2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

飛鷹葵

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
飛鷹葵
読み ひだか あおい
外国語表記 Aoi Hidaka
登場作品 獣装機攻ダンクーガノヴァ
声優 池澤春菜
デザイン KAZZ
種族 地球人(日本人)
性別
血液型 A型
所属 チームD
テンプレートを表示

飛鷹葵は『獣装機攻ダンクーガノヴァ』の主人公

概要[編集]

ノヴァイーグルのパイロットにして、ダンクーガノヴァのメインパイロットを務める少女。

元々の職業はカーレーサー兼ファッションモデルだったが、少なくともレーサーの方は作中で引退した。職業故か自分の容姿に絶対の自信を持っている。

あまり物事に執着心を見せないサバサバとした性格の持ち主である。

実は託児ポストに預けられた事実上の孤児(放送当時託児ポストが話題になっていた事による時事ネタ)であり、そのため自分が他者に心から必要とされる事を無意識的に信じられないという状態にあった。葵がこれを克服していくことがダンクーガノヴァが真の力を解放する引き金になっていく。

登場作品と役柄[編集]

作品によって、EDで復帰する職業が変化している。

Zシリーズ[編集]

第2次スーパーロボット大戦Z破界篇
初の声付き登場。チームD全体でドライな面を見せている。序盤から中盤にかけて気力が上がるまでは彼女1人で闘うことになる。気合加速担当でSPの消費が激しいのでパーツやスキルで補強しよう。素のノヴァイーグルの状態でもある程度戦闘をこなせる。
第2次スーパーロボット大戦Z再世篇
破界事変後、モデル業に戻っていたが再び戦線復帰。予告では孤児という出自関連のイベントが発生していたが、これは本来原作中で行われていたもの。これはムゲの精神攻撃を受けて動揺していた時のものである。この時、実は忍のことが好きだったことが明らかになった(直前に忍は沙羅と恋人になったため、失恋しているが)。EDでは再びモデル業に戻った。
第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇
再世戦争後、芸能事務所を開いたウラジミールからモデル業の誘いを受けていたが、返事を保留していた(レーサー業は「やり残した事はない」と戻る気がない模様)。ドラゴンズハイヴがミスリルとの協力体制を敷いた事もあり、「デンジャー1」のコードネームを引っ提げて本編序盤より自軍に加入する。今回は終始マックスゴッド状態での参戦ではあるが、33話まで野生化と断空弾劾剣が使用不可、唯一のALL武器であるブーストノヴァナックルが弾数2しかない等、少々扱いづらい面が目立つ。一方で気合+と加速を所有しており、精神は非常に優秀。雑魚相手は強力な全体攻撃を持つパートナーに任せてボス相手には交代する、といった運用をしても良いだろう。
なお、制作発表時のPVで葵を差し置いて朔哉だけが登場したため、制作発表に居合わせた葵役の池澤氏がツッコミを入れていた。
第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇
今回は制作発表時のPVにもしっかり登場。池澤氏も公式ラジオにゲスト出演した際にその事を熱く語っていた。
EDでは自分の星に戻るWILLについて行くことに決めた。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場作品。上記の孤児云々はあまりクローズアップされず、少々冷めているが内には熱い面も秘めている、というチームD全体の共通項が目立つ。
途中のシナリオで行われるアイドルコンテストには、「元とは言えプロのモデルが出場したら大人気ない」という理由で興味を示していなかったが、エンディングでは剣児と鏡のバイクレースに元プロレーサー(バイクではないが)でありながらやる気満々で乱入する。カーレースとバイクレースと言う畑の違いから大人気なくはないと考えたのか、戦いを通じて積極的な性格になったお陰か。
自力習得するアタックコンボは何故か発動しないので、使いたければスキルパーツで補う必要がある。チームDの中では覚醒熱血を受け持つためSP関連の補強、武器側にないのでサイズ補正無視、燃費の改善にEセーブなどの養成をすると便利。
スーパーロボット大戦UX
原作終了後設定。当初はチームDとしての記憶を失い、モデル業やレーサーに戻っていたが、そんな日常にどこか物足りなさを感じていた。そして第一部の終盤、遂に記憶を取り戻し他の3人と共に宇宙で戦うエイーダ達UXに合流する形で参戦する。今作のEDでは、モデルをやりながらもモデラーやエッセイストもやっているという、池澤氏さながらの多芸ぶりを見せている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle

