SSSS.GRIDMAN

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
SSSS.GRIDMAN
読み グリッドマン
原作 『電光超人グリッドマン』
監督 雨宮哲
脚本 長谷川圭一
キャラクターデザイン 坂本勝
中村真由美(サブキャラクター)
後藤正行(グリッドマンデザイン)
メカニックデザイン 野中剛
音楽 鷺巣詩郎
制作 TRIGGER
放送期間 2018年10月7日 - 12月23日
話数 全12話
初登場SRW スーパーロボット大戦30
テンプレートを表示

SSSS.GRIDMAN』はTRIGGER制作のテレビアニメ作品。

概要[編集 | ソースを編集]

円谷プロが1993年に制作した特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とした新作アニメ作品。「中古のパソコンに宿ったヒーロー」「ヒーローに協力する三人の少年少女」「ヒーローと合体するサポートメカ」「怪獣を生み出すのが主人公達と身近な人物」といった『グリッドマン』の基本フォーマットを受け継ぎつつ、独自の世界観が描かれている。

登場する怪獣のデザインには特撮作品に関わって来たデザイナーが多数参加し、戦闘シーンは3Dアニメをメインに一部手描きで制作されている。特撮ドラマが原作となっている通り、特撮演出をアニメで再現した映像が特徴であり、グリッドマンや怪獣の重量感のある動きや破壊される建物、揺れる電線など細かい部分まで作りこまれた緻密さがファンの話題となった。同時に90年代のロボットアニメを彷彿とさせる演出もふんだんに盛り込まれており、実写的演出とアニメ特有の演出の融合から、星雲賞メディア部門を獲得するなど高い評価を得ている。

また、この年代の深夜アニメでは珍しく玩具商品の展開にも力を入れており[1]、劇中通りに変形合体するグリッドマンのDX玩具も発売された。

ストーリーは架空のマーチャンダイジングを元に構成が行われており、グリッドマンのパワーアップの流れを予め決定した上で脚本が作られている。

本作のヒットを受けて2019年にはアニメのコミカライズに加えて本編8話と9話の間を描く外伝小説が発売された。また、2021年より『グリッドマン』の世界観を用いた包括IPプロジェクト『GRIDMAN UNIVERSE』が発足され、小説や漫画で複数のスピンオフ作品が展開。同年4月には同プロジェクトに基づいた新作アニメ第2弾『SSSS.DYNAZENON』が放送された。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

ある日、クラスメイトの宝多六花の家で目を覚ました響裕太は、全ての記憶を失っていた。

六花や親友の内海将に支えられながら生活を始める裕太だったが、六花の母が営むジャンクショップに置かれた旧式のパソコンに映る謎の存在、グリッドマンから「使命を思い出せ」と呼び掛けられる。

そんな中、突如街に怪獣が現れ、導かれるままグリッドマンと合体した裕太は実体化したグリッドマンとして怪獣を倒すが、全てが終わった後、街は何事もなかったかのように日常を取り戻す。さらに、襲撃の翌日に数人のクラスメイトがいなくなり、しかも過去に既に死亡していたことにされるという奇妙な事態を目の当たりにする。

怪獣の存在を知るのは自分達だけだと考えた三人は、怪獣から街を守るため「グリッドマン同盟」を結成する。

登場人物[編集 | ソースを編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

グリッドマン同盟[編集 | ソースを編集]

響裕太
本作の主人公。グリッドマンとアクセスフラッシュ(合体)できる記憶喪失の少年。
宝多六花
本作のヒロイン。裕太のクラスメイト。
内海将
裕太のクラスメイトであり親友。特撮オタク。

ツツジ台高校[編集 | ソースを編集]

なみこはっす
六花と仲が良い友人達。
問川さきる
裕太達のクラスメイト。バレー部員。
野崎
裕太達のクラスの担任教師。

新世紀中学生[編集 | ソースを編集]

サムライ・キャリバー
4本の太刀を持つ猫背の男。グリッドマンキャリバーに変身する。
マックス
新世紀中学生のリーダー格でマスクをした大男。バトルトラクトマックスに変身する。
ボラー
中性的な容姿の少年。バスターボラーに変身する。
ヴィット
飄々とした青年。スカイヴィッターに変身する。

