2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

矢島英明

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
矢島英明
読み やじま ひであき
外国語表記 Hideaki Yajima
登場作品
声優 四宮豪
大原さやか(幼少時代)
デザイン 下口智裕(原作漫画版)
平井久司(アニメ版)
種族 地球人日本人
ファクター
性別
生年月日 2004年8月2日
年齢 15歳 → 18歳(原作漫画版)
身長 180cm
体重 62kg
血液型 A型
所属
学年 中学3年生
マキナ アパレシオン
趣味 野球
好きな食べ物 カレーライス
テンプレートを表示

矢島英明は『鉄のラインバレル』の登場人物。

概要[編集]

アパレシオンファクター早瀬浩一新山理沙子とは幼馴染。

真面目で心優しく正義感が強いと模範的な性格の持ち主であり、いじめられっ子だった浩一をよく助けていた。この事は良くも悪くも浩一に多大な影響を与えており、浩一の正義の味方への憧れと作中序盤に見せた増長の要因となっている。

原作漫画版、アニメ版の両方で暴走したアパレシオンにより一度死亡し、後にそのファクターとして蘇生している。死亡時に千切れた右腕を浩一が持ち帰って矢島の家族に渡したため(原作漫画版では浩一が一週間の間昏睡状態だったためJUDAから矢島の家族に渡されている)、右腕の再生のみ行われずに軍用の義手となっている(原作漫画版では浩一が行方不明になっていた3年の間に見た目は生身の物と変わらないほどに精巧な物に変えている)。

原作漫画版[編集]

大破したアパレシオン共々JUDAに回収され、同機のファクターとなることで蘇生。

復活後は暫くの間、自分自身の身に降りかかった状況を受け入れられなかったが、浩一達の戦いを見て立ち直り、核ミサイル狙撃作戦に参加。その後は偵察・奇襲任務に就き、ラインバレル・アマガツ覚醒の事件により落ち込む浩一の前に姿を見せて彼を立ち直らせ、改めて共に戦う意志を見せる。ラインバレルとアパレシオンの同時召喚や、それぞれの得意とする間合いで多くの敵を掃討する等、浩一との息も合っている。

アパレシオンのファクターとなった影響か、生身の状態でもファクターアイによる長距離の視認が出来る。これにより降矢を監視する大場真来梓を発見した。

アニメ版[編集]

アニメ版では大破したアパレシオンがJUDAではなく加藤機関に回収されており、矢島自身も加藤久嵩の手で蘇生されている。

アパレシオンのファクターとなり、プリテンダーと戦うラインバレルを長距離から援護する。城崎絵美の拉致など一時は浩一と敵対するが、互いに乗機から降りて再び直に拳を交えたことによって自分自身が「どうしたいか」に気付き和解。それ以降はJUDAに入り浩一と共闘する。

原作版程達観(復帰後も一貫して浩一達の助けになろうと努力し、理沙子への未練も無い等)しておらず、初期の浩一との対比として新たに手に入れた力により増長したり、理沙子に対する複雑な想いも振り切れない等、やや年相応に描かれている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場作品。アニメ版設定で参戦。原作再現が初期から行われるので早々に登場し、エピローグにも出番がある。上記の通り外見変化があるので顔グラフィックが5つと多い(序盤のNPC時、敵時、イベント時の敵版ファクターアイ、味方通常とファクターアイ)。
スーパーロボット大戦UX
原作漫画版の設定で参戦。『L』と同様に序盤に登場し、中盤頃に復帰する。漫画版設定のため敵対はせず、また原作とは違い(浩一達が高校進学していないのもあって)復学している。原作では中東の核ミサイルを狙撃するが、本作では『リーンの翼』絡みの演出で日本に迫った物を迎え撃つ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

アパレシオンに乗るだけあり射撃・命中が高い。ファクターになる前からケンカが強いためか格闘も高いが、残念ながら意味はない。

精神コマンド[編集]

狙撃機体の性能を活かせる、スナイパーとして有能な精神を持っている。ただし、防御系精神を持っていないのが難点。意外にも友情を覚えない(道明寺が修得するためか)。

L
狙撃集中必中闘志熱血
UX
狙撃集中必中理想熱血
「闘志」が上位互換の効果を持つ新精神コマンド「理想」にバージョンアップした(ただし消費は少々高め)。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

原作の都合上参入が遅いこともあってか、スナイパーとして完成された技能を持って来て即戦力になる。特にヒット&アウェイを初期習得しているのが嬉しい。ただ、精神コマンドに不屈ひらめきが無い都合上、ヒット&アウェイを活かしてメインで使うには、相手の射程外を取る等して多少運用に気を使う必要がある。

