2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

劇中劇

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

劇中劇とは、演出手段の一つとして用いられる、「作品の中で描かれた」創作作品。

概要[編集]

「フィクションの中のフィクション」、「作中作」とも呼ばれる。代表的な書法として「漫画家の主人公が、漫画を書く」などがある。

現実世界における視聴者がアニメの登場キャラクターに影響を受けることがある様に、劇中のキャラクターも劇中劇に影響を受けることもある。特に、『機動戦艦ナデシコ』のダイゴウジ・ガイが『熱血ロボ ゲキ・ガンガー3』に、『蒼穹のファフナー』の小楯衛が『機動侍ゴウバイン』に強く影響を受けてロボットに乗っている。

スパロボに登場する劇中劇作品[編集]

キングスカッシャーNG騎士ラムネ&40
馬場ラムネが大安売りで購入し、クリアしたゲーム。
超電導カンタム・ロボクレヨンしんちゃん
アクション仮面と並ぶ、野原しんのすけの好きなロボットアニメ。玩具も多数販売されている。
絶対無敵ライジンオー 陽昇城からくり夢日記(絶対無敵ライジンオー
OVAの第二巻のタイトルであるが、小説版の中巻ではOVAの内容が「地球防衛組が6年生の時に学芸会で演じた劇」として舞台用台本の形式で収録されいる。
リン・ミンメイ物語マクロス7
「伝説の歌姫リン・ミンメイを描いたドラマ。
熱血ロボ ゲキ・ガンガー3機動戦艦ナデシコ
1970年代のアニメ作品の熱血要素を取り入れ、2096年に制作されたロボットアニメ。
また、『ナデシコ』本編の第14話の総集編にて「『ゲキ・ガンガー』の登場人物である『機動戦艦ナデシコ』を見ようとしたら総集編であることを嘆く」という演出があり、『ナデシコ』は『ゲキ・ガンガー』の劇中劇でもあるという演出がなされている。
ふもふも谷のボン太くんフルメタル・パニックシリーズ
2000年代に放送されたTVアニメ。
メトロポリスTHE ビッグオー
ゴードン・ローズウォーターが記した小説作品。劇中時点で未完。
バーニングPTバンプレストオリジナル
新西暦186年に流行している対戦ロボットアクションゲーム。
機動侍ゴウバイン蒼穹のファフナー
小楯衛の愛読書である漫画作品。作者は大粒あんこ
ガンダムシリーズケロロ軍曹
現代が舞台であり、劇中にガンダムシリーズやガンプラが存在している。
超機合神バーンブレイド3バンプレストオリジナル
新西暦185年から186年にかけて日本で放映されたロボットアニメ。
BIRD HUMAN -鳥の人-(マクロスF
マヤン島事変」から50年経った事で機密解除を受けて発表された手記を元に作られた映画作品。劇中ではVF-25で撮影した映像をCG合成でVF-0に描き換えるシーンも存在する。
ソレスタルビーイング劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
西暦2314年に公開されたソレスタルビーイングガンダムマイスター活躍を描いた映画作品。
無尽合体キサラギ(THE IDOLM@STER)
2011年冬公開予定の映画作品。正式なタイトルは『劇場版 無尽合体キサラギ 〜宇宙の果てまでイッテきM@S〜』。
鋼鉄公演きらりんロボ -襲来!コスメティア帝国-(アイドルマスター シンデレラガールズ
端々の台詞から、また「公演」と冠されている通り演劇の類であると思われるが、そのあたりはハッキリと描写されない。
アクエリアの舞う空アクエリオンEVOL
本編から1万2千年前にあった人類と堕天翅族との戦いを元にして制作された映画作品。
アイドル宇宙戦記オオゾラッコーン(アイカツ!
劇中ドラマ。『アイカツ!』は本作以外にも多くの劇中のドラマが存在している。
ガンダムシリーズガンダムビルドファイターズ〈ガンダムビルドシリーズ〉)
当シリーズでは、扱うものがガンダムシリーズを下敷きとしたプラモデルである「ガンプラ」であるため、ガンダムシリーズは必然的に劇中劇となる。
また、そのため公式からも黒歴史には含まれない」と明言されている。
ペロリーナクロスアンジュ 天使と竜の輪舞
かつて世界中でブームとなっていたゆるキャラ。
プリティ・リリアン(クロスアンジュ 天使と竜の輪舞)
作中世界に流通している漫画作品。サリアはこれに影響を受けて「プリティ・サリアン」のコスプレをしている。
オペレーション・マジンガー(劇場版 マジンガーZ / INFINITY
統合軍が開発した対戦型VRシミュレーターゲーム。BD初回版の特典小説に登場。
シロー鉄也がプレイしている。

劇中劇に関連する作品[編集]

マクロスシリーズ
本シリーズは全て「マクロス世界の後世の人間が、実際にあった出来事を元にして作った歴史ドラマ」という設定なので、「作品そのものが劇中劇」であるとも言える。それを示すかのように『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』ではキャラクターによる制作発表会が開かれ、更に『マクロス7』で「戦勝20周年記念映画」と設定され、熱気バサラ達も観たとされた。したがって、マクロスシリーズ劇中において展開される劇中劇は「劇中劇の中の劇中劇」という二重構造であるとも言えよう。
マシンロボ クロノスの大逆襲
OVA『レイナの休日』では、本作はクロノス星で作られたドラマだとされている(正史扱いかは不明)。逆に言えばクロノス星やクロノス星生まれのマシンロボ自体は実在する設定となる。余談だが『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』では「伝説の勇者ロム・ストール」は地球の軍事産業(『バトルハッカーズ』に登場するマシンロボは地球製)による捏造だとされた(ただし『クロノスの大逆襲』と『バトルハッカーズ』は別世界扱いだと思われる)。
勇者特急マイトガイン
劇中で(パイロットをぼかしつつ)『勇者特急マイトガイン』自体がアニメ放映されているという設定で、吉永サリーがセル画に彩色するアルバイトをする場面も存在する。本編がメタ要素に溢れた作品故の劇中劇と言える。
サクラ大戦
本作は、1912年に鈴野十浪という作家が自費出版した小説『サクラ』を広井王子氏が実家の蔵から見つけてそれに脚色を加えてゲームにした、という設定がある。プロジェクト発表当時のゲーム雑誌には、この設定があたかも事実であるかのように掲載された[1]。また、米田一基が書き残した『米田日記』の記録を基に現代の視点から太正時代を振り返った物語、という設定もある。どちらもメタフィクション的要素な為にゲーム中では触れられた事はないが、前者は小説『サクラ大戦 前夜』1巻の序章、後者は同じく『前夜』2巻の第五話冒頭でその存在が語られている。
アイドルマスター シンデレラガールズ
OGシリーズ』とのコラボイベント「スーパーロボット大戦CG 奏鳴の銀河へ」のエンディングにおいて、三好紗南が「ずーっと遊んできたスパロボシリーズに出られるなんて、もう最高♪」と発言しており、外部作品とは言えスパロボが劇中劇として扱われた初めての事例となっている。

脚注[編集]

  1. ソフトバンク出版事業部『セガサターンマガジン』1995年11月号 P87より。