敵対者[編集 | ソースを編集]

新条アカネ
本作のもう一人のヒロイン。裕太のクラスメイトで、怪獣を作り出して無差別破壊を繰り返す。
アレクシス・ケリヴ
アカネのパソコンに宿る謎の存在。怪獣を実体化する力を持つ。

その他[編集 | ソースを編集]

六花ママ
六花の母。ジャンクショップ「絢」を営んでいる。
怪獣少女アノシラス (2代目)
怪獣を名乗る少女。

登場ヒーロー / メカ[編集 | ソースを編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

グリッドマン
もう一人の主人公。パソコンの中から裕太に呼び掛けるハイパーエージェントを名乗る超人。
グリッドナイト
アンチが得た新たな形態。グリッドマンに類似した姿を持つ。

アシストウェポン[編集 | ソースを編集]

グリッドマンキャリバー
サムライ・キャリバーが変身した金色の大剣型アシストウェポン。
バトルトラクトマックス
マックスが変身した大型トレーラー型アシストウェポン。
バスターボラー
ボラーの変身するドリル戦車型アシストウェポン。
スカイヴィッター
ヴィットの変身する戦闘機型アシストウェポン。
合体戦神パワードゼノン
バトルトラクトマックス、バスターボラー、スカイヴィッターの3体のアシストウエポンが合体した巨大ロボ。グリッドマンキャリバーは、アックスモードに変形して手持ちの武器となる。

合体超人[編集 | ソースを編集]

マックスグリッドマン
グリッドマンとバトルトラクトマックスが合体した剛力合体超人。
バスターグリッドマン
グリッドマンとバスターボラーが合体した武装合体超人。
スカイグリッドマン
グリッドマンとスカイヴィッターが合体した大空合体超人。
フルパワーグリッドマン
グリッドマンと全アシストウェポンが合体した超合体超人。

登場怪獣[編集 | ソースを編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

グールギラス
クラスメイトに対する怒りからアカネが作り出した怪獣。
メカグールギラス
グリッドマンに倒されたグールギラスがサイボーグのように強化改造された怪獣。
デバダダン
担任教師に対する怒りからアカネが作り出した怪獣。光線を反射出来る。
アンチ
アカネが作り出した対グリッドマン用怪獣。相手の能力をコピーする能力を持つ。少年の姿の人間態から怪獣へ変身する。
バスターアンチ
アンチがバスターボラーをコピーした形態で口から吐くミサイル攻撃が追加された。
スカイアンチ
アンチがスカイヴィッターをコピーした形態で飛行能力を有する。
ゴングリー
動画配信者である大学生達への怒りからアカネが作り出した怪獣。
ゴーヤベック
校外学習中に現れた山のような巨大怪獣。
ヂリバー
グリッドマンをおびき出すため唯一アカネではなくアンチが生み出した怪獣。
バジャック
夢の中へ対象者を引きずりこみ精神的に追い込む能力を持った怪獣。
ナナシ(A・B)
一見すると弱い怪獣のナナシA。だが、本体であるナナシBはグリッドマン達をピンチに追い込んだ。
ゼッガー
巨大な触手を操る最後の怪獣。
巨大アレクシス・ケリヴ
最終決戦でアレクシス自ら巨大化した姿。
アノシラス
最終回に1カットだけ登場。『電光超人グリッドマン』に登場した電子アニマル・アノシラスと同一の個体。
霧の怪獣
グリッドマンの関係者達にのみ認識出来る、ツツジ台の各所に佇んでいる怪獣。怪獣によって破壊された街を修復し、それに纏わる人々の記憶を改ざんする。
デザインは『電光超人グリッドマン』に登場する毒煙怪獣ベノラの物。

用語[編集 | ソースを編集]

