ティベリウス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ティベリウス
外国語表記 Tiberius
登場作品 機神咆吼デモンベイン
声優 矢尾一樹
デザイン Niθ(原案)
橋本秀樹
桜井正明
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(ゾンビ)
性別
所属 ブラックロッジ
役職 幹部
資格 魔術師
契約魔導書 妖蛆の秘密
テンプレートを表示

ティベリウスは『機神咆吼デモンベイン』の登場人物。

概要[編集]

ブラックロッジの幹部「アンチクロス」の一人であり、魔導書「妖蛆の秘密」を所有する魔術師

道化師のような姿をしており、オネエ言葉で話す。しかしその本質は弱者を嬲り殺す趣向を持った生粋のサディストであり、外道の集まりと言えるアンチクロスの中でも特に質の悪い人物。

『喜』『怒』『哀』を表す三種類の仮面を持っており、普段は『喜』の仮面を装着しているが、場面ごとに三種類をそれぞれ使い分けることで感情を表している。

実は既に死んでおり、その体も激しく腐敗している。「妖蛆の秘密」の力によって不死の力を得ており、全身を細切れにされようが焼き尽されようが瞬く間に再生してしまう。が、魔導書の作用によるものなのか、生前の姿へ再生することは不可能(全身を再生する際に一瞬だけ生前の姿に戻りかけるが、完全に再生しようとした瞬間から急激に腐敗が始まる)。

基本的には鉤爪で敵を叩き潰す戦法を好んでいるが、死者や怨霊を操る魔術も得意とし、殺せば殺すだけその怨霊を吸収することが出来る。その他にも不意打ちの手段として自らの内臓を相手に巻きつけたり、骨を射出して突き刺すことが可能。

凄まじいしぶとさ発揮した彼だったが、それ故にシャイニング・トラペゾヘドロンを最初に受けることになり、異世界へと放逐されることとなった。

なお、常に隠し持っている魔導書を消滅させられると不死の能力が失われて死に至るという弱点もあり、アルルート以外では主にこちらの方法で倒されている。

アニメ版では音声に独特のエフェクトが掛かっている。

名前の由来は古代ローマ帝国2代目皇帝「ティベリウス」から。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。原作通り「THE INVADERS」で初登場。レムリア・インパクト初お披露目の相手となる。好色なオカマというキャラ付け故か、今作においてはジョーイエイサップなどの美少年キャラに対して色々とアブない台詞を吐く場面が多い。
ちなみに交戦機会は1回だけではあるものの、乗機のベルゼビュートにはオールキャンセラーがなく自身も精神耐性を持たないため普通にナーブクラックが効いてしまう。そのため「禁忌に触れまくってる割にはメンタルが弱い」「イズナはどんな恐ろしい幻覚を見せているんだ」等とプレイヤーから突っ込まれることも。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

射撃と防御が高く命中と回避が低い典型的スーパー系。素の能力値は大したことがないのだが魔術師スキルで底上げされるためそこそこの水準になる。が、どちらかといえばベルゼビュートの特殊効果武器が問題。

特殊スキル[編集]

UX
魔術師魔導書底力援護攻撃全体攻撃
魔術師・魔道書スキルを除けばそんなに特殊なものは持っていない。高耐久かつHP回復持ちの機体に乗っているので底力で食いしばり、回復で持ち直すのを繰り返して長々と場に居座ろうとしてくる。
が、前述の通り精神耐性なりの特殊効果武器に対する耐性は皆無。こちらも搦め手で挑めばそんなに怖くはなくなる。

人間関係[編集]

