暴走

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

暴走(Berserk)とは、機体が制御不能な状態に陥る事。

概要[編集]

スパロボの参戦作品においては、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するEVAシリーズが暴走する機体の代表格。

エヴァンゲリオンのコアにはパイロットの母親のコアが組み込まれており、使徒との戦いでパイロットが生命の危機に瀕するとコアがEVAの制御権を掌握し暴走、通常時には考えられないような性能を発揮して敵を殲滅するという事象が劇中で何度も描かれた。暴走を人為的に引き起こすダミープラグと呼ばれるバックアップシステムも作られている。

SRWでの扱い[編集]

特殊能力「暴走」[編集]

EVA初号機やEVA初号機 (F型装備)の特殊能力として採用。

撃墜された時点で発動し、ユニットがEVA初号機 (暴走)になり、パイロットがダミープラグに変更される。第3次αではパイロットも「初号機」名義。

第3軍NPCになり、敵味方関係なく無差別に攻撃するようになる。

ちなみに、暴走状態になった時点で修理費は取られる。

EXアビリティ「暴走」[編集]

X-Ω』において、いくつかの機体が所持するEXアビリティとして採用。

機体のHPが一定以下になると発動し、攻撃力、装甲、回避率、行動力が飛躍的に向上する。発動条件のHPとステータスの上昇率はアビリティのレベルによって異なる。

特殊能力の暴走と違い、制御不能状態にはならない。

所持機体[編集]

ノーベルガンダム
暴走Lv.2を所持。外部からパイロットを強制的にコントロールし、戦闘力を飛躍的に向上させる「バーサーカーシステム」を搭載している。
EVA初号機
暴走Lv.3を所持。前述の通り、暴走とは切っても切れない関係がある。
光武F2 (エリカ機)
暴走Lv.4を所持。機体ではなく、搭乗者であるエリカ・フォンティーヌのドジで破天荒な性格を反映した結果と思われる。『君あるがため』では、特定スキルを覚えるまで3WAYショットのマシンガンで味方に誤射するという性質があった。