2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

インスマウス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

インスマウス(Innsmouth)とは、『機神咆吼デモンベイン』に登場する都市。

概要[編集]

海沿いの都市。原作では覇道財閥がリゾート計画を進めていた。

その実態は「深きものども」と呼ばれる旧支配者の眷属達の巣窟であり、彼らが運営する秘密宗教団体の本拠地。ブラックロッジと手を組んで旧支配者ダゴンの復活を目論んでいたが、結局は彼らに切り捨てられる羽目に。

元ネタはH・P・ラヴクラフトの著作『インスマウスの影』を始め、クトゥルフ神話絡みの作品でちょくちょく扱われる同名の架空の漁村。原典では寂れた漁村なのだが、『デモンベイン』ではなぜか海水浴場と温泉旅館まであるリゾート地と化している(一応、「観光客を集めることで陽の気を集めこの地を浄化しようという覇道鋼造の計画の一環」という裏設定がある事はある)。訳によっては「インスマス」「インズマス」とも。

関連人物[編集]

ウェスパシアヌス
インスマウスの住民達を利用し、ダゴンの復活を目論んでいた。
ルルイエ異本
ウェスパシアヌスによってダゴン復活に利用される。
アンチクロスが存在しない『機神飛翔デモンベイン』の世界観でもインスマウスの住人達によって利用されていた。
ダゴン
深きものども達が崇拝している旧支配者。原典小説では齢を経た彼らがダゴンに成長するという解釈をとった作品も存在する。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
第26話の舞台。アーカムシティの位置がアメリカ西海岸に変更になったのに合わせてこちらも西海岸に。
概ね原作同様の展開だが、一晩過ごした後に一部メンバーがバイストン・ウェルに旅館諸共転移してしまうという事態に。また、美海が訪れており、瘴気に当てられて自殺未遂を起こすイベントがある。
原作でもそうだったが、海辺のバカンス・旅館でのバカ騒ぎという要因もあって全体的にギャグイベント染みたシナリオが多い。
また、海水浴のシーンではここでしか拝めない水着仕様の顔グラフィックが用意されている。ほとんどのキャラは通常のものから服の襟などが消されている程度ではあるが、完全に描き直されているキャラ頬を赤らめているキャラもいる。