ミョルニア

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ミョルニア
外国語表記 Mjollnir
登場作品
声優 豊口めぐみ
種族 マスター型フェストゥム
性別
所属 フェストゥム
テンプレートを表示

概要[編集]

知能を有し、他のフェストゥムを束ねる司令塔の役割を果たすマスター型と呼ばれるフェストゥムの一体。一騎の母である真壁紅音と融合しており、普段は彼女の姿をしている。

戦闘時にはイドゥン同様スフィンクス型となるが、彼女は巨大な女性の姿をしており、また金色ではなく赤である。同化後は日野洋治に匿われる形で人類軍に潜伏しており、彼の部下として振る舞っている。

もう一体のマスター型であるイドゥンと異なり、人類との共存の道を模索している。

本来フェストゥムはマスター型といえどもミールの意によって動く端末であり、最初はミョルニアもそうだったのだが、紅音を同化したことで10年をかけて自我を形成し、本来の一人称である「我々」と区別し、「自分自身」を示す「私」を個人の一人称として使い始めるようになっている。また日野洋治らとの接触により、「情報」に加えて「発展」の概念を得た。 彼女だけが明確な個我を持っているのは、同化した紅音が自らそれを望み、また彼女がフェストゥムという存在を理解していたことにより、フェストゥムの因子がその意思と共存を望む思考に共鳴、10年をかけて一つの場を作り上げたことによるものである。そのためか、紅音本来の意識が未だ同化されず残存しているような描写も見られる。

モルドヴァ基地の壊滅に際し、「上司」の洋治からマークザインを一騎に渡すよう求められ、彼の危機に駆け付けて機体を渡している。

蒼穹作戦の直前には竜宮島に現れ、襲撃して来たフェストゥムを撃破した後自身のコアの危機、それを助ければ共存のためのデータの会得と拉致された皆城総士の奪還が可能である事をアルヴィスに伝え、希望を齎した。その際彼女が渡した一部のデータから同化現象を解除する薬品が作られている。

なお、「ミョルニア」という名は原作の作中では一度も呼ばれていない。これはTVアニメのエンディングロールにキャスト名が必要だったために便宜的に付けられたものである。彼女自身は自分の名前という概念をもっておらず、アルヴィスの人間たちはミョルニアのことを「真壁紅音」と呼んでいた。劇場版では逆にエンディングロールにて「真壁紅音」名義となっている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
ほぼ原作通りの行動を取る。ファフナールートでの史彦との会話は必見。わざわざこの時の為だけに笑顔になった顔グラが用意されている(原作ではこの時ミョルニアの表情は分からないようになっている)。原作通り共存の為のデータをくれるが、ファフナー通常EDだとデータの解析が進まず一騎達の同化現象が悪化するという最悪の展開を迎える。その一方、このデータのお蔭でラビッドシンドロームの治療法が確立される。
スーパーロボット大戦UX
こちらもほぼ原作通りだが、蒼穹作戦の冒頭である意外な行動を取っていた事が明らかとなる。第三部で描かれる劇場版ではそちらの扱いに準じ「真壁紅音」名義で何度か登場(…なのだが、第二部終盤でマークニヒトに同化された一騎と総士を救出に来た際には既にTV版なのに「真壁紅音」名義になっていたりする)。47話で乙姫共々物語から一時退場し、最終話で意外な形で登場を果たす。なお、本作では共存の為のデータはヴェーダのサポートにより無事解析され、原作よりも同化現象の治療技術がかなり進んだ。

人間関係[編集]

真壁紅音
同化した人物。フェストゥムとの共存を望む彼女の存在がフェストゥムの存在定義を大きく変えていく。
イドゥン
同じマスター型だが、彼とは異なり人類とフェストゥムは共存出来ると考えている。
日野洋治
モルドヴァに潜入した際の「上司」。
真壁一騎
同化した紅音の息子。彼にマークザインを渡す。また、翔子自爆後の戦いで窮地に陥った彼をフェストゥムの姿で援護している。
真壁史彦
紅音の夫。アルヴィスでの対面時はミョルニアとしてのものだったが…。
春日井甲洋
スレイブ型となった彼と共闘、蒼穹作戦を援護した。

他作品との人間関係[編集]

アレルヤ・ハプティズムソーマ・ピーリス
UX』にてモルドヴァ基地で洋治と会話しているところを彼らに目撃されている。
カティ・マネキン
『UX』の38話にて、蒼穹作戦開始の直前に彼女に援護を要請していた。

名台詞[編集]

「では我々は、私をも行動させる…」
人類軍基地にて。人の姿をしてはいるが、ミールの意志を受けて動く端末に過ぎないため、人間味は全く感じられない。この時点では…。
「私は日野洋治によって、お前と言うアルヴィスの子にこの機体を託す。…乗れ。私はいなくなる」
一騎にマークザインを渡した時の台詞。僅かだが自我の発言が見られる。
「そう。私は真壁紅音の意志を継ぐ者として、今ここにいる」
アルヴィスにて。ミョルニアがただのフェストゥムではなくなり、自我を持ったことが表れている。
「もはや我々はミールにとって滅ぼすべき対象でしかない。我々は存在し続けるため、ミールと戦わねばならない…」
甲洋を迎えに来た際の台詞。存在する事に耐えられなくなったイドゥンとは全く違った道を歩んでいる。
「それが最適の方法だったからだ。いや、お前に会いたかったからかも知れない…」
史彦に「なぜ我々と接触するのに、紅音の名前を使った?」と問われての回答。そして…。
「そう。お前に伝えたかったからだ。…ありがとう、史彦。一騎を育ててくれて…
甲洋を連れてアルヴィスを去る際の台詞。紅音の意志なのだろうか…?
「これが私の最後の可能性だ。いや、以前のコアに教えられたからだ」
「この島が、私の還るべき場所だと……」
第二次蒼穹作戦終盤、ワルキューレの岩戸に突然現れた際に。12年の時を経て、ようやく「彼女」は竜宮島に帰って来たのだ。
UXでは、この台詞と共に「蒼穹」が流れる。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「一騎…」
「ありがとう。お前が生まれてくれて、私と史彦は幸せだった…」
『UX』最終話クリア時。散って行った者達が続く者達に後を託す中、彼女も一騎に語る。そこにいたのは、フェストゥムの端末ではなく、一人の母親だった……。