アルテア界

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

アルテア界(Altair World)とは、『アクエリオンEVOL』の敵勢力。

概要[編集]

アマタ達の住む世界から見た異世界であり、アルテア側からはアマタ達の世界を「ヴェーガ」と呼んでいる。 元は一つの世界にある地球であったが、1万2000年に生命の木が枯れたことで別々の世界と惑星へと別れてしまった。 赤い惑星で機械的な街並みを持ち、科学力はヴェーガ側を凌駕している。

ある出来事を境に生命体が女性が死滅し、男性だけ残され滅亡の危機に瀕していた。そのため、アルテアを救うべく「レア・イグラー(真実のイヴ)」を求め、ヴェーガに侵攻する。 しかし、ヴェーガの女性がアルテアに長く居続けると身も心も男性になってしまう「イヴの呪い」という現象があるため、結局効果はなかった。 侵攻の際にエネルギー配給システム「アイアンシー」が使われているため、市民の生活基準は限界に近く、暴動の危機にもさらされている。

物語終盤、ミカゲによってヴェーガと互いに接近するも、アマタとミコノによって阻止される。 小説版によるとその後のアルテアはイズモが残していた非常時用の停戦プログラムに従ってヴェーガと順調に交渉が進んだとのこと。

人物[編集]

イズモ・カムロギ
アルテアの最高司令官。
カグラ・デムリ
アルテアの軍人。その正体はもう一人のアマタ・ソラであった。
トワノ・ミカゲ
神官。正体は頭翅の闇の部分の生まれ変わり。
ジン・ムソウ
アルテア界最後の子と称される少年。
MIXY
囚われたMIXがイヴの呪いにより男性化し、兵士として洗脳された姿。
アルテア兵
全て男性で構成されている。

登場作品[編集]

Zシリーズ[編集]

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇

関連用語[編集]

アブダクター
イヴの呪い