パイロットステータス設定の傾向[編集]

能力値[編集]

トップ連中には後一歩及ばず、格闘防御以外がエイーダに負けているものの十分に高い能力を持っており、特に強化しなくても問題ない。

精神コマンド[編集]

重要かつ燃費の悪い精神コマンドを複数担当することが多く、SPの負担が大きい。

第2次Z
加速集中気合突撃熱血
第3次Z
加速気合+、突撃熱血
L
ひらめき闘志気合覚醒熱血
UX
加速闘志気合熱血覚醒

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第2次Z
野性化底力L3、見切り
野性化は当初未修得(???)の状態で、後にイベントで自動的に習得する。なお、チームD全員やエイーダも野性化を自動的に習得する。
L
底力L8、援護攻撃L1、援護防御L1、アタックコンボL3
自力習得するアタックコンボはバグで1レベル分機能しない。スキルパーツで補強すべし。
UX
ビースト化底力L8、援護攻撃L1、援護防御L1、見切り全体攻撃L1
ビースト化はマックスゴッド専用。

エースボーナス[編集]

第2次Z破界篇
特殊スキル『野性化』発動時、一度だけ精神コマンド『覚醒』が掛かる。
1回限りだが、ノーコストで2回行動が出来る為、効果自体は優秀。連続行動を併用すれば擬似的ではあるが3回行動も可能。
だが、野性化の発動条件の都合上、半ば強制的に覚醒がかかるため、自分の好きな局面で活かす事は少々難しく、さらにイベントで野性化を習得するまでは発動出来ないという欠点も。連続行動の効果は覚醒より優先されるので、保持しつつ活動させたい場合は敵を確実に撃破しよう。

パイロットBGM[編集]

「Main Theme」
『第2次Z破界篇』で追加されたBGM。ノヴァイーグル搭乗時はこのBGMがデフォルトに設定されている。イベントで野性化を習得する際にもこのBGMが流れる。
「鳥の歌」
原作OP。ダンクーガノヴァではこちら。

人間関係[編集]

館華くらら加門朔哉ジョニー・バーネット
同僚。最初はドライな関係だったが最終的には仲間としての絆が生まれた。
田中司令F.S.
上司。
ルゥ・リルリ
カウンセラー。
セイミー
メカニック兼相談相手。
エイーダ・ロッサ
最初はライバル、後に仲間となる。
ムーンWILL

他作品との人間関係[編集]

超獣機神ダンクーガ[編集]

藤原忍結城沙羅
初期段階の設定では彼らの子孫だった。
第2次Z破界篇』では「先輩」と呼んでいる。忍のことは異性として意識していたようだが、沙羅と結ばれたために失恋してしまい、精神的動揺に繋がった。
CC』では「忍」と呼んでいる他、ギルドロームの精神攻撃に苦しんだ際に彼からの叱咤によって立ち直った。
式部雅人司馬亮アラン・イゴール
『第2次Z』では上記の2人と同じく、「先輩」と呼んでいる。『第2次Z破界篇』EDでは亮とアランがチームDの教官役を努める事となった。
ギルドローム将軍
『CC』では彼女に精神攻撃を与えて動揺させる。

スーパー系[編集]