大十字九郎
ブラックロッジ全体の敵。アンチクロスの中で一番最初に彼と刃を交えている。
覇道瑠璃
彼女を狙うが、途中で九郎によって阻まれる。終盤では彼女を人質にする卑怯な手段を使う。
マスターテリオン
所属する組織のトップ。
ただ、忠誠や上下関係意識はあくまで『力量差で下についていた』程度の安いものであり、アンチクロス6人がかりのクーデターで彼を陥れた際は「大導師ちゃん」と、敬意ゼロの呼び方で嘲り笑っていた。
エセルドレーダ
瑠璃ルートにおいて、レムリア・インパクトにより肉体を消滅させられ、唯一無事だった魔導書を利用して再生しようとしていたところを彼女の手により始末される。
ティトゥス
アンチクロスの同志。共に覇道邸を襲撃する。漫画版では彼の敗北後、デモンベインを背後から襲いかかろうとするが、それを善しとしない彼の一撃により魔導書ごと体を貫かれ、彼への怨嗟を叫びながら死んでいく。
アウグストゥスカリグラクラウディウスウェスパシアヌス
アンチクロスの同志。
サンダルフォン
ライカルートではメタトロンに執着する彼を裏切り攻撃を加えるが、それが仇となり、最期は彼の手により命乞いも虚しく魔導書を燃やされ朽ち果ててしまう。SRW未登場。
ネス、ストーン
地下シェルター襲撃の際、教会の孤児らを嬲ろうとした時に彼らの巧みな連携によって足止めを食らわされる。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

飛鷹葵ジョニー・バーネット
UX』ではどこかで聞いたような声の持ち主だが、言ってることは大分分かりやすいと評される。勿論悪い意味でだが。特殊戦闘台詞も存在し、ティベリウスへの不快感や怒りを露わにしている。
ジョセフ・カーター・ジョーンズ
『UX』では彼を気に入ったのか、戦闘前会話では色々と危険な台詞をのたまう。
スクラッグ兵士キメラ
『UX』では自身の能力により、屍骸を手駒として操る。

リアル系[編集]

エイサップ・鈴木エレボス
『UX』では戦闘前会話にて、彼らに対しても危険な台詞をのたまう。
曹操ガンダム
『UX』では初戦時にクトゥグアのプラズマ球でUXの面々に攻撃を加えようとした矢先、颯爽と登場した彼の大紅蓮斬の一閃にプラズマ球ごと機体を切り裂かれる。以降はそのことを根に持ち、第2部で対峙した際には恨み節をぶつける。
まったくの余談であるが、ティベリウスを演じる矢尾氏はアニメ版『横山光輝 三国志』にて、曹操に敗北して最期を遂げる呂布を演じている。

名台詞[編集]

