直撃に頼る必要もある。おまけにスーパーロボット中、唯一攻撃力アップの補正が全く存在しない(ガイキングゴーダンナーもないが、こちらは信頼補正で補える)のでパッとしない。だが、ミアがを習得するのでそこまで弱いわけではない。
なお、初登場時に「機能に異常があって分離状態ではまともに戦えない」と語られ分離状態では使えないが、ファイナルサイキックウェーブの演出では分離する(このことを考えると、機能の異常は武装面を指していると思われる)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ブーストナックル
腕を射出してカッターで切り付けるロケットパンチ系の武装。
射出するとランバの「勝手に飛ばすな!」等の悲鳴が聞こえるという、コミカルだが気の毒な演出がある。P属性の有射程武器なので扱いやすい。
ショルダーカッター
両肩から射出する手裏剣状のカッター。
弾数制の射撃武器。IMPACTのみ実装。
ダンガイビーム
額から青色光線を放射する。
割と射程が長めで使い勝手は悪くないのだが、ゲッタービーム等と違い射撃武器なためロールとの相性は微妙。IMPACTでは移動後不可射程2、火力も微妙と不遇な武器であった。
破邪の剣 「弾劾剣」
ダンガイオーが所持する大剣であり、主力武器。「ダンガイソード」とも。
『IMPACT』では、腕部のブレードによる攻撃後、破邪の剣による攻撃というパターンアタック。

必殺技[編集]

スパイラルナックル
両腕のブーストナックルを握り締めて、射出して回転させる。
COMPACT2』『IMPACT』では隠し武装扱いであったが、『K』では原作終了後扱いの為、初期から使用可能。こっちはランバの了解を取ってから射出する。COMPACT2第3部では射程1-5な上にP属性、更にランバが必ず覚える狙撃を組み合わせることで「移動後に使える断空砲」のような状態となり猛威を振るった。
余談だがスタッフの大張正己氏の監修作品には同系統の技を使うスーパーロボットが多い。
サイキックウェーブ
4人の超能力を増幅してダンガイオーの掌から放つ念動波。使用時には掌中央にリリス王家の紋章が浮かぶ。1話と2話では敵の動きを封じ必殺技につなぐ超電磁タツマキ的な位置の技だったが、最終話では捕えたブラストライドールを2機まとめて圧殺している。
SRWではサイキック斬やスパイラルナックル使用時の演出として登場。
ファイナルサイキックウェーブ
最終回でギル・バーグギル・ギアを圧殺した強力なサイキックウェーブ。
K』より登場。衝撃波で一度敵を弾き飛ばし、分離して追撃。再合体して4人のカットインと共に閃光を放つ。ギルと決着をつけるときに追加される。
サイキック斬
超能力を使い、サイキックウェーブで相手を拘束しながら圧殺して、破邪の剣で一刀両断する技。
この時流れるBGM「サイキック斬、そして」は、かの有名な特撮ドラマ『宇宙刑事ギャバン』のレーザーブレード使用時に流れる「マクーの攻撃」に非常に酷似しているが、これは作曲者が同じ渡辺宙明氏なのが理由。そもそも製作者側が「ギャバンのレーザーブレードみたいな~」と渡辺氏に発注したためである。
ちなみに『神魂合体ゴーダンナー!!』の「紅蓮の戦闘領域」と言う楽曲も酷似しているが、やはり作曲者が同じ。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

対決・名場面[編集]

vsブラッディI
日本の大都市に現れたギル・バーグは破壊の限りを尽くしていた。そこに4人の乗るダンメカニックが到着し、心を一つとすることで最強のロボット『ダンガイオー』が見参する。強気な性格となったロールが操縦するダンガイオーはブーストナックルで攻撃後、ブラッディⅠの弱点に向けてダンガイビームを放ち、機体を止める事に成功したかに見えたが……
vsアイザム・ザ・サード
シャザーラの駆るアイザム・ザ・サードの放つプラズマタイフーンにダンガイオーはピンチに立たされてしまう。ただ一人の惑星リリスの生き残りで侍女であるシャザーラを倒すことなどランバには出来ずダンガイオーのパワーダウンを招いてしまっていた。しかし、仲間の傷つく姿を目の当たりにすることでランバはシャザーラを討つ覚悟を決め、ダンガイオーは両手を合わせてランバの涙のスパイナルナックルを放つ。死の瞬間にシャザーラはランバ姫に打たれることを望んでいたことに気付きアイザム・ザ・サードは爆散する。戦いが終わった時、ランバの泣き叫ぶ声だけが響いていた。
vsギル・ギア
ミアを救出しバンカーのプラントを破壊し、宇宙に出たダンガイオー。その時宇宙に赤い閃光がダンガイオーを直撃する。待っていたのは、甦ったギル・バーグの新たな機体ギル・ギアだった。ギル・ギアの性能は圧倒的であり、パワーダウンしたとは言え、二刀流で破邪の剣を叩き折られ、腕部ガトリングで容易く蜂の巣にされ、胸部の大出力ビームの直撃で地表に叩き付けられてしまう。絶対絶命の状況でターサンは最後のエネルギーを使いワープビームを放ち決死の覚悟で自分の「子供たち」を生き延びさせることを提案する。ターサンは最後に無敵のスーパーロボットであるダンガイオー勝つ瞬間を見定めたいという思いを受け止めダンガイオーは再び立ち上がる。大破寸前のダンガイオー渾身のサイキックウェーブを放ち動きを止め、さらに最後のサイキックウェーブを放ちギル・ギアの破壊に成功する。そしてダンガイオーはワープビームを受け、宇宙の何処かへ転送される。戦いを終え気絶した4人のダンメカニックは宇宙空間を漂う所で物語りは終わりを迎える。そして………

商品情報[編集]