エイサップ・鈴木

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
エイサップ・鈴木
外国語表記 Asap Suzuki
登場作品 リーンの翼
声優 福山潤
種族 地球人(日本人とアメリカ人のハーフ)
性別
年齢 19歳
出身 日本東京都東村山市
所属 民間人ホウジョウ軍
称号 聖戦士
資格 リーンの翼
デザイン okama(原案)
工藤昌史(アニメ用デザイン)
テンプレートを表示

概要[編集]

リーンの翼』の主人公

日本・山口県在住の大学浪人中のフリーター。

友人である矢藩朗利金本平次がアメリカ軍の基地へテロを起こしに行った事で、バイストン・ウェルから召喚されたオーラシップと遭遇。自身もバイストン・ウェルへと召喚され聖戦士となる。

リュクス・サコミズと共にシンジロウ・サコミズ説得を試みるが捕らえられ、騙されるような形で反乱軍を虐殺する作戦に加担させられてしまう。事態を知ったエイサップは、フガクへ戻り親殺しを試みるリュクスを静止。その際にサコミズに対して投げかけた言葉がきっかけとなって、リーンの翼に過去の日本の姿を見せられることとなる。

地上へ戻った後は東京で暴れまわるサコミズやホウジョウ軍を止めようと試みるも、パブッシュ艦隊による謀略に振り回されている間にオウカオーはハイパー化し、朗利達が核による東京攻撃を行おうとする。サコミズを説得したエイサップは東京を守るべく起動した核ミサイルを抱えて高空へと飛び上がるが、改心したサコミズが核を奪い代わりに東京を守ったことで生き残ることができた。

主人公ではあるのだが、急転を続ける事態に振り回され続けた上、結果的にサコミズの方が主人公のエイサップよりも目立ってしまっているためファンからは不遇なキャラとして扱われることが多い。一応、漫画版ではリュクス共々出番が増えている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。原作では途中までその場の状況に流され続けていたが、一度地上に戻ったことや直後のアメリカルートでショウと出会ったことで早期から自分の意志で戦うことを決意、原作とは違い明確に反乱軍に味方する。戦闘台詞などを見る限り原作に比べると明らかに熱血気味なキャラになっていてストーリー面でも『聖戦士ダンバイン』のショウ・ザマを尊敬するなどのクロスオーバーも相俟って印象に残るキャラに変化しており、彼もまたスパロボ補正が働いた主人公キャラと言える。
能力的には元が一般人なので技量は並み程度で格闘と回避に優れる。精神コマンドも魂を習得せず熱血止まりなので最大火力面ではサコミズに一歩譲る。とはいえ比較的序盤から自軍にいるために長期間育成できる。よってスキルパーツなどでいくらでもフォローは可能。ナナジン及びアッカナナジンがEN回復を持っているためEセーブを習得させれば継戦能力も大幅に上がる。
一方、朗利達はエイサップの知らないうちにホウジョウ軍へ参加するため原作以上に険悪な関係となっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
今作ではUXと異なり、ショウ達とは絡まない反面、朗利と金本の非道に怒りつつも説得するシーンが描かれてある。

ACEシリーズ[編集]

Another Century's Episode 2
OVA本編に先駆けてサプライズ参戦。
Another Century's Episode 3 THE FINAL
2から続投。今回はストーリーあり。

パイロットステータスの傾向[編集]

元が民間人であるためか技量は並。格闘回避に優れる攻撃型で、ナナジンとの相性は最高。

精神コマンド[編集]

UX
集中順応直感気合熱血
本作のオーラバトラーの短所の一つであるBを「順応」でカバーできる。合体攻撃が強力だが、相方のサコミズが「」持ちのため火力では負ける。

特殊技能(特殊スキル)[編集]

UX
オーラ力L8、聖戦士援護攻撃L1、援護防御L1、全体攻撃L1
サコミズショウという歴戦の聖戦士がいるせいか、オーラ力Lは8まで。
搭乗機であるナナジンの武器が格闘属性のみなのでインファイトなどを習得させれば効率よく攻撃力アップが見込める。闘争心を習得させ気力をアップさせるのもよい。

人間関係[編集]