ピュリア・リチャードソン
L』にて彼女を救助した際に「リチャードさん」と呼んだため、「リチャードじゃなくてリチャードソン」と突っ込まれた。その後、「リチャードソンさん」と言い直している。
モウカク
『L』にてラビッドシンドロームで暴走した彼をドラグライナーと共にやむを得ず撃破している。
草薙剣児美角鏡
『L』のエンディングで彼らとデッドヒートを繰り広げる。
猿渡ゴオ葵杏奈
『L』にて彼ら夫婦を「美女と野獣」と評していた。
ゲッターチーム流竜馬神隼人巴武蔵
第2次Z破界篇』では序盤から共闘し、「野獣にカウンセリングは必要ない」と彼らを評していた。また、再世篇では早乙女博士を追うあまり、危うく道を踏み外しかけた竜馬を論し、踏み止まらせた。
シモン
『第2次Z破界篇』ではチームとしての壁を乗り越えた事を彼に見せつけ、カミナを失ったショックから立ち直るように檄を飛ばす。
カミナ
『第2次Z破界篇』では個人的な交流こそ少ないものの、彼の死がチームDの結束力を固める遠因となった。
クライン・サンドマン
『第2次Z破界篇』で初共演……ではなく、『ダンクーガノヴァ』の第6話に1シーンのみだがゲスト出演をしていた。大張監督のお遊びだろう。
ジョウ・マヤ
UX』ではインスマウスでの海水浴にて、彼は葵の水着姿に見惚れてしまい……。
グラサン・グリン
『UX』ではチームD復活後に衛星兵器破壊作戦に参戦した際、エイーダを嬲っていた彼に怒りの一撃を叩き込む。
ハザード・パシャ
『UX』では非道の限りを尽くす彼に、葵も幾度となく怒りを露わにしている。
大十字九郎アル・アジフ
『UX』では終盤に彼らとの連携攻撃でアウグストゥスを撃破する。
アウグストゥス
『UX』ではマスターテリオンや他のアンチクロスを排して、自らを「地球皇帝」を名乗り「神をも越えた存在」と驕り昂る彼を「ムーンWILLの同類」と斬り捨て、デモンベインとの連携攻撃で彼に引導を渡す。

リアル系[編集]

ティエリア・アーデ
第2次Z破界篇』では彼の「ヴェーダに従う」との言動に呆れつつも、無意識に彼の頑なな姿勢を気に掛けた事で、希薄だった他人との関わり方が変化しているのを自覚する。後の『第2次Z再世篇』ではすっかり仲間想いになった彼を見直した。
スメラギ・李・ノリエガ
第2次Z』では『破界篇』序盤から彼女達ソレスタルビーイングと共闘。『UX』でも本編開始前からの戦友関係で、インスマウスでの海水浴では共にセクシーな水着姿を披露し、の目を釘づけにした。
早瀬浩一
L』では本編開始前からダンクーガに対する憧れを抱かれていたが、第1話にて暴虐に力を振るおうとする彼に攻撃を加えた事で、「ダンクーガも悪だ」と敵意を向けられてしまうが、そんな彼を葵を含むチームDは冷めた目で見ていた。彼が改心して和解後は、彼の成長を見守るように。
ゼロ
『第2次Z』では『破界篇』で初めてZEXISに合流した彼から自己紹介されたときは「胡散臭さを仮面でパッケージしたような奴」と評する。
その後も彼の正体に興味を持っていたようで、再世篇終盤でゼロレクイエムルートに進むと悪逆皇帝となり、弾圧政治を実行する彼に対して「素顔のあなたにはがっかり」と言う。
ミツヒロ・バートランド
『UX』では異種との対話を望み、実際に「地球人」とは異なる種とも絆を育むUXを前にしても尚も偏見に満ちた態度をとる彼に対し葵も不快感を抱き、「時代錯誤」と痛烈な皮肉を浴びせる。
ショウ・ザマミハエル・ブラン
『UX』ではインスマウスでの海水浴にて、葵の水着姿に見惚れてしまい…。

バンプレストオリジナル[編集]

クロウ・ブルースト
すさまじい借金を背負いながらも前向きな彼に対して他の女性陣よりも高い評価をしている。

名台詞[編集]

