2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

蒼穹作戦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

蒼穹作戦(Operation THE Azure)とは、蒼穹のファフナーシリーズにおいて行われた軍事作戦。

第一次蒼穹作戦[編集]

無印版『蒼穹のファフナー』におけるアルヴィスの対フェストゥム作戦。その最大の目的はイドゥンによって北極ミールに囚われたミョルニアの共鳴核と皆城総士の身柄を奪還することにある。名前は遠見真矢の「人類軍が大気圏外を目指すのに対して島は空を示す言葉を用いる」という提案を基に、フェストゥムに奪われた青い海と青い空を取り戻すための戦いと位置付けられ、真壁史彦によって命名された。以後、同様の作戦にこの名が受け継がれた。

第二次蒼穹作戦[編集]

劇場版『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』におけるアルヴィスの対フェストゥム作戦。「おはなし」によってエウロス型を撤退させた日野美羽をボレアリオスミールのコアと接触させ、同ミールとの和解を図ることを最大の目的とする。この戦いでは保管されていたマークニヒトが奪われ、アルヴィス側の脅威になるという危機的局面もあった。


登場作品[編集]

スーパーロボット大戦K
第一次蒼穹作戦が描かれた。
スーパーロボット大戦UX
前編で第一次蒼穹作戦、後編で第二次蒼穹作戦が描かれた。

関連人物[編集]

真壁史彦
作戦の命名者及び発案者。
遠見真矢
史彦が作戦の名を考えるヒントを生み出した。何れの作戦でも中心戦力として活躍している。
真壁一騎
何れの作戦でもマークザインを駆り、獅子奮迅の活躍を見せた。