鈴木敏子
母親。
アレックス・ゴレム
父親。アメリカ軍・岩国基地の司令。だが、不貞の子ゆえに長く認知していなかった。
矢藩朗利金本平次
ルームメイトである友人たち。物語の発端を作った。
リュクス・サコミズ
彼女との出会いが聖戦士となるきっかけとなる。
シンジロウ・サコミズ
ホウジョウの王。自分の跡を告げと誘われるが、拒否し、彼と戦う道を選ぶ事に。
エレボス
ワーラーカーレーンで出会ったミ・フェラリオ。それ以降、行動を共にする。
ジャコバ・アオン
バイストン・ウェルのフェラリオを統べるエ・フェラリオ。彼女からは「聖戦士のなり損ない」と揶揄されるが、その際の反論で自己を確立する。
アマルガン・ルドル
原作ではあまり絡んでいないが、UXにおいては彼らと共闘してホウジョウ軍と戦う道をはっきりと選ぶ。

他作品との人間関係[編集]

聖戦士ダンバイン[編集]

ショウ・ザマ
UXでは聖戦士の先輩であり、彼から助言を送られる場面も多く、深く関わっていく。
マーベル・フローズン
UXではショウと同じく聖戦士の先輩。
チャム・ファウ
サコミズたちの住まうバイストン・ウェルとは別のバイストン・ウェル出身のフェラリオ。UXではエイサップをショウと重ねて、何度か行動を共にする。
ショット・ウェポン
UXではナナジンを見事に使いこなすエイサップに感嘆し、その実力をショウと重ねる。

スーパー系[編集]

館華くらら
UX序盤に朗利と金本が起こしたテロの重要参考人として逮捕されかける。第一部終盤ではJUDAに潜入していたくららに「前に取調べに来た刑事ではないのか」と指摘したが、はぐらかされた。
ニコラス・デ・カルロ
UXではスクラッグに改造されて力に溺れる彼を朗利や金本と重ねてか、説得を試みる。
ティベリウス
UXでは彼に目をつけられている。
加藤久嵩
UXではEDにて共にサコミズの墓参りに訪れる。ちなみに、中の人が同じである。

ガンダムシリーズ[編集]

曹操ガンダム
UXでは第1部後半のスクラッグとの決戦では共に部隊の先陣を切るなど、共闘する機会も多い。
シャア・アズナブル
ACE3では結果的に彼のせいでサコミズが死んだこともあり、敵視している。
ヒイロ・ユイ
CCではオーラロードで地上に飛ばされた際に彼に拾われ、行動していた。

名台詞[編集]

OVA版[編集]

「お前は、膝で俺を殴ったんだぞ!」
リュクスに(故意ではないが)ヒザで蹴られた際の直後の台詞。ヒザなのに「蹴った」ではなく「殴った」という、富野節の言い回しである。
エイサップ役の福山氏は自身のブログで、この台詞を忘れられない台詞の一つとして挙げている。
海楽「お、お前らぁ! どこから来たんだよ!?」
エイサップ「う、上からでしょ?」
海楽「そういうことじゃない! どこから来たかって聞いてるんだ!」
エイサップ「見てたでしょ!」
海楽「そうじゃねぇよ!」
リーンの翼をリュクスと共に発動させ、航空機に乗り込んだ直後の掛け合い。一件話が食い違っているだけのようでいて実は互いに自分のことしか話していないという実に富野節満開のやりとりだが、これはまだキャッチボールが成立しているので結構マシな部類に入る。酷い時はドッジボール、或いはデッドボールになる。
「婿? 婿って何よ?!」
サコミズに「ホウジョウの城の婿殿にならんか」と言われて。
「親殺しは悪をなす者がすることだ!」
ジャコバによって親殺しをけしかけられたリュクスを制止した際の台詞。
「僕は、摩訶不思議なものに選べれるような男じゃない!」
「僕はどこにいようと、エイサップ・鈴木だ!」
聖戦士のなりそこない」とジャコバに揶揄されたエイサップの反論。状況に流されるままだった自分と決別し、改めて自己を確立した。
UXではこの場面はアレンジされており、味方の機体がジャコバによって動きが封じられた中、間一髪エイサップがリュクスを制止することができた。そしてこの言葉(台詞自体もDVEで再現されている)と共に急激に高まったエイサップのオーラ力にナナジンが応え進化する、という熱いイベントとなっている。原作ではナナジンのキャノピーから降りながら発言していたので、印象に残りづらいシーンだったがゲーム中では前述のとおりのアレンジがされた。
「よ、よせぇっ! 落ちるなぁっ!!」
「リトル・ボーイは駄目だぁぁぁぁ!!」
リーンの翼の導きによってサコミズと共にオーラロードを彷徨う中、翼が見せた太平洋戦争の情景を見て。この時彼らが見ていたのは8月6日の広島……そう、史上初めて原子爆弾が使用されたあの日である。
「力とは、未来を築くために振るうものだ!」
エイサップ「エレボス! ワーラーカーレーンへ帰るぞ!」
エレボス「お婆様んとこ…!」
朗利の投下した水爆を抱えナナジンを急上昇をさせた場面での台詞。死を覚悟し水爆の被害を防ごうとするエイサップだが…
「リュクス…リュクス…」
「リュクスーーーー!!」
後述の漫画版と違いこちらは消えていったリュクスの姿を探しながら、手を広げ空に向かってに叫ぶシーンで物語は締められている。
漫画版はコンテに忠実に描くという前提があるのでOVA版では急遽こちらに変更されたのだろう。
なんとも寂しげな余韻が残るエンディングである。