ツツジ台
本作の舞台となる街。
ツツジ台高校
裕太達が通う高校。
グリッドマン同盟
裕太、将、六花の三人が結成した怪獣から街を守るための同盟。
新世紀中学生
グリッドマンをサポートする黒服の四人組。アシストウェポンに変身し、グリッドマンと強化合体する。名前の由来は「かつて世界を救った中学生たちのおかげで21世紀という新世紀が迎えられた事に敬意を表して」名乗っていることがボイスドラマで明かされた[2]
ジャンクショップ「絢」
六花の母が営むリサイクルショップ。中には喫茶店が併設されているという風変わりな店。
ジャンク
絢の店内に置いてある旧式パソコン。旧式といっても数万円の値段が付いている。
普段は画面にグリッドマンが映し出され、戦闘時には外で戦うグリッドマン達の様子が映し出される。
プライマルアクセプター
裕太がグリッドマンから受け取った変身アイテム。ジャンクに向けながら「アクセスフラッシュ」と唱えることでグリッドマンと合体できる。グリッドマンの左腕にも同じものが装着されており、必殺技を使用する際に用いられる。
怪獣
新条アカネが「バロック」と呼ばれる真珠状の物質を埋め込んで作り上げた人形を元に、アレクシスの「インスタンス・アブリアクション」によって実体化した存在。それ自体は生物としての活動はしておらず、主に製作者であるアカネの情動に基づいて行動する。
ウルトラシリーズ
劇中で扱われている特撮テレビドラマシリーズ。1966年放送の『ウルトラQ』から始まる円谷プロダクション制作の特撮ドラマ「ウルトラシリーズ」の事を指しており、劇中の小物も「ウルトラシリーズ」出典のものが多い。[3][4]

楽曲[編集 | ソースを編集]

オープニングテーマ
「UNION」
作詞・作曲 - 大石昌良 / 編曲 - Tom-H@ck / 歌 - OxT
『30』で採用。プレミアムサウンド&データパックに原曲を収録。
エンディングテーマ
「youthful beautiful」
作詞・作曲 - RIRIKO / 編曲 - 白戸佑輔 / 歌 - 内田真礼
挿入歌
「夢のヒーロー」
作詞 - 大津あきら / 作曲 - 鈴木キサブロー / 編曲 - 岩本正樹 / 歌 - 坂井紀雄
『電光超人グリッドマン』のOP。最終回の挿入歌として使用された。『30』で採用。プレミアムサウンド&データパックに原曲を収録。
なお、「UNION」のカップリングとしてOxTが歌うカバーバージョンが存在する。

登場作と扱われ方[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
初参戦作品。原作再現に関しては最初の1、2話と最終回はしっかり再現されるものの、原作の主軸となるツツジ台に全く立ち寄らない影響で他はあまり再現されず、立ち絵が存在するツツジ住民も殆ど登場しない。基本的には『勇者警察ジェイデッカー』や『超電磁ロボ コン・バトラーV』との絡みが多く、前者とは兼ね合い再現が多い。ウルトラシリーズに関しては、原作通りシリーズ名称がぼかされることなくそのまま使われており、世界観の謎を活かしたトリックとしても機能している。また、そのウルトラシリーズに関連する『ULTRAMAN』もDLCにて参戦し、共演が実現している。

各話リスト[編集 | ソースを編集]

話数 サブタイトル 登場怪獣 備考 再現スパロボ
第1回 覚・醒 グールギラス 『30』
第2回 修・復 デバダダン 『30』
第3回 敗・北 アンチ
第4回 疑・心 ゴングリー
第5回 挑・発 ゴーヤベック
第6回 接・触 アノシラス(2代目)  
第7回 策・略 ヂリバー
第8回 対・立 メカグールギラス
第9回 夢・想 バジャック
第10回 崩・壊 ナナシ(A・B)  
第11回 決・戦 再生産怪獣軍団[5]   
第12回 覚醒 ゼッガー
巨大アレクシス・ケリヴ
アノシラス
 