L
ファクター撃ち落としヒット&アウェイ底力援護攻撃援護防御アタックコンボ
UX
ファクター底力L6、援護攻撃L1、援護防御L2、全体攻撃L1、ヒット&アウェイガンファイトL3

人間関係[編集]

早瀬浩一
幼馴染。いじめられていた彼をよく助けていたが、そのことが浩一のコンプレックスであったと同時に、彼が「正義の味方」を目指す切っ掛となっていた。
新山理沙子
幼馴染。幼い頃から好意を抱いていた。長い間片思いだったが、デウスエクスマキナ戦後の浩一不在の間、いつの間にか両思いになっており、本編終了後には結婚しており『弘くん』と呼ばれる子供も生まれている。
矢島紗季
妹。父親がいないため、彼女と母親のために家を建てることが夢(アニメ版では母に楽をさせること)であった。
CCで名前のみ矢島から言及され、グラフィックこそ無いが母共々、矢島との再開を果たす。
早瀬美菜
アニメ版にのみ登場する浩一の妹であり紗季の友人。矢島に懐いている。SRW未登場。
城崎絵美
アルマに搭乗した彼女とのコンビネーションを見せる。
アニメ版では久嵩の指示により拉致を行った際、浩一を戦いに巻き込んでいることや理沙子を悲しませていることを咎める。その後は和解、恋愛関係での利害の一致を抜きにして気遣う。
遠藤イズナ
彼から浩一の戦う理由に矢島自身が含まれていることを聞き、衝撃を受ける。
道明寺誠
同級生。矢島の告別式にも参列していた。原作では自分がいない間、浩一を支えていてくれたことを感謝している。原作漫画版の最終決戦においても彼の乗るディスイーブⅣとの連携でヒトマキナを撃破している。
中島宗美
原作では特務室の仲間。矢島同様、基本的にJUDA社にて待機しているため、防衛時は同時に出撃する。
牧吾郎
理沙子への気遣いにあまり意味が無いことを指摘される。原作では矢島に軍用の義手を提供する。
加藤久嵩
アニメ版ではアパレシオンのファクターとなった矢島を機関に所属させていた。その経緯で最初は味方であったが、後に自らの道を見出した矢島は彼と敵対する。
ジャック・スミス
殆ど関わりは無いが、アニメ版では一応恋敵。『L』では彼から「可憐な少女の学友」と認識されている。
沢渡拓郎
原作漫画版にて戦闘。矢島のアパレシオンに7体のアルマを一瞬で仕留められ、「前のファクターより使いこなしてる」と言わしめる。
デミトリー・マガロフ
アニメ、原作共に会話は一切無いが、『L』ではアパレシオンを撤退させるために自爆を決行する。
降矢勉
一応幼馴染。浩一を虐めていたため幼い頃から因縁があった。原作では復帰後にすぐ和解したようだが、アニメ版ではふとしたことで殴り飛ばし重傷を負わせてしまう。
お爺ちゃん
リンカーン大統領の姿を模したヒトマキナの特使。専用の外骨格「レイル・スプリッター」を相手に得意の狙撃戦法を用いるが、電磁迷彩を見破られ弾丸も通用せず、更にライフルと脚部を破壊されるという痛手を被った。

他作品との人間関係[編集]

リアル系[編集]

カトル・ラバーバ・ウィナー
『L』では、自分が不在の間浩一を守っていてくれたことを感謝し、元の任務に戻るよう伝える。
張五飛
『L』では、加藤機関にいる間、浩一の覚悟について彼から聞いていた。
孫尚香ガーベラ
『UX』では、ヒトガタの襲撃を受けた際に助けられる。矢島が再登場した際にも真っ先に驚いていた。
ロックオン・ストラトス (2代目)
『UX』では、浩一達から身を隠していたことを問い詰められる矢島をフォローする。
遠見真矢
『UX』では、蒼穹作戦終盤のマークニヒトを狙撃する際にロックオン、ミシェルと共に彼女へ助言する。
ルカ・アンジェローニ
『CC』では、バレンタインデーで彼と共に想いを寄せるの為にチョコレートを作った。

バンプレストオリジナル[編集]

南雲一鷹
『L』では同級生。浩一を守るために強くなろうと矢島が努力していたことを知っていた。
AL-3 アリス
一鷹と共にいるため、面識があった。矢島の告別式にも参列する。

名台詞[編集]

原作・アニメ共通[編集]

