宇宙刑事ギャバン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇宙刑事ギャバン
読み うちゅうけいじ ギャバン
外国語表記 Space Sheriff Gavan
原作 八手三郎
監督 小林義明 他
脚本 上原正三 他
キャラクターデザイン 増尾隆之
赤坂徹郎
森野うさぎ
野口竜
音楽 渡辺宙明
制作 東映
放送局 テレビ朝日
放送期間 1982年3月5日 -
1983年2月25日
初登場SRW スーパーロボット大戦X-Ω
テンプレートを表示

宇宙刑事ギャバン』は東映制作による特撮テレビドラマ作品。

概要[編集]

東映制作による特撮テレビドラマシリーズ『メタルヒーローシリーズ』の第1作。

主演の大葉健二氏によるハイレベルなアクションや、真空蒸着技術によって作られたアップシーン用の銀メッキスーツ、当時使用例の少なかったビデオ合成を多用した映像、ナレーションを用いた詳細な変身プロセスの解説などの斬新さにより、仮面ライダー・スーパー戦隊に続く東映特撮ヒーロー第3の路線を確立させ、漫画・アニメーション作品といったサブカルチャー全般にまで影響を与えるほどの絶大な人気を獲得した。

また、世界観を継承した続編『宇宙刑事シャリバン』『宇宙刑事シャイダー』と合わせて「宇宙刑事三部作」と称される。

2012年には「スーパー戦隊シリーズ」第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』とのクロスオーバー作品『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』で復活。この反響を受けて、翌2013年には2代目ギャバン・十文字撃を中心に据えた新作映画『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が公開され、現在では撃を始めとする新たな若き宇宙刑事の活躍と、宇宙刑事以外のメタルヒーローとのクロスオーバーを描く新規シリーズが展開されている。

スーパーロボット大戦への参戦[編集]

先に関連作品『スーパーヒーロー作戦』や『スーパー特撮大戦2001』へ参戦しており、『X-Ω』にて正規スパロボ初参戦となった。過去にもコンシューマ向けのスパロボに参戦する予定があったが実現はしなかった[1]

特撮作品のスパロボ参戦は『ゴジラ』(ゴジラ対エヴァンゲリオン名義)・『恐竜戦隊ジュウレンジャー』という先例があるが、いずれも期間限定参戦であったため、正式参戦枠としては本作品が初となった。

ストーリー[編集]

宇宙犯罪組織マクーの標的となった地球。地球でマクーを追っていた銀河連邦警察の宇宙刑事ボイサーも消息を絶った。銀河連邦警察はボイサーの息子である宇宙刑事ギャバンを地球に派遣する。

バード星人の父と地球人の母を持つギャバンにとって、地球は第二の故郷。宇宙の平和と第二の故郷を守り、そして地球で消息を絶った父の行方も追ってギャバンは地球名「一条寺烈」を名乗り、マクーと日夜戦い続ける。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ギャバンとその関係者たち[編集]

ギャバン / 一条寺烈
主人公。「ギャバン」はコードネームではなく本名。「一条寺烈」は母の苗字に由来する地球名。地球では身分を隠し、「アバロン乗馬クラブ」で働く。
ミミー
ヒロイン。ギャバンに好意を持っており、密航してついてきた。
コム長官
ギャバンの上司であり、ミミーの父。
マリーン
コム長官の秘書。一時期、バード星に帰還したミミーの代理でギャバンのサポートを担当した。
大山小次郎
UFO専門のルポライター。本作のコメディリリーフであり、後の『シャリバン』『シャイダー』にも続投する。
藤豪介
アバロン乗馬クラブのオーナー。死んだ息子夫婦に代わり、二人の孫の面倒を見ている。烈がマクーと戦う宇宙刑事ギャバンであることは知らない。
藤わかば、藤洋一
豪介の孫の姉弟。烈を慕っているが、度々マクーの陰謀に巻き込まれる。
星野月子
マクーに研究を狙われた科学者・星野博士の娘。ギャバンの正体を知り、助力する。
ボイサー
ギャバンの父。地球担当の宇宙刑事だったが消息を絶つ。
一条寺民子
ギャバンの母で故人。
伊賀電
森林パトロールの青年。マクーに立ち向かって重傷を負うが、ギャバンに助けられバード星で治療を受けた後、宇宙刑事シャリバンとなる。
本作の続編『宇宙刑事シャリバン』の主人公。

宇宙犯罪組織マクー[編集]

ドン・ホラー
マクーの首領。
サン・ドルバ
ドン・ホラーの息子。
魔女キバ
サン・ドルバの母。
ハンターキラー
元宇宙刑事でボイサーの同僚だったが、裏切ってマクーの一員となった。
獣星人ダブルマン
マクーの構成員である異星人。多様な種類がいる。
ベム怪獣
マクーの戦力として用いられる様々な異星生物。
ダブルモンスター
ダブルマンとベム怪獣を合成した生命体。ダブルマンの知能とベム怪獣の能力を兼ね備える。
兵士クラッシャー
マクーの戦闘員