「やってやろうじゃん!」
ノヴァ版「やってやるぜ!」。紛れもなくダンクーガのパイロットである事を感じさせてくれる台詞。
…実は葵役の池澤春奈氏はF.S.役(そして役)の矢尾一樹氏の前でこの台詞を言う事にプレッシャーを感じていたとの事。
「ダイエットには良さそうね!」
初出撃時、ダンクーガノヴァ合体時、ジェネレータの出力の問題を聞いて。
「見られたくない格好で寝てんのよ」
なぜモニターが写らないかをルゥに質問されての一言。彼女は就寝時に全裸で寝る癖があるためである。
「私のお父さんとお母さんは…」
(いないわ…あなたは生まれてすぐに赤ちゃんポストに入れられたの)
「じゃあ、なんで私は生きてるの?」
ムーンWILLに見せられたビジョンだが、葵にとっては発奮材料にしかならなかった。『第2次Z再世篇』では特に顕著で、この後に次元を超えた獣達による剣技が炸裂する。
ちなみに『第3次Z時獄篇』の最終話における多元宇宙迷宮のビジョンとしても再現されている。
「負けたくない…もう、負けたくない!」
R-ダイガンに追い詰められ絶体絶命の時の台詞。この台詞とともにダンクーガノヴァはゴッドビーストモードへ覚醒する。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

Zシリーズ[編集]

