アッカナナジン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
アッカナナジン
漢字表記 赤華七神
外国語表記 Akka Nanajin
登場作品 リーンの翼
デザイン 篠原保
初登場SRW スーパーロボット大戦UX
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

オーラマシン

動力 オーラコンバーター
エネルギー オーラ力
前形態 ナナジン
パイロット
【パイロット】
エイサップ・鈴木
【付き人】
エレボス
テンプレートを表示

アッカナナジンは『リーンの翼』の登場メカであり、同シリーズの主役メカの強化形態。

概要[編集]

ナナジンエイサップオーラ力を受けて進化した姿。全身が真っ赤に染まり、より強力なオーラ力を扱えるようになっている。

劇中ではリーンの翼の導きによる過去の情景を抜けた後、東京に出た際にいきなり変貌していた。ただ、それでも頑ななまでの信念を持つシンジロウ・サコミズ駆るオウカオー相手には互角に戦うのが精一杯であった。

ナナジン以上の速度を誇るが、登場時に既に物語が佳境だったことと、この時点のメインはオーラバトラーの戦闘よりエイサップとサコミズのぶつかり合いが主だったため、OVA版ではあまり派手なアクションは行っていない。一方、漫画版ではハイパー化したドハツオウカオーの左腕を斬り落とす活躍を見せた。

なお、「アッカ」とは上記したように漢字では「赤華」と書く。これは「桜」を意味する言葉であり、オウカオーに対応するネーミングとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。パワーアップは原作に比べると大幅に前倒しされており、アブタ・ブラス焼き討ち事件[1]の際に移行している他、地上に出た際にいきなり変わるのではなく、オウカオーとの激突に際してエイサップのオーラ力によって変貌する」という主役機らしいパワーアップの仕方に変わっている。
基本性能はナナジンのスタンダードな強化であり、同じ感覚で使って行ける。もとより高い運動性と移動力はさらに磨きがかかり、特に運動性は自軍最高値を誇る。EN回復もL2になっており、切り込み役や削り役に最適なユニットになった。隠しユニットのオウカオーが参戦すると合体攻撃が使用可能となるが、エイサップのオーラ力はL8で止まってしまう上にダメージアップの精神コマンドも「熱血」止まりであるため、最終的にはオーラ力L9に届く上に「」があるサコミズには火力が劣る事になる。
乗り手のエイサップは今回別人かと思うほど熱血気味のキャラクターになっているが、このアッカナナジンの方も別の存在かと思うほどド派手な高速アクションを披露してくれる。
なお、本作のエイサップはショウ聖戦士として尊敬しているため、ナナジンが赤く染まったのはショウの愛機であるビルバインをリスペクトしたものと言えなくもない(もっとも、このイベント発生時にはビルバインは緑になっていたが)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle

関連作品[編集]

Another Century's Episode 3 THE FINAL
スパロボに先駆けて登場。ナナジンの経験値を一定以上得ると使用可能になる。装甲が若干上がった。ナナジンの時同様、剣以外にガダやオーラシップ砲を装備している。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

オーラソード
左脚の裏にマウントしている刀。唯一の武装。
位置の都合上、抜刀する時はくるりと一回転する演出が入る。ナナジン同様の二連斬の後、蹴り飛ばす。

必殺技[編集]

オーラフレイムショット
ナナジン固有の技といえるのがこれ。オーラ力の炎で刀身を覆い、ソードを振るって撃ち出す。
ナナジンよりも一発増えて二発になっている。
オーラフレイムソード
リーンの翼』版「オーラ斬り」。オーラ力の炎で刀身を覆い、斬りつける。
エイサップ(と一瞬だけエレボス)のカットインが入る。
一撃叩きつける→さらに切り裂くまではナナジンと同じだが、トドメ演出で反対側に抜けた後即座に切り返して下からフレイムソードで殴りつけるように両断する。
ハイパーオーラフレイムソード
最強技。超加速をかけて6連撃を叩き込む。ナナジンよりも攻撃回数が増え、派手になっている。
トドメは最大火力のフレイムソードで地形ごと真っ二つにして〆。エイサップのシャウトはこの武器で入る。

合体攻撃[編集]

ツインオーラアタック
隠し要素で参入するシンジロウ・サコミズオウカオーとの合体攻撃。始動がアッカナナジンかオウカオーかで最初のやり取りが変わる。
フレイムソードで高速機動攻撃を互い違いにかけた後、オウカオーが投げ落とした敵を三本のハイパーフレイムソードで焼き尽くす。
トドメ演出では左右から挟撃を仕掛けて、桜吹雪と共に消え去る。

特殊能力[編集]

剣装備
斬り払いを発動。
超高速回避
分身
HP回復L2
EN回復L2
ナナジンからHP・EN回復がともにL2に成長しており、より積極的に必殺武器を振るっていけるようになる。

移動タイプ[編集]

オーラバトラーなので当然飛行可能。

サイズ[編集]

S

機体ボーナス[編集]

UX
  • 初期段階:運動性+5 CRT補正+10
  • 第二段階:運動性+10 CRT補正+15 移動力+1
  • 第三段階:運動性+20 CRT補正+20 移動力+2
  • 最終段階:運動性+30 CRT補正+30 移動力+2 格闘武器+100
ナナジンと同じボーナス。敵陣に切り込んでいって必殺技を連発するためにあるような構成。

機体BGM[編集]

「MY FATE」

スパロボシリーズの名場面[編集]

MY FATE
UX』第28話「王の奸計」より。リュクスギム・ゲネン以外のアルティメット・クロスの機体とオウカオーを自らの魔力で動けなくさせて、父にしてバイストン・ウェルに争いをもたらす嘗ての聖戦士サコミズを、娘リュクスに殺させようとするジャコバ
エイサップはそれを止めようとし、ジャコバの妨害をはねのけるが、「聖戦士のなりそこないに何が出来る」と吐き捨てられる。それに対しエイサップの出した答えは―「僕は、摩訶不思議なものに選ばれるような男じゃない! 僕はどこにいようと、エイサップ・鈴木だ!」
状況に流されるままだった自分を捨て、運命に立ち向かう事を決意し、自己を確立したエイサップ。そんな彼の成長にオーラ力ナナジンが応え、炎と共に真紅の姿に―「赤華七神」に進化した。ここに、新たなる聖戦士が真の誕生を迎えたのだ。

余談[編集]

  • OVA版リーンの翼』第5話「東京湾」において唐突にナナジンの機体色が赤くなったが、これは端的に言えば「富野由悠季監督のわがまま」である。
    • 既にナナジンは青色で発表してしまっており、悩んだスタッフは「成長したエイサップのオーラ力に装甲が反応したため」と後付け設定をした。
    • 機体の命名にも一悶着があり、「ナナジンMk-II」「ナナジンレッド」とやる気のなさそうなネーミングの末に「アカナナジン」となり、最終的にバイストン・ウェルっぽく「アッカナナジン」に決定した。
      • なお、「アッカは『赤い華』の事で、桜を意味する」という設定は、この時に富野監督が即興で考え出した物である。
  • 漫画版『リーンの翼』においてもナナジンは赤くなっているのだが、白黒印刷の作品なので漫画の表紙を見ないと赤くなっていることすら分からない。

脚注[編集]

  1. ただし、本作では孔明先生アルの連携によって不発に終わっている。