2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

イドゥン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
イドゥン
外国語表記 Idun
登場作品 蒼穹のファフナー
声優 真殿光昭
種族 マスター型フェストゥム
性別
所属 フェストゥム
テンプレートを表示

イドゥンは『蒼穹のファフナー』の登場キャラクター。

概要[編集]

知能を有し、他のフェストゥムを束ねる司令塔の役割を果たすマスター型と呼ばれるフェストゥムの一体。竜宮島とは別の人工島の少年型コアと融合したことで、普段は青年男性の姿をとるようになる。 もう一体のマスター型であるミョルニアと異なり、あくまで人類を同化か殲滅の対象としてしか見ていない。

「情報」の概念を理解したことで、人類軍士官に化けてモルドヴァ基地に潜入し、新型ファフナーの情報を収集していた。その過程でマークニヒト狩谷由紀恵を同化した際、彼女の抱いたフェストゥムへの強い憎しみと絶望に影響を受けて「憎しみ」を理解し、人類に対する憎悪の感情に染まったことで、人類との全面対決を望むようになる。

蒼穹作戦では、拉致した皆城総士から戦術を強引に引き出し、アルヴィス人類軍相手に優位に立つものの、作戦の意図――消耗戦を理解しなかった為に気付かぬうちに消耗を強いられ、緩慢と死に至る「痛み」と死への「恐怖」を知ってしまった事で敗北を喫する。

北極ミールの死によってフェストゥムから切り離され完全に個を確立してしまうが、なおも一騎や総士を同化し、無の世界に引きずり込もうとする。しかし、春日井甲洋の助けもあって「存在すること」を選んだ一騎達の意思に敗れ、マークザインに同化されて消滅する末路を辿った。

なお、「イドゥン」という名は原作の作中では一度も呼ばれていない。これはTVアニメのエンディングロールにキャスト名が必要だったために便宜的に付けられたもので、彼自身は自分の名前という概念を持っておらず、人間達もイドゥンに対して特別なコードネームの類は付けなかった。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。戦闘では殆どの攻撃でイドゥンのカットインが入る。
スーパーロボット大戦UX
スフィンクス型フェストゥムの際には共通の問いしか言わないが、マークニヒト搭乗時の台詞は『K』よりも多く、反撃不能などの状態も冷静に理解する。HP減少されても無機質かつ無感情のままだが、『蒼穹-そら-』終盤では動揺する。
能力と読心レベルが強く、TV版マークニヒトは敵味方識別可能のマップ兵器を持つ、ファフナー系ラスボスの一人に相応しい強敵。
今作では本作TV版マークニヒトのHPは80000しかない上イドゥンに底力がないので短期間で倒せるが、イドゥンがマークニヒトに乗るステージは必ず敗北条件にターン経過があるため、そもそも短期間で倒さないとクリアできない。『蒼穹-そら-』終盤ではフェイのイベントで気力がリセットされているので、さっさと落としてしまおう。
なお、初登場時並びに最終決戦ではスキルパーツ少年冒険キング」を落とすが、彼なりに「情報」を収集する一環で読んでたのだろうか?

装備・機能[編集]

イドゥン・スフィンクス型」としての物を記載。

武装・必殺攻撃[編集]

ワーム・スフィアー
ワーム・スフィアー
アーム・ラッシュ

パイロットステータスの傾向[編集]

リアル系ラスボスらしく、スキル補正による命中・回避率が非常に高い。マップ兵器を使用する前に勝負をかけよう。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

K
C・コードL9(ニヒト搭乗時)、読心L3、カウンターサイズ差無視アタックコンボL3
由紀恵と同様、C・コードと読心を同時修得。Kのコンボシステムも強力なので要注意。底力を持たないのがせめてもの救いか。何と命中・回避に+80%の最終補正が入るのでまともにぶつかるのは危険。幸いこいつの出て来るルートにはアークエンジェルとアカツキがいるので、彼らでマークニヒトをEN切れに追い込んでやろう。
UX
読心L3、援護攻撃全体攻撃
ニヒト搭乗時にC・コードを持たなくなった。それでも読心による高命中・高回避とマップ兵器が相変らず厄介。今回の最終決戦時はスフィンクス型で闘わず、底力も持たない。
加えてフェイのイベントによる気力リセットも手伝ってとは違って短時間で撃墜できる。
読心L3は確かに脅威なのだが、プロローグに登場するスフィンクス型の方がさらに読心レベルが高いのは一体……

人間関係[編集]

ミョルニア
同じフェストゥムであるが、異分子として排除しようとする。
皆城総士
イドゥンが「アルヴィスの子」と呼ぶ者の一人。「作戦」を理解し、人類との最終決戦に備えてジークフリードシステムもろとも彼を拉致する。
狩谷由紀恵
同化した彼女を操りミツヒロを殺害させた事が、イドゥンに「憎しみ」を理解させる発端となった。
ミツヒロ・バートランド
由紀恵を操り彼を殺害した。
ヘスター・ギャロップ
漫画版ではモルドヴァ基地を脱出した彼女をミツヒロと共に殺害している。

他作品との人間関係[編集]

イルボラ・サロ
UXでは蒼穹作戦にて彼を追い詰め同化しようとするも、ジョウ(生存フラグが立っている場合は道生)に阻まれる。
この際、彼は満身創痍になろうとエルシャンクを、ひいてはロミナ姫を守るためにイドゥンに戦いを挑み続けており、その様子からUXは、彼が何らかの目的を持って裏切っていると考えるようになる。
フェイ・イェンHD
UXでは完全に覚醒した彼女のを聞いたことで、否定しようとした「感情」を理解することになる。

名台詞[編集]

「我々はここで分岐する。我々は私を行動させる」
第13話より。人の姿をしているが、イドゥンもミールの意を受けて行動する端末に過ぎない為、人間らしさは全く感じさせない。
「これが、憎しみ…!これがぁぁぁぁっ!!」
第23話より。由紀恵を完全に同化し、憎しみの感情を学び、咆哮する。
「戻せ…! 我々を…! 無へ戻せぇぇぇぇぇっ!!」
最終話より。「痛み」を認識し、消えることへの恐怖におののき取り乱し、叫ぶ。痛みを感じ、消える恐怖を理解したイドゥンは既に一つの「存在」となっていた。
「私は、ここにいるぅぅぅう!!!」
マークザイン同化される直前に発した断末魔。フェストゥムから完全に切り離され、遂にイドゥンは存在する事に耐えられなくなってしまった。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「我々は私によって、エネルギー切れの概念を理解した」
UXにおけるマークニヒトがEN切れしている時の反撃不能台詞。
EN回復のあるフェストゥムなので通常のユニットに乗ってのEN切れは初めてなのだろうが、ギャグにしか聞こえない。例によって淡々とした無機質な口調がかえって笑いを誘う。

搭乗機体[編集]

イドゥン・スフィンクス型
マークニヒト