2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

アクエリオンEVOL (TV)

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

創聖のアクエリオン』の続編。キャッチコピーは「それは、禁じられた合体─」。前作から一万二千年後を舞台としているため、舞台は一新されている他、前作の人物たちは回想で登場する程度に留まっている。

登場人物[編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

ネオ・ディーバ / 聖天使学園[編集]

アマタ・ソラ
主人公。アポロの面影を残す少年。
ミコノ・スズシロ
カイエン・スズシロ
ゼシカ・ウォン
MIX
アンディ・W・ホール
シュレード・エラン
モロイ・ドレッツァ
サザンカ・ビアンカ
ユノハ・スルール
不動ZEN
クレア・ドロセラ
ドナール・ダンテス
スオミ・コネピ
学園長

アルテア界[編集]

カグラ・デムリ
トワノ・ミカゲ
イズモ・カムロギ
ジン・ムソウ
MIXY
アルテア兵

その他[編集]

アリシア

登場メカ[編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

ネオ・ディーバ[編集]

アクエリアM型
アクエリアF型

アクエリオン[編集]

アクエリオンEVOL
アクエリオンゲパルト
アクエリオンスパーダ

アルテア界[編集]

ロー・グニス
コモン・グニス
ミスラ・グニス
ラディウス・グニス
ミクシィ・グニス
アフラ・グニス
ケルビム兵 (EVOL)
ソーラーアクエリオン
エンシェントAQ

用語[編集]

聖天使学園 / ネオ・ディーバ
アクエリオンを所有する組織。表向きは男女別の学校を取っているが、後に共学化される。
アクエリオン
アルテア界
別世界からの侵略者。人間を攫うことが多く、特に女性を優先的に狙っている。
アブダクター
アルテア界が用いる侵略兵器。
アクエリアの舞う空
前作の物語を映画化した作品。しかし作品の評価は芳しくなく、主演女優のアリシアが歌う同名の主題歌のみが評価された。
また、1万2千年という時間差故に過去の伝承に誤差が生じており、アポロは「アポロン」、シルヴィアは「シルフィ」と呼ばれている。
イヴの呪い
ソウセイの書
「アクエリオン」の世界観に存在する同音異名の七つの書のひとつであり、それぞれに対応して「アクエリオン」の並行世界が存在する。
不動ZENが所持しているのは「双星の書」。これには2万4000年前から現在までの顛末が描かれており、白紙の部分は新たな歴史の生まれに際して流される血をインクに綴られていくという。

楽曲[編集]

オープニングテーマ
「君の神話~アクエリオン第二章」(前期)
歌:AKINO with bless4 / 作詞:Gabriala Robin / 作曲・編曲:菅野よう子
前作の主題歌の例に漏れず印象的なフレーズを残しており、サビの部分である「全力で未完成」が挙げられる。
『第3次Z』『X-Ω』で採用。『X-Ω』ではイベント「常夏の熱視線」にてクエスト用BGMに採用。
「パラドキシカルZOO」(後期)
歌:AKINO with bless4 / 作詞:Gabriala Robin、岩里祐穂 / 作曲・編曲:菅野よう子
こちらはイントロからの「絶望的に君は綺麗さ」が印象的。
エンディングテーマ
「月光シンフォニア」(前期)
歌:AKINO&AIKI from bless4 / 作詞:Gabriala Robin / 作曲・編曲:菅野よう子
「ユノハノモリ」(後期)
歌:ユノハ・スルール(声:小倉唯) / 作詞:Gabriala Robin、新居昭乃 / 作曲・編曲:菅野よう子
ユノハ役の小倉氏が歌うキャラクターソング。
「Genesis of Aquarion」(最終話)
歌:AKINO&AIKI from bless4 / 作詞:岩里祐穂 / 作曲・編曲:菅野よう子 / 英語詞:bless4
前作の主題歌「創聖のアクエリオン」のアレンジ曲。
劇中BGM
「Genesis of LOVE~愛の起源」
こちらも前作の主題歌「創聖のアクエリオン」のアレンジBGM。『第3次Z時獄篇』で採用。