「随分と可愛いじゃない。もしかして、乗ってるのは女の子?」
第2次Z破界篇』第8話ソレスタルビーイング追跡ルート「引き鉄は誰がために」より。ソーマ・ピーリスティエレンタオツーを見た感想。ガンダム00原作では誰も突っ込まなかったが、第三者から見ればやはりタオツーのカラーリングには疑問があるだろう。
(この二人と一緒の空間にいるの…耐えられそうにないわね…)
『第2次Z破界篇』第9話にて、無言の刹那とヒイロを見て。
(胡散臭さを仮面とマントでパッケージしたような奴ね)
『第2次Z破界篇』第14話「信頼と覚悟と」より。ゼロに自己紹介された時の第一印象。的確な表現といえる。
「シモン! あたし達は壁を越えたよ!」
『第2次Z破界篇』第33話「天を突く命」より。ゴッドビーストモードを発動させ、チームとしての壁を乗り越えた葵がシモンへと奮起を促す為に飛ばした檄。
「騙し討ち…。それも無抵抗の市民を狙うなんて…」
『第2次Z破界篇』でエリア11の日本人虐殺事件の詳細を黒の騎士団メンバーに聞かされた際の言葉。虐殺を実行したユーフェミアとブリタニア軍に憤りの感情を向けるがこのときの彼女は事件の真相を知らない。
「あれだけの借金を背負っても前向きなのは、少しは加点してもいいかな」
『第2次Z破界篇』第43話宇宙ルート「ロゼの決意」より。クロウに対して言った言葉。しかし、クリスフェルトには反論された。
「そういうストレートな本音を待ってたよ! おかげであたしの野性にも火が点いた!」
決戦時におけるズール皇帝との戦闘前会話ムーンWILL同様、人間の可能性を否定するズールの抹殺宣言も、葵にとっては闘志を爆発させる為の起爆剤に過ぎなかった。
「あ~あ…さすがのあたしもこりゃ、やってられないわ…」
第2次Z再世篇』宇宙ルート第21話「伝説の歌声」に於ける初戦闘時の戦闘前会話より。ジョニーがやけに張りきっていた理由が「想い人であるエイーダを守るため」だと朔也が指摘し、当人がそれを肯定した時の反応。
「別にあたし達は別にどっちでもいいけどね」
『第2次Z再世篇』第34話地上ルート「亡者再臨」に於ける初戦闘時の戦闘前会話より。エイーダが思い人であるジョニーと共に闘うと言った際に朔哉に突っ込まれて謝った時に。…しかしこの時の顔はウンザリとしたようなものである為、説得力は微妙である。
「りょーかい」
(冗談じゃないんだけどね…)
『第2次Z再世篇』第48話「ゴッドブレス・ユニバース」シナリオデモより。を「イカしてると思う」と言った際、沙羅から「冗談で忍を煽るのはやめときな」と言われて。後者の心中でのつぶやきから、忍に対して好意を抱いていることが伺える。
なお、この時の顔グラはデフォルメされたものが使われている。
「い、いいじゃないの、もう…!」
同上。ムゲの精神攻撃を受けた直後、チームDの皆に励まされるが、その途中でくららに「もしかして、忍先輩の事…」と言われた際の返し。顔グラも赤面して慌てている表情のものが使われている。
ちなみに忍もこの場にいたのだが、このやり取りをスルーしていた
「誰が孤独だって?」
「人の思い出に土足で踏み込むとはオカルトかぶれなだけじゃなく、デリカシーもないようだね…!」
「伊達にダンクーガに乗ってるんじゃないのよ! 傷も、過去も、怒りの炎で燃やし尽くす!」
同上。ムゲの精神攻撃を乗り越えた時の台詞。彼女は自身のトラウマに付け込んだムゲに怒りを爆発し、忍のダンクーガと共に襲いかかる。
忍「愛の心にて…!」
葵「悪しき空間を断つ!」
忍&葵「断空剣!」
忍&葵「やあぁぁぁぁぁぁってやるぜ!!」
ついに実現したファン待望の新旧ダンクーガによる「断空双牙剣」の掛け合い。互いに気合の入った叫びと共に放たれた剣技はムゲ帝王を一刀の下に斬捨てた。長年の夢が叶ったファンも多いのではないだろうか。
「聞き捨てならないわね、シンジ」
「いい?女の子はね、自分のためにオシャレをしてるの。決して男を楽しませるためじゃないのよ」
「だから、それを男がどうこう言うのは許されないのよ」
第3次Z時獄篇』DLC「誠意のカタチ」にて。シンジがミコノに対して「長いスカート履けばいいのに」と評したことに対する意見。ファッションモデルの経験を持つ彼女らしい発言である。ここまでならいい話なのだが…。
「全然、わかってないみたいね。いい機会だから、たっぷりレクチャーしてあげる」
…これである。顔グラが怖いものになっているからか、「レクチャー」という言葉が別の意味でも聞こえてしまう
「いい加減、このネタを引っ張るのも飽きてきたのよね。そろそろ決着をつけてほしいんだけど」
『第3次Z時獄篇』第27話ネオ・ジオンを静観するルート「堕ちた巨人」より。未だに三角関係が続いているアルトに向けて。もっとも、終盤の会話を見る限りアルト自身は既に心を決めているようだが…?
L』で共に初参戦してから『破界篇』、『再世篇』、『UX』、『CC』、そして今作と6作も共演していることもあり、ある意味メタな台詞。
「熱い…! 体中の血が燃える!!」
「うあああああッ!!! やってやろうじゃんッ!!」
(獣の咆哮SE)
『第3次Z時獄篇』第32話「忘却の霧の中」開始時、パラダイムシティへ飛ばされる中で。アドヴェントの示した真実への手がかり……そこへいざなわれる彼女の中で再び暴れ始めたのは、原初の本能にして人間の人間たる所以――――「獣の血」。
「試してみる?」
『第3次Z時獄篇』中盤にて。眠りについていたチームDの野生が再び胎動し始め、その異様な雰囲気に呑まれた碇シンジの「何だか食べられちゃいそう」といった発言を受けての台詞。多分に冗談を含んだものではあるが、加持リョウジによる、葛城ミサトの寝相に関する言葉に首を傾げていたシンジであってもその意図は掴めたようで、言葉を濁す館華くらら共々頬を赤らめていた。

携帯機シリーズ[編集]

L[編集]

