ファミール艦

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ファミール艦
外国語表記 Famir Warship
登場作品 忍者戦士飛影
分類 宇宙航行用艦
所属 火星開拓基地
主な搭乗員 ハザード・パシャ
ドッグ・タック
テンプレートを表示

概要[編集]

ハザード・パシャ長官が所持している宇宙航行用艦。原作ではバンクスを格納庫に並べて収納していた。

零影に仕掛けた起爆装置で飛影諸共大ダメージを負わせ、好機とばかりに襲撃をかけるも、飛影の投擲した刀の一撃でファミール艦のモニターが全壊してしまう。最後は空魔の突撃によってハザード諸共撃墜された。

登場作品と操縦者[編集]

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦IMPACT
原作同様、ハザードが搭乗。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
飛影』における版権ボスユニット。第38話「防人たち」にてHPEN10%の状態(…といっても、HP25000もある)で第三軍NPCとして登場する。しかも、そのユニット自体は移動する事ができず、また核ミサイルを搭載している故に、プレイヤー部隊であるUXはそれを守らなければならない。
だが、その時点ではかなりの高水準な装甲底力のおかげで、一般兵の攻撃は10ダメージに押さえてしまうので、あまり焦る必要は無い…のだが、普通に反撃で一般兵が相手ならば撃墜していくので、稼ぎたいならば結局守る必要がある。また、名有りユニットの攻撃を受けると流石に厳しいので、要注意。
第49話「侵略の終焉」にて、ようやく直接対決となる。機体のスペックは版権作ラスボスクラスである。搭乗者のハザードもまた、高いレベル底力全体攻撃持ちなので妙にしぶとい。攻撃力は確かに強いが、その一方でEN回復が無い上に全武装がビーム属性なので、グラン・ネイドル相手には全くの無力となる。また、射程ギリギリに補給役を張り付けてタイマンに持ち込めば、無傷で落とす事も可能。直接戦闘時には原作キャラクター以外にも多くのキャラクターとの戦闘前会話が用意されている。
戦闘時(特に被弾時)におけるハザードの台詞は、原作以上に極悪非道ぶりを発揮する本作の彼とは違い、原作における「小悪党だがどこか愛嬌も感じさせる」ハザードの人物像に近い。更に副官のドッグとのコミカルな掛け合いも有るので、じっくりと聴いてみるのも一興(?)だろう。
なお、本作ではハザードの座乗艦以外にも多くの同型艦が登場している(MAP上のユニットアイコンのみ)。「蒼穹作戦」時にカティがUXの援護に駆け付けた際にも座乗しており、バジュラ本星での決戦ではショットが座乗しているファミール艦が登場する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

対空ビーム砲
機体各部から全方位に発射される迎撃武器。
ミサイルランチャー
IMPACT』で使用。
主砲
機体両サイドに装備されたビーム砲。
UX』では、MAP兵器版も存在。
主砲(突撃)
飛行しながら上記の主砲を拡散モードで連射する。

特殊能力[編集]

オールキャンセラー

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

2L(LL)

対決[編集]

空魔
突撃によって撃墜された。