登場作と扱われ方[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
初参戦作品。前作と入れ替わりに参戦。
聖天使学園を含んだ一部の土地が丸ごと物語の舞台である多元世界に転移し、前作のディーバの盟友であるZEUTHおよびZEXISの面々と出会う事になるが、その時には彼らの中のアポロ達を含む時獄篇に不参戦のメンバー達に関する記憶はジェミニスの操作によって忘却してしまっており、また伝説とされている1万2千年前の堕天翅族との戦いの生き証人であるZEUTHに至っては当時のメンバーのほとんどが行方不明になっていたせいもあり、ミカゲケルビム兵が現れても反応は強く無かった。
物語途中で記憶が戻り始めるも肝心のアクエリオンの記憶は封じられた状態のままで重要な情報や真実を伝えられずにいたが、前作のソーラーアクエリオンの封印が解けた展開まで来てようやく記憶が復活する事となった。今作はエンシェントAQとの決戦まで再現されるが、敗北後ミカゲはZENを拒絶したまま逃亡している。なお、今作ではフラグを満たしていれば原作で死亡してしまうシュレードジンが生還する。
第49話でZENクレアに語られたことによると「新世時空振動によってUCWADWが融合した際、アポロらは1万2000年前の『EVOL』の世界の地球に転移し、その後時の牢獄を形成する際に他の平行世界の命が吸われ滅ぼされんとするのを阻止するために人柱となった。しかし、完全には阻止できず、自らのいた世界はやがてアルテアとヴェーガの2つに分かれ、そして1万2000年後アポロ達はアマタ等に転生し、ヴェーガの一部が再び多元世界に転移することになった」という設定。
システム面では、各エレメントたちの能力が固有スキル化したり、戦闘中にパイロットを入れ替えできる「エレメントチェンジ」が実装されるなど、前作以上に原作設定をシステムに取り入れている。
各エレメントのレベルと経験値は完全に共通化されているものの、撃墜数やPPは個別に稼ぐ必要があるため、アクエリオンと別ルートの方が全体的に育つという仕様。出撃しなかったエレメントがレベルで置いてけぼりにされないだけマシとするべきか。サブオーダーに参加できるのはアマタ・カイエン・ゼシカのデフォルト3人のみ。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
一部除いて原作終了後の設定及び、初の前作と同時参戦。前作『時獄篇』IFルートが正史となったため、生存しているキャラクター達もいる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦X-Ω
第3期参戦作品の第8弾として発表され、2017年12月に追加参戦。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 登場メカ 備考 再現スパロボ
第1話 終末おわりを抱いた神話 アクエリアM型
アクエリアF型
ロー・グニス
コモン・グニス
アクエリオンEVOL
第3次Z時獄篇
第2話 禁じられた合体 第3次Z時獄篇
第3話 トキメキ指数☆急上昇 アクエリオンゲパルト
第4話 壁〜CONQUER ONESELF〜
第5話 恋愛禁止令
第6話 生命のアジタート アクエリオンスパーダ
第7話 真夜中の少女 第3次Z時獄篇
第8話 さらけだせ
第9話 男と女のアナグラム
第10話 隻眼の転校生 第3次Z時獄篇
第11話 野生の召命
第12話 アクエリアの舞う空 第3次Z時獄篇
第13話 堕ちた巨人 第3次Z時獄篇
第14話 個の先
第15話 愛の獣たち
第16話 魂の告白
第17話 湧きあがれ、いのち ケルビム兵 (EVOL) 第3次Z時獄篇
第18話 レア・イグラー
第19話 初めての再会
第20話 MI・XY ミクシィ・グニス 第3次Z時獄篇
第21話 接吻
第22話 復活の翼 ソーラーアクエリオン 第3次Z時獄篇
第23話 神話センリツ
第24話 EPHEMERA 第3次Z時獄篇
第25話 アダムの断片 エンシェントAQ 第3次Z時獄篇
第26話 LOVE 第3次Z時獄篇

主要スタッフ[編集]

製作
Project AQUARION EVOL
制作
サテライト×エイトビット
総監督
河森正治
監督
山本裕介
キャラクターデザイン
倉花千夏(原案)
石田可奈
丸藤広貴
藤川太
メカニックデザイン
河森正治(アクエリオンデザイン)
高倉武史
音楽
菅野よう子
大塚彩子

話題まとめ[編集]

  • 本作放送中の2012年4月に発売された『第2次スーパーロボット大戦Z再世篇』ではアポロ=アポロニアスという演出が多く組み込まれていたのだが、その後アマタ(そしてアポロ)の過去生が翔犬ポロンだと判明。『再世篇』をプレイしたユーザーからは「スパロボのアポロの設定は一体どうするつもりなのか」と一時騒然となった。
  • 前作との初共演となる『第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇』発売から程なく、前作と『EVOL』との共演作であるOVA『創勢のアクエリオンEVOL』が発表された(偶然にも作中の登場キャラがEVOL側メインという部分が共通している)。