ロール・クラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ロール・クラン
外国語表記 Roll Clain
登場作品 破邪大星ダンガイオー
声優 神谷明
デザイン 平野俊弘
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 異星人(惑星ラテシア)
性別
出身 惑星ラテシア
所属 ダンガイオーチーム
テンプレートを表示

ロール・クランは『破邪大星ダンガイオー』の登場人物。

概要[編集]

ダンガイオーのメインパイロット。走る事でエネルギーを発する超能力を持つ。

他の3人はレオタード状の専用パイロットスーツを着用しているが、ロールのみ一般的な地球人同様の私服を着用しており、それは搭乗時も変わらない。

普段はまるで気弱な少年で、ダンガイオーチーム4人の中では一番平凡に見える。しかし一度ダンガイオーに合体すると一変。強気で頼りになる性格になり、主人公ミアを差し置いて力強く技名を叫びながらダンガイオーを操る。

その秘密は彼の閉ざされた記憶の中にあった。彼はかつて惑星ラテシアのレジスタンスの英雄だったが、仲間のフラッシュバーストに裏切られて殺害され、ターサン博士によってサイキッカーとして蘇った。そのため普段は潜在的に残った死の恐怖で気弱な性格になってしまい、ダンガイオーで戦っている時のみかつての英雄としての強さを取り戻せるのだった。

前述の通り主人公はミア・アリスであり、彼自身は主人公ではないのだが、主役ロボのメインパイロットである点、チーム内で唯一の男性という立場から特にスパロボでしか知らないプレイヤーからはよく作品の主人公と誤解される。

登場作品と役柄[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
初参戦作品。出入りが激しいの欠点だが、第1部では最終的に戻ってくるため主力のスーパー系パイロットとして活躍する。スーパー系らしく格闘が高く、また一応超能力者という設定を反映してか反応、回避、命中がやや高め。加速熱血気合を必ず覚える。
スーパーロボット大戦COMPACT2第2部
中盤参戦するが最終的には地上に降りてしまうため、スキルコーディネートは避けるのが無難。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
スーパー系パイロットにしては珍しく底力を習得せず、また剣を持っていながら防御技能もなく、自力で獲得する技能は援護Lv1のみ。しかし逆にそのおかげで特殊技能枠が3つも空いているのがおいしい。スキルコーディネートで伸びる余地が多いパイロット。を覚えるパターンがあるが、サブパイロットのミアが必ず奇跡を覚えるのでわざわざ狙う必要はない。
スーパーロボット大戦IMPACT
本作では超能力が特殊技能となっているため、スーパー系だが命中率が高いのがお得。さらに攻撃力補正もかかる。熱血担当。ちなみにキャラクター事典で再生できる台詞は通常時のもののみ。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
本作唯一の超能力持ちのパイロット。

パイロットステータスの傾向[編集]

能力値[編集]

格闘が高く、射撃はあまり高くない。またスーパー系にしては命中、回避がやや高めな傾向がある。防御はスーパー系にしてはやや低め。

精神コマンド[編集]

主に熱血を担当する。気合気迫等も覚えるが習得レベルが遅く、気合はパイに任せることがほとんど。

IMPACT
加速根性集中熱血誘爆気合
K
集中不屈必中熱血闘志気迫

特殊技能(特殊スキル)[編集]

IMPACTから超能力を持つようになる。

IMPACT
超能力L9援護防御L1
K
超能力L9切り払いL3底力L8援護攻撃L1援護防御L1アタックコンボL1

パイロットBGM[編集]

「CROSS FIGHT」
OP主題歌。

人間関係[編集]

ミア・アリス
チームメイト。
ランバ・ノム
チームメイト。
パイ・サンダー
チームメイト。
ターサン博士
記憶操作により生みの親と信じ込まされる。
フラッシュ
レジスタンス時代の仲間。戦いに疲れ、ロールを一度は死に追いやった短髪のオカマ。
バースト
フラッシュ同様レジスタンス時代の仲間で、彼と組んでロールを一度は死に追いやった長髪のオカマ。
スケルトン
仮面を被ったレジスタンスの傭兵。彼に共闘を持ち掛けられるが……。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

流竜馬神隼人車弁慶
IMPACTで初顔合わせした際、互いの敵対組織についての情報交換を行う。中の人繋がりゆえか、ロールはゲッターロボのメカニズムについても興味津々だった。
ロム・ストール
IMPACTでは彼の名乗りに感化され、いつも以上に闘志を燃やす一幕も。

リアル系[編集]