漫画版[編集]

「闇討ち騙し討ちしか出来ないお前達に、本当のオーラ力が宿ると思っているのか――ッ!!」
あまりに卑劣な「王の奸計」により虐殺される反乱軍を目の当たりにし、エイサップが怒りを爆発させる。戦艦から放たれた火球弾を両断するシーンが漫画版ではここに統合され、更に返す刀でカスミライデンを瞬殺した。
CCではアレンジされた形で採用された。
「親殺し子殺しは悪を為す者がすることだ!」
漫画版ではこちら。リュクスだけではなく、サコミズに対しても叫びを上げる。この後リュクスに対しては頬を張って説得し、サコミズには次の台詞を投げかける。
「サコミズ王 リーンの翼は娘に刃を向けるようなあなたを認めるのですか?」
「この燃えさかっている国はあなたの国ではなかったのですか!!」
「大局」を理由に虐殺を正当化するサコミズに返した正論。サコミズは言い淀みながらも反論を試みるが、リーンの翼の沓はエイサップを求めたかのごとく脱げてしまう。
「サコミズ王!! あなたは広島・長崎の次に落とされるはずの原爆を止めたんでしょう!」
「それが何故…」
サコミズ「黙れ」
サコミズ「戦争を知らぬお前たちに 力を持つことの意味の何が判るッ!!!」
「判りません!でも」
「あなた達の国防への純潔の想いの先が娘の声も聞き取れないものに成り果ててはいけない!」
「例え戦争の行く末の袋小路が人間性を失ってしまうものだったとしても!」
朗利のシンデンを捕獲し、核を奪おうとするサコミズとの問答。最後の叫びとともにハイパー化したオウカオーの左腕を切り落とす、アッカナナジン最大の見せ場である。
「僕たちは知らなければならないのかもしれない」
「本当の愚かさと本当に尊いもの…」
「そして…
 愛する人を守り続ける本当の意味を……」
漫画版におけるエンディング。
舞い散るように消えていくリュクスの姿に、涙を堪えながらエイサップは歩いて行く……
UXのEDではこの台詞が採用されている。

小説版[編集]

(金本も在日だといっていた……だからおれとおなじで、ロウリィがなにをしていようがシンパシーを感じてしまう……これは弱点なんだ……本当は、友達は選ばなければならないのにさ……)
まったくである。
「面倒くさく考えるんだよなぁ……オタクはさ……」
朗利のメモを見て。ある意味で小説版での朗利の本質をついた台詞とも言える。
エレボス「可愛くないのか?」
「可愛いけど、自分からそういわないほうがもっと可愛い」
エレボス「わからん話だ」
エレボスが自分を「可愛いフェラリオ」と言ったのを受けて。
「お前は、ここにいてくれると言ってくれたんだろう!いっしょのお墓にはいってくれるって、言ってくれたんだろう!」
小説版におけるエンディング。

迷台詞[編集]

「重いんだけど」
第2話にてホウジョウの王の城からリュクスと脱出した際の台詞。サコミズが一緒にいたら打ち首だったであろう。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

戦闘台詞[編集]