「黙んなさいよ…!」
「黙んなさいって言ったのよ! あんたがどれだけ偉くて、どれだけの月日、私達みたいな生き物を監視してた機械か知らないけど…思春期の少年の悩みひとつ聞いてあげられないようなら、失敗作もいいところだわ!」
第35話「永遠のソルジャー」より。正義の味方を目指す事に疑問を感じていた浩一がイクサー1や他の仲間達から助言をもらっている最中に、「己の弱さに負ける生き物! 争いの元凶!!」と一蹴したムーンWILLに啖呵を切った。葵もまた、浩一が正義の味方になる事を望んでいるかもしれない。
葵「…ってなわけで、私達Dチームは全員反対よ。メリット以上にデメリットが多すぎてね」
グレイス「なぜ、なぜわからない…!? この素晴らしさが!」
葵「あんたの理想は否定しないわ。でも、押し付けてくるのは迷惑なの! 私達は自分のやりたい事をする。平和な世界も作る!」
第39話「ジャーニーズ・エンド」に於けるグレイスとの戦闘前会話より。本性をあらわしたグレイスと対峙し、「バジュラの力を使えば、全ての人類が感情を共有できる」と息巻く彼女に対して。グレイスの理想をチームDは全員一致で否定しており、最後に葵が締める形になっている。
「犬は受けた恩は忘れないって言うし、人間よりもある意味純粋なのよ。獣も、バジュラも…」
同上。シナリオエンドデモより。バジュラクイーンと融合したグレイスが倒された後、バジュラ本星にたどり着いた時の台詞。
「フン。あんた、自分だけは間違えないなんて思ってたの? とんだ甘ちゃんね」
第40話「刻の翼」より。「今までの世界が私の支配する世界より正しいのか」と言ってのけたグロリアに対する痛烈なカウンター。
「マグナム走法、見せてあげる!」
エンディングより。剣児や鏡とデッドヒートを繰り広げている際の台詞。
葵役の池澤春菜はミニ四駆作品『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のアニメ版で主人公の星馬豪を演じ、彼の愛車の名が「マグナム」であることを意識したもの。因みに、池澤氏は男性役だけでなく『爆走兄弟レッツ&ゴー!!MAX』では女性レーサーの大神マリナを演じた。

UX[編集]

