2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

コドール・サコミズ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
コドール・サコミズ
登場作品 リーンの翼
声優 林真里花
デザイン 工藤昌史
種族 コモン
性別
所属 ホウジョウ軍
テンプレートを表示

コドール・サコミズは『リーンの翼』の登場人物。

概要[編集]

シンジロウ・サコミズの後妻である女性。このため、劇中では「後添え様」と呼称される事もある。

自身やコットウ・ヒンは血のにじむ思いでオーラバトラーを製作していた部族の出身であるが、ホウジョウ国に戦争で技術を奪われてしまう。そのこともあってか、夫であるサコミズを暗殺する機会を狙っており、それが果たした暁には自身が上に立とうと目論んでいる。

漫画版では、オウカオーハイパー化した際の衝撃で片目を失っている。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
初登場作品。NPC扱い。フガクに同乗しておりカットインにも映る。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Card Chronicle
今作ではクロスボーン・バンガードと手を組んでおり、その残党を自身の戦力として引き入れた(尤も、一部は彼女についていけず離反したが)。
原作以上に野心家と悪女の一面が強調されており、他作品のキャラクターからその思想とやり方を非難されてしまう。最終的には原作とは異なり、サコミズ王にコットウやショット諸共引導を渡される。
後に「放たれたタマシイ」にてコットウやカロッゾ共々復活。

人間関係[編集]

ロドウ・ハッサ
母親。
シンジロウ・サコミズ
主君であり夫。しかし、地上人である上にオーラバトラーの技術を奪った国の王である彼を憎んでおり、彼を亡き者にしようと企んでいる。
CCでは逆にコットウ、ショットとともに彼の手によって葬られてしまう。
リュクス・サコミズ
養子。彼女を信頼していない。
コットウ・ヒン
部下。彼と共謀しており、サコミズを亡き者にしようと企んでいる。小説完全版では幼馴染という間柄。

他作品との人間関係[編集]

聖戦士ダンバイン[編集]

ショウ・ザマ
UXでは夫に対して不貞を働いた挙句謀殺しようと企て、義理の娘であるリュクスをも排除しようとする姿勢を彼から「ルーザの同類」と断じられる。
ショット・ウェポン
UXCCでは彼を引き入れている。

ガンダムシリーズ[編集]

カロッゾ・ロナ
CCではクロスボーンの理想である「コスモ貴族主義」が自身の主義と通ずるところがあったのか、それに賛同し、彼と手を組んでいる。
カロッゾがシーブックに討たれた後は、残存勢力を自身のもとに引き入れた。
ザビーネ・シャルドレル・ロナアンナマリー・ブルージュ
CCでは自身のやり方に愛想をつかれ、離反されてしまう。
シャア・アズナブル
CCではクロスボーンの掲げる「貴族主義」と自身の野望を「馬鹿げた理想」と切って捨てられた。
張五飛
CCではマリーメイア軍が敗れた後にバイストン・ウェルに飛ばされた彼を自身の配下にするも離反される。

スーパー系[編集]

ハザード・パシャ
UXではサコミズ不在の間に接触し、ホウジョウ軍の日本侵攻を黙認する代わりに、自軍部隊と戦闘するよう仕向ける。尤も、両者とも内心では蔑んでいるのだが。

名台詞[編集]

「王の妄執が爆発して、われらは地上界へ出てしまったのだ」
「これではわれらもガロウ・ランに落ちる!」
オウカオー共々東京を焼き払うよう、コットウに命令する。が、直後にサコミズが現れる。