「本気で斬るぞ! うおおおおっ! 本気だって言っただろうがあぁぁっ!」
UXにて、ナナジンおよびアッカナナジンのハイパーオーラフレイムソード使用時の台詞。
台詞回しからほとばしる富野節の再現度と担当声優である福山潤氏の熱演により、原作以上に熱血したエイサップを見ることが出来る。
「とどめだぁぁぁっ!!」
ハイパーオーラフレイムソードのトドメ演出時の台詞がこれ。福山氏の見事なシャウトに人によってはエイサップが原作とは別人のように映ることだろう。
「ここは! あなたが命をかけて守った国なんですよ!!」
UX第40話「桜花嵐」でのサコミズとの戦闘台詞。己の故国に刃を向ける往年の聖戦士を前に、名もなき赤の神を駆る若き聖戦士は叫ぶ。あなたが守ってくれた未来なのだ、と。

シナリオデモ[編集]

携帯機シリーズ[編集]

「しゃべった!? ロボットが生きているのか!?」
『UX』第1部第12話「ホウジョウの王」より。ホウジョウ軍によって捕らわれた孫尚香陸遜を見ての驚き。このことで、サコミズは日本人は今の姿に変わっていないことに安心した。
「けど、あの人には…あのショウって人のオーラ力からは、研ぎ澄まされた意志を感じた!」
「だから、もう一度…あの人のオーラ力に触れれば、俺の迷いも…」
『UX』第1部第16話アメリカルート「アライブ」より。ショウオーラ力に触れることで自らの戦う理由を確立しようとする。もう一人の聖戦士との出会いは、エイサップが本当の意味で戦い始めるきっかけとなった。
「それは、俺も同じさ…」
「家にいない親父のことも、社会への不満も、離れた場所から文句を言ってるだけだったんだ」
「だけど、それじゃあ何も変わらないんだよな…本気で世の中を変えるには、やっぱり、自分も命を懸けて戦わなくちゃいけないんだ…」
『UX』第2部第27話バイストン・ウェルルート「地上人のオーラ力」より。リュクスが自らのふがいなさを受けて。原作では見られなかった、エイサップの過去の心情と、今の決意が垣間見えるシーンである。
「生と死が反転した不気味なオーラ力っていうのか!? あんなのに取り込まれてたまるものか!」
『UX』第2部第32話「BIG“C"」に於けるティベリウスとの戦闘前会話。「悪霊に加えてあげてもいい」と迫るティベリウスを、富野節が効いた言い回しで拒む。
「リュクス、サコミズ王は君を忘れてなんかいないよ…」
リュクス「エイサップ…」
「初めから、今でもずっとサコミズ王は君しか見てなかった」
「だってそうだろう? 反発しあいながらも、君たちはずっとお互いを向き合ってきたはずだ」
リュクス「私と、父上が…?」
「わかるんだ。俺は、親父と向き合うことがただ怖かったから…親同士が結婚してないとか、日本人じゃないとか、そんなこと、どうでもいいことなのに…受け止めたかった本当の気持ちがあったはずなのに!」
「興味がないフリさえしていれば、自分が傷つかないと思って…」
リュクス「エイサップ…」
「でも、リュクスは違うだろ!? だから、信じるんだ! サコミズ王を!」
『UX』第2部第40話「桜花嵐」より。致命傷を与えても(ゲーム上では撃墜)ハイパー化したサコミズを見て、父に絶望したリュクスに、自身の悔恨を吐露すると同時に、リュクスを叱咤する。……もっとも直後にハザードに勝るとも劣らない空気の読めない二人によってブチ壊しにされてしまうのだが。
「日本人の魂も、アメリカ人の魂も、どちらも手放すつもりはない! 両方あっての俺なんだよ!」
『UX』第3部第42話ユニオンルート「リザレクション」に於けるティベリウスとの戦闘前会話。エイサップを目につけて「混じりあった魂ごと身体を真っ二つにする」と歪んだ欲望をあらわにするティベリウスを一蹴した。
リュクスを初めに反乱軍やUXとの出会い、そしてサコミズ王との戦いと過去の現実を経て成長し、日本人である母親の血とアメリカ人である父親の血を受け入れた聖戦士に迷いなどなかった。
「そんなんじゃダメだ! たとえ身体がスクラッグだとしても、君は人間のはずだ!」
『UX』第3部第44話「フェイス」に於けるニックとの戦闘前会話。肉体をスクラッグに改造された事で力に溺れ、愉悦に至ったニックの姿に、かつてオーラ力とオーラマシンによって力に溺れた朗利や金本と重ねてか、エイサップは必死に説得を試みた。
「強いられた変化というのは、すべてが良いものとは限らないかもしれない! だから、自分の意志で選ぶんだ! 自分っていうのは、そうやって創っていくものなんだ!」
『UX』第3部第47話「HEAVEN AND EARTH」に於けるとの戦闘前会話。怨敵が放った「人類の火」によって苦しむ同胞達に強いられ、自分の意思を無理やり抑圧して存在を「否定」しようとする操にエイサップは必死に説得した。しかし、それを持ってしても操に届くことはなく…。
「故郷を離れた異星の土地がお前の怨恨を生んだのだとしても、同情には値しない…! 他人の意志を己の欲のままに捻じ曲げ利用する! そんなの、あっちゃならないでしょ!」
『UX』第3部第49話「侵略の終焉」に於けるハザードとの戦闘前会話。他人の命と想いを己の欲を叶えるために利用し、奪い取るハザードに対しエイサップは怒りを爆発させる。だが当のハザードには彼の叫びが届かないようであった。
「リーンの翼の導きは関係ない! ここにいるのは、俺自身…エイサップ・鈴木の意志だッ!」
『UX』第3部第51話「STRANGE EONS」に於けるマスターテリオンとの戦闘前会話。「異なる世界を行き来するのも、ここで命運尽きるのも運命」と嘯く「大導師」に「聖戦士」は断固と否定した
「カリ・ユガ! お前の力が宇宙を救うためでも、俺は決して受け入れない! 力とは、『今』の未来を築くために振るうものだぁぁぁ!」
『UX』第3部最終話「命の始まり」でのカリ・ユガとの戦闘前会話。宇宙を救うためにその力を以ってエイサップたちが生きている『今』の宇宙を消し去ろうとする神から、両親と分かり合い、異種との対話を遂げた『今』の未来を守るために、ユガの神にあらゆる意思を重ねた力を振るうことを決めた。