「最低だな お前」
第1話より。屋上で増長した状態の浩一との会話のラスト。
アニメ版では町の被害を顧みない戦い方をする浩一を諭すも、開き直りに近い反応をされた挙句に矢島と理沙子の心配を軽視する言葉を吐かれた際の返答で、原作とは「最低」と「お前」の順番が違う。
「大切なのは『どうすればいいか』じゃない…お前が『どうしたいか』だ……」
「折角手に入れた力なら、正しいことに使ってくれ…」
死に際に浩一に向けた台詞であり、彼の心に深く刻まれた。『UX』において矢島のこの台詞はカノンを筆頭に多くの人物に影響を与えている。
「気にするな…昔から、そうだっただろ?」
アパレシオンの攻撃から浩一の身代わりになったシーンより。直後、アパレシオンに激怒した浩一はラインバレルを呼び出すが…。別の場面でもこの台詞は度々使用される。

原作漫画版[編集]

「浩一を追い込んでしまった俺の代償…――なんて言えば格好はいいけど多分 そんな自分を死んだコトにしたかっただけかもな」
第62話「願う亡霊」より。JUDAに保管されていた自分の右腕を、自分自身で埋葬した理由。道明寺からは「アンタも相当面白いヤツだね」「さすが早瀬が憧れていただけはある」と賞賛された。
「自分だけが裏切られたと思って勝手に腐りやがって!! お前のその態度や行動も誰かを裏切っていると―何故気付かない!!!」
「お前の守った人達まで勝手に意味の無いモノにするな!!」
第63話「いちばん泣いた日」より。お互いの機体から飛び出しての殴り合いをしながら
ラインバレルの暴走や矢島の生存に自棄になり今までの自分の行動を「意味が無い」「自分の所為じゃない」と断ずる浩一を叱咤すると共に、今まで彼が為した事を肯定する言葉。
「浩一…これからも俺はお前がピンチになれば迷わず助けようとするだろう でも 今のお前はもう守られるだけの人間じゃない だからさ――俺がピンチの時はお前も俺を守ってくれよ」
同上。壮絶な殴り合いの末、矢島は自分がファクターとして蘇生してしまってから長い間ただ怯えていた事、アパレシオンのコックピットに閉じこもりながら浩一のしてきた事を見た事を独白。そして自分の思いを素直に認め、かつての様に一方的に守るだけでなく、仲間として共に助け合い、戦って行きたいと言う思いを口にした。『L』ではこの台詞を取り入れている。
「ああ なれよ正義の味方に 浩一らしくていいと思うぞ」
回想、そして復帰後の和解場面より。「正義の味方」を目指す浩一への肯定。
「ああ――ただいま」
第63話の締めの台詞。浩一の「生きててくれて……本当にありがとう」と言う言葉への返答。
浩一「全く…ナイスな展開だよ…行くぞ矢島」
「! 行くってお前――」
浩一「ゴチャゴチャ説明するよりも――この方が手っ取り早い」
「はぁ~‥まぁそれもそうだな」
浩一「来いラインバレル!!」
「アパレシオン!!」
第69話「新たなる岐路」より。理沙子への隠し事を弁解しようとするも加藤機関が襲来。そこでファクターであることを明かす方が分かりやすいと、マキナの同時召喚を行う。
「浩一も森次さんも居ない時に…全くナイスじゃない展開だな」
加藤機関のJUDA奇襲に対して。矢島、宗美以外の特務室メンバーがおらず、浩一の口癖を口走る。UXでは後半部分が被弾時の台詞に採用されている。
「社長が死んだって言うのになんでアンタは平気な顔してられるんだよ!!社長はアンタの仲間だったんだろう!?」
石神を失いながらも平然としている加藤に対して、珍しく声を荒げる。勿論、加藤も内心では辛いのだが…。その後は加藤のことを新たな司令と認めている。
「こちらから狙えるヤツは全て片付けた」
「残りの死に損ないは任せたぞ」
アメリカでのヒトマキナ戦にて。窮地に立たされたパラディン部隊に代わり、城崎とのコンビネーションによってヒトマキナを殲滅する。

アニメ版[編集]