上記のほか、第12回を除く各回の放送終了後、Youtubeで短編のボイスドラマが1話ずつ配信されていた(放送後1週間限定)。内容は、本編を補足するものから短い後日談、キャラクターの掘り下げがなされるものまで様々。後に映像ソフトの特典として付属したほか、ソフト限定の新作ボイスドラマ4本が制作されている。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 『電光超人グリッドマン』は、1993年当時まだ一般への認知度が低かったインターネットを題材とした作品であり、コンピュータ内部に存在する異世界「コンピュータワールド」を舞台にグリッドマンと、彼と敵対する魔王カーンデジファーが送り込む怪獣との戦いを描くという内容であった。
    • 怪獣がコンピュータワールドで暴れると、それに紐付けされたコンピュータや家電製品が暴走し、それによって引き起こされる事件を主人公達が解決していくのが大まかな話の流れとなる。また、コンピュータ上で戦うヒーローという特性は、中学生の少年少女がグリッドマンをサポートするプログラムやアシストウェポンを作り出すという設定を提供する土壌にもなった。
    • こういった『電光超人グリッドマン』の要素を継いだ本作は、ロボットアニメそのものではないもののロボットアニメにかなり近い存在であった。
    • また、ロボットアニメに近くなった事について監督の雨宮氏は『SSSS.GRIDMAN超全集』にて「深夜アニメの客層は特撮は別ジャンルとして見ており、そういった層を取り込むために美少女キャラやロボットを配置した。そういう意味では元々ロボットが登場する『グリッドマン』は相性が良かった」と述べている。
  • 監督の雨宮氏は2015年に日本アニメ(ーター)見本市で原作『グリッドマン』のいくつかの場面をアニメ化したショートアニメを発表しており、それ以前から円谷プロに「ウルトラシリーズ」のアニメ化を打診していたという。「ウルトラシリーズ」については難しいとの返答を受けたものの、『グリッドマン』か『アンドロメロス』ならば良いと返答を受け、リアルタイムで視聴していた『グリッドマン』を題材とすることとなった。
  • タイトルの『SSSS』は『電光超人グリッドマン』の海外版『スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド』から取られていると思われる。
    • なお、タイトルを読む際『SSSS』の部分は発音しない。
  • 劇中では「ウルトラシリーズ」の怪獣フィギュアや実在の雑誌『宇宙船』の他、『電光超人グリッドマン』に関連したガジェットや名前が登場するファンサービス的シーンが存在する。
    • 本作の放送終了後には、同じ円谷プロ原案のアニメ作品である『ULTRAMAN』へのバトンタッチCMが放映された。
  • 三森すずこ氏や湯浅かえで氏などウルトラシリーズに出演経験のある声優が参加しており、キャリバー役の高橋良輔氏など、ウルトラシリーズ以外での特撮出演者のキャスティングも多い(高橋氏も後にウルトラシリーズの声優として参加している)。
  • 『電光超人グリッドマン』の主人公・翔直人を演じた小尾昌也氏がチョイ役として出演している(第6話でジャンクショップを訪れた客役)。
  • 本作の登場人物の名前や役柄は、『電光超人グリッドマン』の続編として企画されていた『電撃超人グリッドマンF(ファイター)』から流用された物。この他、本作では『グリッドマン』で使われなかった没ネタ、掘り下げられなかった設定などをピックアップしつつ世界観を構築している。
  • 第7回には円谷プロダクション繫がりで『ウルトラマン超闘士激伝新章』に登場する闘士ウルトラマンヒカリが描かれた。
  • 元の『電光超人グリッドマン』はタカラ(現タカラトミー)から玩具を販売していたが、本作ではグッドスマイルカンパニー、バンダイ等複数社がグッズを手掛けている。一方で、『GRIDMAN UNIVERSE』プロジェクトは企画段階でタカラトミーが大きく関与しており、タカラトミーのIPコンテンツである『ダイアクロン』とのコラボレーションも行われている。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 但し女性キャラの人気や元のクールの短さ故に商品数が少ない為放送終了後は女性キャラを主にした商品や一番くじが主になった。
  2. 後年『GRIDMAN UNIVERSE』で発表されたスピンオフ作品でも、別世界で新世紀中学生を名乗る人物達が登場している。
  3. 「ウルトラマンシリーズ」と言われることもあるが、その場合『ウルトラQ』といったウルトラマンが登場しない作品は含まれない事が多い。
  4. 『30』では版権事情によるものか、名称は出ているものの小物類は未登場もしくはデザインが差し替えられている。
  5. アンチとナナシB以外の倒されたすべての怪獣を再生させたもの。コアであるバロックを持たないため怪獣達の紅い目や発光部分がすべて消えている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

Blu-ray[編集 | ソースを編集]

DVD[編集 | ソースを編集]

楽曲関連[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

公式サイト