ホウジョウ軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

ホウジョウ軍とは、『リーンの翼』OVA版に登場する勢力。

概要[編集]

バイストン・ウェルに転生したシンジロウ・サコミズが興した国家「ホウジョウ」の中核を担う軍隊で、リーンの翼を利用しての地上侵攻を目論む。

最終的にはジャコバ・アオンにより、サコミズの死と共に反乱軍共々バイストン・ウェルへと強制送還された。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
原作の面々に加えてショット・ウェポンも参加。加藤機関と同盟を結んでいるコト(サコミズ不在の間にはコドールが人類軍とも密約を結ぶ)を除けば、基本的には原作と同様、地上侵攻を行っており、その顛末も殆ど原作通りとなる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
今作ではショットと五飛を迎え、クロスボーン・バンガードと手を組んで地上侵攻を成そうとするが、その為なら地上人やELSの殲滅も辞さないやり方に反発を覚えた五飛やザビーネらに離反されてしまう。
コドール一派とショットは決戦の最中にリーンの翼を介して現れたサコミズ王に討滅され、サコミズ王並びに金本と朗利はソレスタルビーイング号奪還作戦においてカイルスに参入した。

関連人物[編集]

シンジロウ・サコミズ
コドール・サコミズ
コットウ・ヒン
ムラッサ・メェン
カスミ・スガイ
ホウジョウ軍兵士
一般兵。
矢藩朗利金本平次
地上から来た客分。

他作品の関連人物[編集]

ショット・ウェポン
UX・CCではドレイク軍の壊滅後、ホウジョウ軍に接触してオーラバトラーの開発に関わる。
張五飛
CCでは一時的に参加するも、後に離反。

戦力[編集]

オウカオー
ライデン
シンデン
フガク