「傷は男の勲章なんだ! 大事なものを守った証なんだぜ!」
♯19「届く陽、暴かれる陰」に於ける回想より。浩一のランドセルを取り返した幼き頃の矢島。理沙子から「昨日のキバイダーの台詞じゃない!」と突っ込まれてしまうも、浩一達には笑顔が戻る。
「正義の味方に…のぼせ上っていたのは……俺の方か……」
同上。浩一との大喧嘩に敗北して。理沙子に拒絶されるのを恐れるあまり、浩一を言い訳にして逃げ回っていたことをようやく自覚。元々浩一を守ることが当然だと思っており、「正義の代償」前後の責任感に加え、実際にアパレシオンという力を手に入れたことで錯覚を起こしていた。その意味で、この時までの彼は増長していた浩一と同じだったと言える。
「ビーム攻撃は防げても、実弾の直撃なら効くだろう!」
同上。グラン・ネイドル戦で助っ人に現れた際の台詞。実弾武器を扱うアパレシオンの攻撃は、グラン・ネイドルの防御を破るには最適であった。
「浩一、俺も戦わせてくれ!」
「頼む!お前と一緒に戦いたいんだ!」
同上。浩一が守られる側から守る側へと成長したことを実感し、共に戦うことを望んだ。この直後、ラインバレルとのコンビネーションによって損傷を与えることに成功。
矢島「だから、ずっと…好きだった。俺は、理沙子のことが、ずっと…」
理沙子「…でも、ゴメン、私…」
矢島「浩一が好きなんだろ」
理沙子「え…?」
矢島「分かってる。けど、ちゃんと言っておきたかったんだ。お前のことを好きな奴がここにもいた、って。覚えていてくれたら、嬉しい…」
戦闘終了後、矢島は理沙子に思いを告白。理沙子は一瞬困惑するが、矢島は理沙子の気持ちを察し『理沙子が好きな奴がもう一人いた事を覚えていてくれればいい』と伝えた。
「え…。いや…そんなことは…」
♯21「狂気の翼」より。「浩一の側に居たいんじゃないか?」と理沙子を気遣い、彼女を側に居させるように促せるが、牧五郎に「今、自分を恰好いいと思っただろ」と言われた際の台詞。珍しく矢島が照れているシーン。
最も直後に「年頃の女の子にはそういうのは通じないよ」とツッコまれてしまうのだが。
「たまには俺達にカッコつけさせてくれよ、浩一!」
同上。フラッグに桐山率いる迅雷部隊が迫るも、浩一には山下の救出を優先させた。
「どうせ一度はなくした命だ…! これでみんなを守れるなら…惜しくないさ…!」
♯24「鋼鉄の華」より。ファイナルフェイズに際しての呟き。命を失う可能性がある最終作戦に、何の躊躇いもなく力を預けた。
「城崎さん、ここはいいよ」
城崎「えっ?」
「今は忙しい時間帯じゃないし、俺一人で大丈夫だから」
城崎「でも、そういうわけには…」
「いいって。それより、大事なことがあるだろ?」
♯26「鉄の影」より。リゾート施設となったJUDAで、焼きそばの屋台を任されている城崎に対して。中々進展しない浩一との仲を気遣う。

迷台詞[編集]

原作漫画版

「お前は長崎で俺との約束を守りやり遂げてきたんだ」
「俺だけダメだったじゃ俺が納得いかない!!!」
原作第69話より。浩一に隠し事をされていた、と思い込む理沙子の誤解を解きたい矢島。しかし浩一からは「…あ……そう?」と返されてしまう。
「城崎 目ッ! 目ッ!!」
3年ぶりに再会した理沙子を見てドギマギする浩一を睨み付ける絵美をなだめようとして。このときの絵美はファクターアイもさることながら、表情そのものが凄まじいものだった…。

アニメ版

「俺は昔から、一人で思いつめやすいタイプだと言われていた…不安だ…みんなの将来があまりにも不安だ…だから! 俺がみんなの代わりに思い悩むしかないんだ!」
♯17の次回予告より。昔から気苦労が絶えないらしいが、城崎に何故か「あなた、最低です!」と言われてしまう。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

L[編集]

「俺達地球人同士で戦ってる場合じゃないだろ!」
対沢渡用戦闘台詞。浩一との確執を乗り越え、今成すべきことに気付く。
「力を手に入れて思い上がっていたのは俺の方だったのかもしれない…!けど、世界や理沙子を守りたい気持ちに嘘偽りは無い…!だから俺は浩一達と一緒に戦う!これが俺が出した結論だ!」
第29話「神獣覚醒」にて。過ちに気付いた彼もまた、自分自身の正義を掲げる。
一鷹「正義の味方ってのは、どんな逆境も跳ね除けてチャンスに変えるんだろ!」
矢島「そうだ、立ち上がれ浩一!もうこれぐらいで負けるお前じゃないはずだ!」
ラインバレル対ヴァーダントにて。実際に浩一の成長を見た友人達は激励する。

UX[編集]

