山下サトル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
山下サトル
読み やました サトル
登場作品
声優 沢城みゆき
デザイン 下口智裕(原作漫画版)
平井久司(アニメ版)
初登場SRW スーパーロボット大戦L
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人日本人
ファクター
性別
生年月日 2003年10月26日
年齢 16歳 → 19歳(原作漫画版)
血液型 B型
所属 JUDA
高等学校
学年 1年生
マキナ ハインド・カインド
趣味 ロボットアニメ観賞
プラモ製作
好きな食べ物 野菜全般
嫌いな食べ物
テンプレートを表示

山下サトルは『鉄のラインバレル』の登場人物。

概要[編集]

ハインド・カインドファクター。やや子供っぽいところのある性格で、マキナでの模擬戦の際に相手を挑発するなど人を食ったような言動をよく見せる。反面憧れの先輩である森次玲二に対しては素直な態度を見せることが多く、彼がピンチに陥った時には独断で行動を取ってしまう事もある。

ファクターになった経緯は詳しく語られていないが、当人曰く「石神社長に命を救われた代償にファクターになった」らしい。そのためか乗機であるハインドに対する愛着は強いようで、ハグレマキナにハインドを傷つけられた際には激昂して相手のファクターを殺害してしまった。無論本人もそのことを強く悔やんでおり、暫くハインドに乗って戦うことを避けていた。

敬語で喋る際には語尾に「ッス」を付ける口調と中性的な容姿が特徴。私服、制服(原作漫画版のみ)共に半ズボンである(原作漫画版最終話のエピソードでは長ズボンを履いている)。南の島へバカンスに来た際にはシズナら女性陣の悪ふざけによりビキニの水着を着せられてしまった事もある(しかもかなり似合っており、これを見た浩一は思わず鼻血を噴出した)。

上記の通り元々中性的なキャラクターとして描かれているが、アニメにおいては女性である沢城氏(少年役も多く演じている声優だが)が演じていたり、メインキャラで一人だけ入浴シーンがなかったり、野球拳の際も一人だけ全裸にさせられてなかったり、学校のシーンでも制服ではなくジャージだったりと、性別を特定させる描写が徹底的に排除されている。挙句の果てに、浩一の「俺の女に何してんだコラァ!」の爆弾発言の際に、衝撃を受けた表情をする女性陣のカットインにも入っている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦L
初登場作品。第1話から使用可能で、一鷹の特訓相手にもなるなどで出番は多い。
スーパーロボット大戦UX
ボイス付きになった事に伴い、沢城みゆき氏はこれが版権スパロボ初参加となる。
今作においても参戦は早く、愛機であるハインドの優秀さもあって最初から最後まで活躍してくれる。
原作に比べると未熟さや精神的な不安定さを見せる場面が少なく、ハグレマキナに止めを刺したのも彼ではなく森次になっている。原作での見せ場だった衛星兵器破壊作戦に他の機体が参加しているということもあり、ストーリーの中心になる場面はあまり多くない。
その代わりか会話シーンでの出番は割と多く、扱いそのものは悪くない。三国志好きという設定が披露され『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』の面々と絡む場面が多い他、『ソレスタルビーイング』の映画を観ていた事から刹那達に憧れていたり、今作には参戦していないロボットアニメのネタを持ち出したりとオタク趣味なところをちょくちょく見せている。
また、例の水着シーンもインスマウスの回にて披露された。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

ハインドに乗るだけあって防御が高いのはいいのだが、Lでは射撃主体の機体なのに格闘寄り。あくまで主武装はバレットアーム、ということだろうか。実際、バレットアームも優秀なので決して無駄ではない。

UXでは格闘と射撃がほぼ同値(射撃の方が1高い)になった。防御の高さは変わらず。

精神コマンド[編集]

L
偵察必中不屈狙撃熱血
後方支援を体現するようなラインナップ。偵察+リフレクターコアの組み合わせから逃げられる敵はいない。
UX
偵察不屈必中狙撃熱血
ラインナップはLと同じで、不屈と必中を覚える順番だけ入れ替わった形。