単独作品[編集]

エイサップ「アンタは自分のために戦争を広げて…!」
シロッコ「人類を導く為だ!生の感情丸出しの俗人には、分かる筈も無かろうな!」
エイサップ「そういう感情を出すのが、人間なんですよ!それが分からない人に、人類が導けるものか!」
CCのエピソード71話「宇宙に満ちるオーラ」でエイサップをリーダーに設定した時のセリフ。戦争を広げた理由を「人類を導くため」と嘯き、さらにそういった「生の感情」をさらけ出す俗人をシロッコは嘲笑するが、エイサップは返す刀で彼を糾弾した。
エイサップ「す、素手でモビルスーツを!?」
エレボス「エイサップ、あの人達おかしいよ!」
CCでのイベント「天空の守護者」にて、DG細胞に侵食されたモビルスーツを生身で撃破したくろがね5人衆を見てエイサップとエレボスは驚愕した。…まあ、今川作品ではよくある事なので、そういう点は致し方なし。
「自分の事しか考えないお前達に…本当のオーラ力が宿ると思っているのか!」
CCでのイベント「君を見つめて」にて、ゼクスから説得されてもなお、世界への復讐をやめようとしない朗利と金本に対して怒りをぶつけた。
この言葉に二人は動揺しつつも、「ダブルディスパッチ」を発動させようと試みたが、「オーラ力が揺れた」ことで不発に終わった。
元ネタは上記の漫画版の台詞であるが、皮肉にも彼の言葉がこの形で実現することになってしまったのだ。
「それは違う! 命に優劣なんかない! お前達も知ってるだろ? 宇宙に咲いた花を…!」
CCでのイベント「宿命のクロス・ファイト!」にて、人間を劣った者と見下し、管理すると言い放ったイノベイド達に対して。

搭乗機体[編集]

ナナジン
名無しのオーラバトラー
アッカナナジン

余談[編集]

  • エイサップという特徴的な名前の由来は、公式にて「エイサップは"As Soon As Possible"(火急速やかに)という言葉の略」と明言されている。
  • 福山氏はアニメ『武装錬金』のラジオ番組でゲストとして出演したサコミズ役の小山力也氏に「以前(リーンの翼で)共演した時に演じた役が小山さんの役に最後まで勝てなかったのが心残りだった」と語っている。
    • そのため福山氏は『武装錬金』での目標として「小山さんの役(この作品でも福山氏が主人公で小山氏がラスボスだった)に勝ちたい」と語っていたのだが、その作品でも主人公は直接ラスボスに勝ってはいないため、負け越してしまった。