アルヴィス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

アルヴィス(Alvis)とは、『蒼穹のファフナー』に登場する組織。

概要[編集]

「人類にとっての脅威」であるフェストゥムに対抗する為の組織竜宮島の人々は、殆どがこの組織の所属である。ファフナーのノートゥングモデルとそのパイロットを有していることから、対フェストゥム戦にあたっては世界でも屈指の戦力を持つ。

アルヴィスとは日本消滅後、生き残りの日本人達の発動した「楽園計画(アーカディアン・プロジェクト)」を遂行するための組織の一つで、その(真の)目的は「人類をフェストゥムの侵略から守り、平和と文化を次代に伝えること」である。フェストゥムに対抗するための兵器の開発は、目的を達成するための手段の一つでしかない。それ故に、竜宮島の子供達に「平和という文化」を教えるため、「卒業」までは世界の真の姿を知られないように配慮したり、竜宮島のアーカイブに過去の文化データを保存するなどの活動も行っている。また、職員は防衛組織としての任務の他に「平和と文化を伝える」という目的を果たすため、店を経営したりする等して普段の生活上の職業を伝える事も任務として担当している。

アルヴィスはフェストゥム殲滅を掲げる新国連から「強大な戦力を持ちながら協力しない人類の裏切り者」と見なされているが、そもそもファフナーの世界観においては、新国連は日本を事実上見捨てて、日本を攻撃で消滅させていた。そのため、生き残りの日本人の集団であるアルヴィスにとっては、彼らに協力することは感情的にも難しいものの「同じ人間同士戦うべきでない」と考えて、対立を避けている。したがってアルヴィスにとって新国連は、ある意味フェストゥムよりも厄介な悩みの種となっている。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。ファフナーパイロットと乙姫および彼等の体調管理のための千鶴が自軍部隊に参加する。
スーパーロボット大戦UX
今回は当初はファフナーパイロットと千鶴がUXに参加する一方で、乙姫がUXに同行しない。その後、乙姫の目覚めに合わせて千鶴はアルヴィスに帰還し、後任として弓子がUXに同行することになる。[1]
第3部ではファフナーパイロットのみが、UXに参加する形になっている。

関連人物[編集]

皆城公蔵
アルヴィス司令であるが、第2話「告知~いのち」で戦死する。皆城総士皆城乙姫の父親。
真壁史彦
アルヴィス司令補佐(後に司令)で、平時は陶芸家を営んでいる。真壁一騎の父親。
遠見千鶴
フェストゥムおよび同化現象の研究者で、平時は診療所を営んでいる。遠見弓子遠見真矢の母親。
羽佐間容子
ファフナーの整備関連を担当しており、平時は学校の理科教師をしている。羽佐間翔子羽佐間カノンの養母。
要澄美
主にオペレーターを担当しており、平時は学校の体育教師をしている。要咲良の母親。
近藤彩乃
生物工学の第一人者で、平時は学校の数学教師をしている。近藤剣司の母親。
溝口恭介
アルヴィスの特殊工作員で、春日井夫妻追放後は喫茶店「楽園」の経営者となる。
小楯保
アルヴィスのメカニックチーフで、その陰では「大粒あんこ」のペンネームで漫画機動侍ゴウバイン』の執筆を行っている。小楯衛の父親。
西尾行美
アルヴィスの最古参のメンバーだが、ゼロファフナーの起動実験時に起きた事故で息子夫婦が亡くなってからは一線を退いていた。
しかし、TV版終盤のフェストゥムの襲撃でアルヴィスの職員が多数同化されて人手不足となったため、復帰する。西尾里奈西尾暉の祖母。

他作品の関連人物[編集]

カガリ・ユラ・アスハ
K』および『UX』ではアルヴィスの支援者。『UX』ではアーカディアン・プロジェクトに前後して、「対フェストゥム用にモビルスーツの開発に着手した」という驚愕の設定。
なお、『機動戦士ガンダムSEED』の世界観では外宇宙生物エヴィデンス01」の痕跡が見つかっており、「ザフトの軍拡は対連合というだけでなく、それらの襲来に対する危惧もあった」という設定とのクロスオーバーと思われる。
シン・アスカルナマリア・ホーク
『UX』でのファフナーパイロット達のよき先輩。彼等と敵を同じくするため、造られた機体に乗り込む。彼らの場合、アルヴィスという組織より子供たちに対して協力している面が強い。

関連用語[編集]

竜宮島
アルヴィスの本拠地。

脚注[編集]

  1. ただし、第2部後半における竜宮島での戦闘を機に妊娠が発覚した後は、弓子もアルヴィスに残っている。