特殊スキル[編集]

L
ファクター底力L5、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL1
UX
ファクター底力L5、援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L1
これといって特筆すべきもののない構成。全体として伸びはあまりよくないので物足りないと思ったらスキルパーツで補強しよう。
ハインドの鈍足ぶりをカバーできるダッシュヒット&アウェイあたりが鉄板。Lに比べると前線に出て戦うことが多くなったので防御面を強化できるガードもいい。バレットアーム一本に絞って運用する場合ボス戦での火力がやや心許なくなるので、インファイトで補うのも手。

人間関係[編集]

森次玲二
先輩であり憧れの対象。アニメ版では次回予告でストーカー宣言までしてしまう。
早瀬浩一
友人の様な存在。当初は彼に同い年以下だと思われていたので呼び捨てにされていたが、歳を知った直後から「クン」付けされるようになる。
九条美海
同僚。アニメ版では彼女とコンビを組む事が多い。
遠藤シズナ遠藤イズナ
同僚。前述の通りシズナの悪ふざけでビキニを着せられた事も。
石神邦生
ファクターとなったきっかけを与えた人物であり、彼に恩を返すために戦っている。
レイチェル・キャルヴィン
森次を巡るライバル(?)。
五十嵐忍
特自の隊長。山下に自機を破壊されてから、何かと縁がある。
マイケル・マッケイガン
米軍の大尉。衛星兵器破壊作戦時に協力し、山下に「力の使い方」を語る。SRW未登場。
大場真来梓
原作ではこちらが森次を巡るライバル(?)に。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

三璃紗の面々
UX』では山下は三国志ファンという設定の為、その三国志の世界そのものから現れたような彼らの登場に度々歓喜する。

マクロスシリーズ[編集]

早乙女アルト
L』第11話シナリオエンドデモにて彼に声を掛けられた際にとても驚いていた(森次もアルトも声優が中村悠一氏なので)。

スーパー系[編集]

碇シンジ
『L』では彼の事も後輩として面倒を見ている。
ケイン
『L』では加藤機関や森次の目的が分からず、苦悩する山下に対して助言する。

バンプレストオリジナル[編集]

南雲一鷹
『L』では模擬戦の練習相手になるなどの面倒を見ている。

名台詞[編集]

原作漫画版[編集]

「ウザイ…」
「あ~~ウザイウザイウザイウザイウザイ もうさっさとやろうよ」
「だからぁ、そういうのがウザイんだって」
第4話「それぞれの決断」より。JUDAでの実戦演習の直前、号令を行っている特自隊員たちに痺れを切らして。思い切り人を小馬鹿にした態度に相手は怒り出し、本気で攻撃を仕掛けてくるが……
「そうだよ! ファクターの存在意義はまさにそれだからね」
「マキナにとってボク達は 人殺しの因子(ファクター)なんだよ」
その後相手の機体をハインド一機で完膚なきまでに破壊し尽くし、隊長である五十嵐に「この人殺しが」と罵られて。しかし本当に殺す気があったわけではなく、滅茶苦茶に機体が破壊されたにも関わらずパイロット達は全員無事だった。この頃の彼の性格のひねくれぶりと、ファクターの能力がいかに人間離れしているかがよくわかる一幕である。
「……てめェ いい加減にしろよ!!」
第6話「憤る因子」より。ハグレマキナとの戦いの最中にハインドの片腕を落とされ激昂して。直後彼は冷静さを欠いたままバレットアームを射出し、ファクターごとハグレマキナのコックピットを破壊してしまった。不可抗力とはいえ人を殺してしまったという事実は、しばらく彼の心に暗い影を落とす事になる。

アニメ版[編集]