登場メカ[編集]

ギャバンの戦力[編集]

コンバットスーツ
戦闘時にギャバンが装着するパワードスーツ。「蒸着」の音声コードによってドルギランから電送され、0.05秒で装着を完了する。
超次元光速機ドルギラン
ギャバンの乗る宇宙船。龍型メカ「電子星獣ドル」と、居住スペースとなる「ギラン円盤」で構成されており、戦闘時には分離したドルにギャバンが乗って戦う。
サイバリアン
魔空空間への突入・離脱能力を持つサイドカー。
高次元戦闘車ギャビオン
ドルギランに格納された万能戦闘車両。空中戦用のAメカと地上専用のBメカに分離可能。
Bメカには地中潜行可能な小型ドリルタンク・スクーパーを搭載する。

マクーの戦力[編集]

魔空城
異次元に浮かぶマクーの本拠地。地軸転換装置により、魔空空間を発生させられる。
マクー戦闘円盤
異次元でも通常空間でも使用可能な航空戦力。
マクー戦闘母艦
魔空城の一部から分離する宇宙戦艦。戦闘円盤を格納する。

用語[編集]

魔空空間
マクーの擁する地軸転換装置で作り出される異空間で、一種のブラックホールであるという。ここではダブルマンやベム怪獣の戦闘力が3倍になる[2]ので、戦闘を有利に運ぶ目的で作り出される。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「宇宙刑事ギャバン」
作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:馬飼野康二 / 歌:串田アキラ
サビの部分で「若さってなんだ」「ってなんだ」と問いかける歌詞が印象的。
サビ前の叫びは「ビーム! ビーム!」なのだが、歌詞に記載されることは基本的にないため、「イー! イー!」などと誤解されがち。
『X-Ω』ではイベント「ぶっちぎり魂が繋いだ宇宙の絆」にて原曲がクエスト用BGMに採用されている。
エンディングテーマ
「星空のメッセージ」
作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:馬飼野康二 / 歌:串田アキラ
オープニングテーマとは対照的に、落ちついた曲調のエンディング。
生き別れの父を想う、ギャバンの人間としての側面が情感を込めて歌い上げられている。
劇中BGM
「B11 襲撃II」
いわゆる「レーザーブレードのテーマ」。マクーの攻勢の曲として発注されたが、選曲担当者がレーザーブレード発動時のBGMとして使用したところ好評となり、レーザーブレードのテーマ曲として認知されるようになる。
上記の通り、本来は敵方の攻勢時のBGMとして作曲されたためか、主人公側の必殺剣・殺陣の曲としては異例とも言える緊張感・重厚感に溢れるメロディになっているのが特徴。
当時発売された『テレビオリジナルBGMコレクション 宇宙刑事ギャバン』では「マクーの攻撃」に、2000年代に発売された『宇宙刑事ギャバン ベストヒットソング&オリジナルサウンドトラック』では「ギャバンダイナミック!!」に含まれる。
好評を受けて、『宇宙刑事シャリバン』『宇宙刑事シャイダー』では最初からレーザーブレードに専用の曲が用意されるようになった。また、渡辺氏が参加した『光速電神アルベガス』『破邪大星ダンガイオー』『神魂合体ゴーダンナー!!』でもレーザーブレード的な曲調のBGMが存在する。
また、『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』のレーザーブレード戦では本曲に新しくアレンジを加えた「正義一閃!レーザーブレード」が使用されている。

登場作と扱われ方[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
スパロボ初参戦作品。第4期参戦作品の第2弾として2018年9月に追加参戦。
肖像権への配慮か、ギャバンは常に変身後の姿で、ミミーは母星に一時帰還しているという設定で登場しない。また、ギャバン仕様のナレーションも出番が多く、他作品のナレーションと共演する場面も見られる。
2019年4月のイベント「激突!宇宙海賊×地獄」では復活のきっかけとなった作品であり、過去にも共演経験を持つ『海賊戦隊ゴーカイジャー』と再び共演。

関連作品[編集]

スーパーヒーロー作戦
初参戦作品。今作で初登場したユーゼス・ゴッツォは、ギャバンと深い関わりを持っている。

脚注[編集]

  1. 【スパクロ】大型アップデート(Ver.4.0)インタビュー前編(オオチP情報局#特別編) 2019年5月5日閲覧。
  2. しかし、魔空空間内でもギャバンに全く歯が立たないというパターンが多かったため、この空間内ではギャバンの戦闘力は4倍になるという俗説が(あくまで冗談として)放映当時から囁かれていた。

商品情報[編集]

※シリーズ混載商品は除外。

Blu-ray[編集]

DVD[編集]

書籍[編集]

楽曲関連[編集]