西尾暉

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
西尾暉
読み にしお あきら
外国語表記 Akira Nishio
登場作品
声優 梶裕貴
デザイン 平井久司
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 パイロット
サブパイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
生年月日 2132年4月20日
年齢 14歳(TV版)
16歳(劇場版)
血液型 B型
テンプレートを表示

西尾暉は「蒼穹のファフナーシリーズ」の登場人物。

概要[編集]

真壁一騎らの後輩の一人で、西尾里奈の双子の弟。

幼い頃に両親をゼロファフナーの起動実験事故で失って以来、失声症を患っている。

一応TV版の時点から登場しているのだが、その設定から一言も台詞を発さないのでTV版では声優不在だった。描写もなきに等しく、顔が大きく映る場面もなければ特に存在を言及されない、声をかけられることもなかったので失声症で里奈との家族であることすら視聴者にはわからなかった。しかし里奈達と共にパイロット候補生に選出されており、学校以外やアルヴィスで里奈達と一緒にいることからもそれは窺える。

劇場版ではファフナーマークツェーンのパイロットとなる。ファフナーに搭乗したことで失声症が回復し、普通に喋れるようになった。ファフナーに乗れば喋れるようになると思っていたとのこと。言動はいささか生意気で子供っぽく、そのあたりは里奈とよく似ている。

戦闘においてフェストゥムに捕獲、同化されかかるが間一髪でマークフィアーに助けられ、一命を取り留める。第二次蒼穹作戦では里奈と共にゼロファフナーに搭乗した。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
担当声優の梶氏はスパロボ初出演(龍装劉備ガンダムと兼役)。
「HEAVEN AND EARTH」からはゼロファフナーに搭乗できるようになるが、この場合サブパイロットで固定になってしまう。マークツェーンで運用するのか、完全にサブパイロットと割り切るかは明確にした方がいいだろう。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

狙撃機乗りということで射撃命中は高め。その点を鑑みて暉をゼロファフナーのメインパイロットにしたかったという声も(防御は里奈の方が上なので、一概にその方がいいとは言えないが)。しかし真矢をリスペクトしまくった結果なのか、ヒット&アウェイがなかったりする。

精神コマンド[編集]

UX
必中信頼不屈狙撃勇気

特殊技能(特殊スキル)[編集]

シナジェティック・コードL6、援護攻撃L2、援護防御L1、全体攻撃L2
狙撃手ではあるが新人だからかガンファイトは持たない。

人間関係[編集]

西尾里奈
双子の姉。
西尾行美
祖母。育ての親でもある。
遠見真矢
密かに好意を抱いている。姉弟揃って同じ相手に惹かれるとは何の因果か。

他作品との人間関係[編集]

森次玲二
UXにて初めての戦闘を戦い抜いて調子に乗っていたところを彼の鶴の一声で黙らされる。
矢島英明
UXにて森次に黙らされた後、彼から「あまり調子に乗っていると森次さんに本物の暴力を叩き込まれるぞ」と釘を刺される。後にその本物の暴力を目の当たりにする。

名台詞[編集]

「僕、4つも倒しました!敵が逃げなきゃもっとやれたのに…。次はもっとたくさん来るといいですね!」
初陣を終えての真矢との会話。憧れの人にいい所を見せたがっているのだが、まるでゲーム感覚で戦っているような無神経な発言に真矢は「…楽しんでるわけ?」とピシャリ。……失言癖は姉譲りのようだ。UXの中断メッセージでも使われたが、この時はゲーム中の出来事だったためか、原作とは真逆に真矢に肯定された。……本編では、真矢よりも遥かにおっかない人に睨まれてしまったが。
「フェストゥムの……無を見た。父さんと母さんが消えたのと同じ。二人が、どこかにいると思ったけど……どこにもいなかった」
同化からの救出後、医務室で意識を取り戻し、その場にいた里奈に向けた第一声。
UXでは「HEAVEN AND EARTH」クリア後のインターミッションで、状況が少々異なるためアレンジされて使われている。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「あ、あれが…本物の、暴力…」
UX第43話にてカガセオに対し一方的かつ無慈悲なまでの猛撃を加えるヴァーダントの姿に戦慄して。山下から「あれでもまだ本気を出していない」と追い打ち(?)をかけられる。
「遠見先輩みたいに…!」
「やられろぉっ!」
UXにおける汎用戦闘台詞。…この二つの台詞が割とセットで出てくる事が多いため、なんとも言えない事になっている。

搭乗機体[編集]

マークツェーン
ゼロファフナー