「ちゃんと見ていたぞ、浩一…」
第1部第22話「SUPER NOVA」より。核ミサイル狙撃時にて。宇宙にいる浩一の「は、はは・・・なァ、矢島…見てたか? 俺、世界を救ったんだ。凄いだろう?」という心情を見通してか(あるいは通信が繋がっていて本当に聞いていたのか)、地球から返答する。
「ファクターとして生き返った事実…。それを受け入れるのに時間をかけてしまった…だがこれからは俺もUXのひとりとして戦う! アイツが帰る場所を守るためにもな…!」
第2部第35話「選択-けつい-」に於ける初戦闘時の戦闘前会話。出撃できないラインバレルに代わり、加藤機関とホウジョウ軍の連合を迎撃する。
「お、おい浩一。あまり迂闊なコトは言わない方が…」
第2部第36話「天に選ばれし覇者」or「天に挑みし勇者」より。アルカトラズ慰問ライブイベントの美海を見て喜ぶ浩一に対して。復帰して間もないが城崎との仲を把握している。直後、浩一は城崎からファクターアイで睨まれ…。
「ゆっくり、落ちついて。引き金に思いを乗せて…!」
第2部第39話「蒼穹-そら-」より。蒼穹作戦の最終局面にて、緊張する真矢にアドバイスを送る。
孫権「自分が強くなったなんて、勘違いするのは感心しないな」
矢島「そうそう。あんまり調子に乗ってると、森次さんに本物の暴力を叩きこまれるぞ? なあ、浩一?」
第3部第42話分岐前シナリオより。ファフナーで戦えるようになり、浮かれるに対して。実際に本物の暴力を目の当たりにしているため、あながち冗談にも聞こえない。
「じゃあ一騎は、あの戦いからずっと総士とつながったまま…」
第3部第42話竜宮島ルート「龍の輝き」より。一騎が3ヶ月間、日常的にクロッシング状態にあったことを聞き、咲良と共に驚く。
「ひとつの未来を絶対と信じて、この月面にこもっていたお前にはわからないだろうがな!」
第3部第46話「麗しのディストピア」に於けるデウスエクスマキナとの戦闘前会話。浩一の意思に希望を見出し、機械仕掛けの神と決戦する。
「他に方法は無かったんですか、ノーヴル博士!」
ノーヴル・ディラン用戦闘台詞。まさかの名指し。
「今はもう昔とは違う…! 未来は俺たちの命が創るんだ!」
第3部最終話「命の始まり」に於ける浩一とカリ・ユガとの戦闘前会話より。かつて浩一に向けた言葉が含まれており、新たな可能性を目指す。
(たかがお土産を渡すだけに、なぜそんなもったいぶった演出を…)
エピローグにて、「長崎名物カステラ入りお土産袋」を持つ森次に対して。そのいでたちは原作16巻に、2ページに渡り描かれている。
「確かに、今は昔とは違う…。ケド、俺は今…スパロボを遊びたい! これからも俺は、お前がクリアできなくなったら迷わず手伝おうとするだろう。お前はどうしたいんだ、浩一…?」
中断台詞。苦戦する浩一を助けようとする…が、直後に「カッコよく誤魔化そうとしてる」ことがバレてしまう。

搭乗機体[編集]

アパレシオン

余談[編集]

  • 原作では当初、矢島という苗字のみで下の名前は明かされていなかったが、テレビアニメ版の放送に合わせ、公式に名前が明かされた。この名前は同作者の短編漫画『3年B組 Rock'n Roll is DEAD』の主人公と同名でもある。ちなみにこちらの作品は「霊感の強いギタリストの矢島がロックンロールで死神を倒す」というストーリーで、『鉄のラインバレル』と『鋼鉄の華』のような関連性は特に無く、外見も似ていない。
  • 序盤で退場し中盤はほとんど出番が無いためか、JUDA側のファクターでありながらも公式ファンブックでの扱いが小さかったり、ドラマCDに出演できなかったり、巻末の漫画で作者から遺影を投げ捨てられたりと少々可哀想な扱いを受けている。
  • 分かりやすい死亡フラグを立てつつも最後まで生き残ったキャラとして一部で知られるが、彼の場合は一度本当に死んでいるので、他のフラグブレイカーとは少々事情が異なる。ただし生き返った後も「スナイパータイプの機体に乗る」「敵組織にまわる」「想い人に告白する」等のフラグを立て続けており、その上で生き残っているので、やはりフラグブレイカーと言えなくも無い。
  • 原作漫画版のレインボーブリッジ破壊事件において複数の負傷者と一人の死者が出たと報道されているが、この死者は矢島の事であり理沙子の口からも言われる。

商品情報[編集]