機動侍ゴウバイン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

機動侍ゴウバイン(Mobile Samurai Gobine)とは、『蒼穹のファフナー』作中において連載されている漫画作品(劇中劇)。作者は「大粒あんこ」(正体は小楯衛の父親の小楯保)。

概要[編集]

作品自体は元々「大粒あんこ」と言う漫画家が書いていた作品であり、それを小楯保が竜宮島で衛のために再現、続きを創作したものである。

劇中ではデータから再現された少年漫画誌に連載されており、基本的に衛しかこの作品の話題を出さないが、他の人が読んだ事があるかは不明。

マークフュンフに搭乗した衛は自己暗示と性格変化によってゴウバインになりきり、漫画そのままの非常に勇敢な性格になると同時に、ファフナー搭乗時の記憶を失ってしまう。

スパロボシリーズにおいて[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
日本が消滅していないため少々設定が変更されている。上記の設定以外にも、原作は第4シーズンまで続いており、その後保が第5シーズン以降を描いていたなど、色々とオリジナルの詳細設定が描写されていた(ファフナー作中では第○シーズンなどの情報は無い)。原作のほうは有名だったらしく、ゴオ剣児も読んでいた。
その他、「ゴウバインヘルメット」が強化パーツとして登場している。
スーパーロボット大戦UX
K程ピックアップはされないが、漫画の掲載誌である「少年冒険キング」がイドゥン撃破時のスキルパーツとして登場。