草壁春樹
IMPACT終盤で木連との和平交渉に出席した際、彼から提示された一方的な停戦条件にバンカーと同質の悪辣さを覚える。
レイ・ザ・バレル
CCではギルやリボンズ達に操られた彼を、シンと協力して救出する。

名(迷)台詞[編集]

「すいません…」
第1話にて。ターサン博士の下から脱走し、ダン・メカニックに乗って地球に向かうなか、ターサン博士の元に残ることを提案した際、他の三人に睨まれて。
「行くぞぉ…、うわぁぁ!」
空中戦車に体当たりを仕掛けようとするも、避けられてそのまま地面に激突し気を失う。少々間抜け。
「ダンガイオー、見参!」
「見たか。どうやらダンガイオーの操縦は俺のコクピットでしか出来ないらしい、どうぞ休んでいてくれ!」
ダンガイオーに合体した後の初台詞。ミア達3人もそのギャップに驚いていた。後半の台詞がシュール。
「みんなの命、俺が預かる!」
サイキック斬使用時の決め台詞。スパロボでは何故か朔哉も「お前達の命、俺が預かる!」と同様の台詞を使い始めており、大張監督が関わっている合体ロボ伝統の決め台詞になりつつある。ちなみに大張監督が関わっていない合体ロボットのメインパイロットもスパロボで発言しているが、「絶対に嫌!」「右に同じく」と返されてしまった。
「そうだ…あれは聖戦などではなかった。それがわかった今、貴様等に遠慮すつもりはないっ!」
フラッシュ&バーストに「あの時の負け戦を聖戦と信じていたのは貴方だけ…未来も理想も粉々にされる!」と嘲笑された際に。この直後に羽交い絞めにしていたブラストを投げ飛ばしてライドールの剣に直撃させ、2人をサイキックウェーブで機体諸共圧殺した
「僕の先祖は、やっぱりロボットの操縦者だったみたいだ」
「最近、色んなロボットに乗って武器の名前を叫んでいる夢を見るんだ。『ゲッタァァァァなんとかぁ!!』とか『ハイドロブレイザァッ!』とか『ゴッドバァァァァド!』ってね」
ドラマCD『彈劾凰対イクサー1 宇宙大激突!!』より。ターサン博士の遠い先祖が遺した記録ライブラリの中にあった自身の先祖に関する記録についての感想。直前の博士の発言以上に中の人ネタ全開である。2つ目に至っては武器名を完全に言い切っている。
「パターンだよパターン。だって、イクサーという名前にしてもあの姿にしても悪役には見えないじゃない…って僕らも一応、正義の味方だろ?」
「誰々のライブラリに『正義の味方対正義の味方』っていうタイトルの映画が何本もあってね…これが題名に偽りありで、絶対に正義の味方同士は戦わないんだ」
同上。クトゥルフと戦うイクサー1が敵であるかを仲間内で論議してる最中に出たメタ発言。結局、直後に起こったトラブルが原因で対決することに。
「よぉし行くぜ!隼人弁慶!準備はいいか!チェェェェェンジ・ドラゴン!!」
同上。ダンガイオー合体時の台詞だが、完全にアウト。パイから「頭が少しおかしいんじゃねぇか」と怒られた。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

「ミア、君の故郷…地球って、戦争ばかりなのかい?」
IMPACT序盤で地上に現れたドレイク軍を一瞥して口にした疑問。実際その通りで、地球ほど戦争が多い場所は無く、地球人にとっては耳が痛い台詞である。
(ぼくのは…やっぱりないのかなあ)
『IMPACT』エンディングより。ウリバタケがダンガイオーチームのフィギュアを鋭意製作中である事をバラされた際のモノローグ…造って欲しいらしい
「裏切りなんてしちゃいけない!そのつらさは自分でもわかっているでしょう!?」
K』第16話「激闘!ダンナーベース!!・前編」におけるマックスとの戦闘前会話より。かつて自分も裏切りに遭って命を落とした過去を持つが故に、悲痛な思いでマックスを説得しようとするが、マックスはロールの言葉を聞き入れることなく、ゴオへの怒りを燃やすばかりだった。

搭乗機体[編集]

ダンガイオー

余談[編集]

  • 原作には1970年代ロボットアニメ作品へのオマージュが多々用意されているが、製作当時、既にベテランの域に差し掛かっていた神谷氏がこの少年の声優に起用されているのもその一つ。要するに「神谷明の演じるキャラクターが必殺技を叫ぶ」という演出を取り入れるためである(1970年代のロボットアニメの主役はスパロボファンなら知ってのとおり、神谷氏が演じている事が多かった。流竜馬ひびき洸ツワブキ・サンシロー竜崎一矢など)。