「だけど、やっぱりそれは自分を騙して生きることだったのよ」
「TVで悲惨なニュースを見るたび、胸の中で何かがざわついて…どこかで誰かが泣いてるのに、自分たちだけ笑ってて…それでいいのかって!」
くらら「だから、命を懸けて戦うんでしょ?」
葵「…! ふふ、そうね。私たちが誰かのためにできることは、この命を張ることだけ…さあ、行きましょう! チームDの復活よ!」
第1部第22話「SUPER NOVA」より。戦いに関する記憶を取り戻した葵は、同じく集まったチームDに心情を吐露。決意を固めて、チームDを復活させる。
「そんなボロボロになるまで戦った子を、誰が笑うっていうのよ」
「超獣…合神ッ!」
同上。加藤機関とザ・ブーム軍の猛攻を受け満身創痍となりながらも戦う意志を捨てなかったエイーダに対して。直前のアスランのイベントに続く、『UX』第1部の非常に燃えるシーンの一端である。
「エイーダを好き勝手してくれた礼は、高くつくわよ…!」
同上。グラサンとのイベント戦闘台詞。エイーダを嬲った悪党に対する怒りを籠めた台詞だが、文字通り受け取ると本当にグラサンにエイーダが変な意味で好き勝手されたようにも受け取れてしまう。
くらら「フェストゥムとなった友達を助けようとするなんて…あの子たち、随分と無茶するわね」
「でも、そういう熱いのも嫌いじゃないわ! こっちも、やってやろうじゃん!」
第2部第29話「燈火-ともしび-」に於ける初戦闘時の戦闘前会話。甲洋フェストゥムに覚醒してもなお、命がけで助けようとした一騎達に対して。
「あなた、ちょっと時代錯誤が過ぎるんじゃないかしら?」
同上。シナリオエンドデモより。「地球人」とは異なる種との対話を望み、受け入れるUXの姿勢を呆れた考えと一蹴したミツヒロに対して。
上の台詞で一騎たちがフェストゥム化した甲洋を体を張って守ろうとした行動を好意的に評価し、彼女もそれに応えるかのように一騎達を守った。
だからこそ、フェストゥムを徹底的にせん滅し、己の考えを異にするUXを「異星人とテロリストの寄せ集め」と嘲笑したミツヒロを「時代錯誤が過ぎる」と容赦ない皮肉を浴びせた。
「感謝しろとは言わないけど、もう少し何かあるんじゃないかしら?」
第2部第38話「防人たち」より。UXに救援しろと言いながらまるで遅れたかのように文句を言うハザードに対して静かに、しかしながら激しい怒りをぶつけた。
というのも、を積んだファミール艦を、それを知らず撃墜しようとしたサコミズ王オウカオーから守ろうとしたを、他でもないその艦に乗っていたハザードの命令で死に追いやったのだから。
しかもハザードは衛の死に罪悪感を感じるどころか、憎々しげに衛を貶めた。
くらら「葵……あれ、どう見ても……」
葵「ストップ! くらら! そういう偏見は良くないと思うの」
対オーラバトラーの特殊戦闘台詞。なにが言いたいのかは文脈と葵の狼狽ぶりからお察しあれ。
「ふざけるんじゃないわよ! アンタのやってることは…!」
第3部第47話「HEAVEN AND EARTH」より。フェストゥムとの対話が終わった直後、を特攻兵器に改造した機体に乗せて特攻する凶行を行い、それを「気に入ってくれたのかね」と嬉々に言いのけたハザードに葵は憤慨した。
「必ず生きて帰るのよ! 全員、無事で!」
第3部第48話「来るべき対話」シナリオデモより。グラハムから「敢えて言おう、死ぬなよ!」と鼓舞された際の台詞。…これだけ見ると普通なのだが、この場面、約1名が既に無事ではない
「正しく生きるなんておこがましいことを言うつもりはないけど…」
「どんな状況だったとしても、真摯に生きようとする命の力…あまりナメないでちょうだい!」
第3部第49話「侵略の終焉」に於けるハザードとの戦闘前会話。全てを手にし、支配しようとすることを思い描くハザードの野望に己の信念で迎え撃つ。
「それはあんたの描いてた結末でしょ! 自分にとって都合のいいだけのね!」
第3部第51話「STRANGE EONS」より。自分の建てた計画が完全に崩壊して、ただうろたえるばかりのナイアに対して。

搭乗機体[編集]

ノヴァイーグル
ダンクーガノヴァへの超獣合神時には、頭部を構成する。
ダンクーガノヴァ
四体のヴァリアブル・ビールト・マシンが超獣合神した姿。葵がメインパイロットを担当。
ダンクーガノヴァ・マックスゴッド
ダンクーガノヴァにR-ダイガンが合神したダンクーガノヴァの最強形態。メインパイロットを担当するのは、葵である。

余談[編集]

  • 劇中で恋人と長続きせず、次々と男を変えた事から、一部ファンから「ビッチ」扱いされている(尤も、これは前述のトラウマが影響していることも考慮しておく)。
  • Zシリーズでは一人称が「あたし」のキャラとして扱われているが、実は原作アニメではほとんど「わたし」と言っており「あたし」という一人称は数回くらいしか使ってない。Zシリーズの場合は彼女の一人称はほとんど「あたし」で統一されているが、これは言わば、Zシリーズオリジナルのキャラ設定である。その他、原作と幾分、キャラの相違がある。原作では多少は強気なものの、普通の女らしい側面を持つ女性で、戦地の子供達に優しい口調で避難を呼びかけるシーンもあるなど、スパロボZで描写されているようほどには激しい性分のキャラではない。