「おいでハインド!」
ハインド・カインド召喚時の叫び。浩一の「来い、ラインバレル!」の山下バージョン。
「ほ、本当に似合ってるぅ?」
♯12「南海より愛をこめて」より。無理矢理ビキニの水着を着せられ、浩一達の前に連れてこられた時の台詞。妙に色っぽい声なのが特徴的。
「森次さん…正義を守ろうって、一緒に戦おうって、そう言ってくれたじゃないですか…あれは嘘だったんスか…」
「仲間をだまして、傷つけて、それが森次さんのやりたいことだったんスか!こんなのが森次さんの正義なんスか!?」
「答えろよ……森次玲二!!」
ハインド・カインド対ヴァーダント時より。信頼と憧れを抱いていた森次への感情を爆発させる。
「命を力に…か。本当にヒーローみたいでカッコいいッスね!」
「もっと…もっとだよハインド…!」
♯24「鋼鉄の華」より。ファイナルフェイズ発動時の台詞。後者の台詞は『L』でも再現された。文面は落ち着いているが、実際の台詞は沢城氏の熱演によって「もっとぉ!もっとだよハインドォオオオオオッ!!」と雄々しいものとなっていた。
「一人で勝手にリタイヤなんて、許さないっスよ! 森次さん! 死んで責任取るなんて…そんなの社長が喜ぶわけないじゃないスか!!」
同上。世界を救うとはいえ、今まで犯した罪を償うために大気圏で自決しようとする森次を救出して。この言葉で森次は生きて償うことを決心した。

迷台詞[編集]

「森次さんってどうしてあんなにカッコいいんだろうなぁ」
「どこにその秘密があるか知りたくて、こないだ部屋にこっそり潜入しようとしたんだけど、社員寮の警報装置が鳴り出して大騒ぎになっちゃって…」
アニメ版9話予告にて、森次に憧れるあまり何とストーカー行為に走った事を告白する。これを聞いてドン引きした城崎に「あなた…最低です…」と言われてしまった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「いや、確実に反応はそこからっス。上手く隠したつもりだろうけど…さあ、姿を現せ!」
L』最終話「希望の光」より。ガルトデウスの補助兵器コアフォートレスを発見する際の台詞。アトロスが仲間にいると発生しない。
「はは…劉備に曹操に、赤壁っスか。まんま三国志っスね…」
UX』最初の分岐シナリオより。前回の戦闘で保護した孫権と尚香が、三璃紗という異世界から来たことで、その三璃紗が自分たちが知っている三国志の歴史にまんまそっくりなことに苦笑い。
「リョ、リョフだってェ!?」
「呂布奉先といえば、三国志の最強武将じゃないっスか!」
『UX』の地上ルート第7話「正義の代償」より。加藤機関と共に現れた孫権たちと同じ三璃紗の人間の一人が、呂布であることの驚き。
「リュウビに、カンウとチョウヒって…ついに三国志の、主人公御一行様が登場っスか…」
『UX』第9話「Death caprice」シナリオエンドデモより。八稜郭にて劉備たち桃園三兄弟と出会って。
この台詞から、山下にとっても三国志は『三国志演義』のイメージが特に強いことが伺える。
「!? その羽扇…その落ち着いた物腰は、まさか…!」
上記の場面の直後、劉備たちに続いて現れた一人の侠を前に、山下はすぐにその正体を察し、『三国志演義』に伝わる伝説の天才軍師の登場に、彼の興奮は一気に頂点に。
ある意味三国志ファンのプレイヤーの心境そのものを代弁した台詞とも言える。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

「な、なんだってェ!?」
UX』第17話日本ルート「とけゆく時間」より。宗美が70過ぎの年齢と知った時の台詞。
「いいんじゃないスか? 広登がゴウバインZで、衛がグレートゴウバイン、みたいな」
『UX』第3部第41話「再来-みさお-」に於ける衛生存時の追加場面より。どっちかがマークフュンフに乗るかの相談にて。
元ネタは今作では参戦しなかったスーパーロボットマジンガーZグレートマジンガー

搭乗機体[編集]

ハインド・カインド
本機のファクター。漫画版では下半身を大型のキャタピラに換装したハインドタンク(仮)が存在する。