「……おほほほほほっ、おーほっほっほっほっほっほっ!」
「どう! これがアタシの! ベルゼビュートの力よ!」
「所詮、紛い物のアンタに勝ち目なんてハナっからなかったのよん!」
「愉快よ。実に愉快よ……さあ、この気分の良さを瑠璃お嬢様にもお裾分けしてあげないとねん……」
魔導書であるアルが不在、その代替システムであるエルザも先ほどの攻撃で人事不省――大破した上に動けなくなったデモンベイン、そして負傷してしまった九郎に追い打ちをかけるように怨霊呪弾をブチ込んだ。
「魔を断つ剣」に今度こそ止めを刺したと確信し、ティベリウスは勝利の悦に至りながら哄笑した。デモンベインごと九郎が跡形もなく消し去られた事で絶望しているであろう瑠璃に舌をなめずりまわすが……。
「何故ぇぇぇぇぇぇぇぇ!? 何故なのぉぉぉぉぉ!? 何で、なぁぁぁぁぁんで、アンタがここにいるのよっっっっ!?」
ベルゼビュートの攻撃で吹き飛んだはずのデモンベインがこの場にいないはずのアル・アジフの結界によって防がれだ事を知るや否や、一転して驚愕してしまう。さらに…
「こ、こ、こ、こ、こん餓鬼ァァァァ! 人様、無視して勝手に盛り上がってんじゃねぇぇぇぇぇわよッッッッ!」
デモンベインが自己修復機能を獲得したという想定外の出来事、そして自分をそっちのけで痴話喧嘩している九郎とアルの光景にティベリウスは完全にブチ切れ、迷彩兵器「スターヴァンパイア」を放つ。
「何よ!? 何なのよアンタたち! 来るなァァァ! アタシに……アタシに近寄るなあああぁぁぁぁぁああ!」
「ひぃぃぃぃぃぃいぃぃ! ひいいいいいいいいいいッ!」
デモンベインが未知なる道具―――「捻じ曲がった神柱」を手に掲げた時、ティベリウスは半狂乱しながら叫ぶ。
第零封神昇華呪法「シャイニング・トラペゾヘドロン」に触れたベルゼビュートを―――構成する蝿の群れを飲み込み、やがて……
「や、やめてっ! ど、どこへ連れて行くつもり!? い、いやあぁ!」
「いやああああああああああ! そこはいやよおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」
「お願いお願いよおおおおおおお!……殺してぇぇぇぇぇ! 殺してお願いぃぃぃぃいいいいいいいいいいいい!」
「ひゃああああああああああああああああああああ!」
アルルートでの断末魔。ティベリウスはベルゼビュートごと「邪神が封じられた宇宙」へと放逐され、彼はその光景に絶叫しながら消えていった。
追い討ちとばかりに、九郎は異界へと放逐されていくティベリウスに対し、静かな怒りに満ちた痛烈な一言を吐き捨てるのであった。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「そっちの坊や、カワイイ顔してるじゃない。アタシのオモチャにしようかしら~」
UX』第1部第15話「THE INVADERS」に於けるヒーローマンとの戦闘前会話。どうやらジョーイを気に入ったみたいが、発言した当人が当人だけにいろんな意味でジョーイが危ない
「可愛い顔してるわね~。前から貴方は気になってたのよね。私の悪霊に加えてあげてもいいわよん」
『UX』第2部第32話「BIG"C"」に於けるエイサップとの戦闘前会話。
「食べちゃいたいくらいかわいい子ねえ…せっかくだから、きれいな操り人形にしてあ・げ・る! ぶっ殺した後にねえ!」
『UX』第3部第42話「リザレクション」に於けるヒーローマンとの戦闘前会話。ティベリウスに目につけられているあたり、ジョーイの災難も絶えまい…。
「ハーフっていいわね~ん。混じりあったあなたのその魂、身体ごと半分こにしてあげるっ!」
同上。エイサップとの戦闘前会話。
「あぁ~ん、あなたの野性味あふれる感じ、嫌いじゃないわぁ~ん!」
『UX』でのジョウや海動に対する特殊戦闘台詞
憎しみは憎しみを呼ぶ、ですって? わかってるわよぅ♪ それがいいの☆」
『UX』でのヒーローマンや浩一、劉備など、正義を信条とするキャラに対する特殊台詞。台詞が同じ声あの人を彷彿させてしまう…。
「上等よ、やってやろうじゃない!」
中ダメージ時の台詞。中の人の定番の声優ネタ。

搭乗機体[編集]

ベルゼビュート
魔導書「妖蛆の秘密」を用いて召喚する鬼械神

余談[編集]

  • 自らの内臓で拘束する行為は、ニトロプラスが後に発売したゲーム『沙耶の歌』でヒロインである沙耶もやっている。
    ちなみに、デモンベイン公式サイトの小説ではアル・アジフが彼女の同類であろう生物と戦ったことがある。
    • さらに『装甲悪鬼村正』では、「内臓で敵の動きを封じる」「骨を露出させて攻撃する」「即死級の傷から復活」というティベリウスと同様の技を複数披露したヒロインも存在している。
    • 以上からデモンベインのヒロインはティベリウスとネタにされることがある。「触手プレイはいまどき流行らねぇ」と言った九郎が不憫である。ニトロプラスの作品には触手より銃火器や刀剣やらが多いのは事実なのだが。