マーベル・フローズン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
マーベル・フローズン
外国語表記 Marvel Frozen
登場作品 聖戦士ダンバイン
声優 土井美加
種族 地球人(アメリカ人)
性別
年齢 18歳
出身 アメリカ・ダラス
所属 ゼラーナ
称号 聖戦士
デザイン 湖川友謙
テンプレートを表示

概要[編集]

アメリカ合衆国ダラス出身の地上人。

ショウ・ザマよりも先にバイストン・ウェルに召喚され、ゼラーナ隊に参加してオーラバトラーダーナ・オシー」に乗り、ドレイク軍と戦っていた。

最初はニー・ギブンに惹かれていたが、ショウと共に戦っているうちに、彼へのが芽生える。ショウがビルバインに乗り換えた後は、彼が乗っていたダンバインを譲り受けた。

最終決戦でショウとの連携でショット・ウェポンを討つも、黒騎士の乗るガラバの攻撃を受けて戦死する。

登場作品と役柄[編集]

スパロボにおいては、自軍に加わる中ではショウトッドに次ぐ実力を持つ聖戦士なのだが、精神コマンドや参戦タイミングの悪さのせいで、いまひとつ一軍入りが出来ない不遇なキャラクター。ただし、能力自体は中々のものを持っている為、があれば使える部類。

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦EX
初登場作品。マサキの章に登場。搭乗機はショウが既にビルバインに乗っているのでダンバインに乗る。本作ではなんとショウよりも格闘が高かった。二回行動が現実的なレベルであるが、ショウと違い気合を覚えないのが痛い。
第4次スーパーロボット大戦S
最初はボチューンに乗る。聖戦士になるのが少し遅い為、序盤はボチューンの性能の低さもあって苦戦を強いられる。それでもサーバインズワウスを手に入れればビルバインか前者の二機に搭乗できる可能性が高い(さらに言えば、ガラリアが仲間になれば1機しかいないボチューンが強制廃棄なので最低でもバストールに乗れる)為、主力として活躍できる。ショウよりも二回行動可能レベルの差が開いている分、覚醒を覚えるのが強みであるが、EXと同様に気合を覚えないので、気合の使える妖精と組みたい所。
スーパーロボット大戦F
声が入った。ボチューンに乗って地上に現れる。ショウに比べるとかなり弱いが、それでも貴重なオーラバトラー乗りとして活躍する。
スーパーロボット大戦F完結編
トッド説得イベントに参加するが、そのときのみの顔グラフィックが用意されている。
隠しで迷彩ビルバインが入るとき、ウイングキャリバー形態にしておくとバグで2機のビルバインを入手できるので、ショウとダブル・ビルバインなんてこともできる。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦α
今回の戦闘時の顔グラフィックは原作のヘルメットをかぶった形となっている。能力的には低くはないが、が無く熱血止まりなので、火力が低く二軍行き。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
第1話から仲間になる。
スーパーロボット大戦COMPACT2第1部
バイストン・ウェルで加入。地上ルートの場合はシーン5から。精神コマンドが不安定で必修は熱血のみ。努力献身を覚えたらしめたもの、妖精を育てるのに大変便利。
スーパーロボット大戦COMPACT2第3部
序盤と後半使える。ビルバインが手に入ったらダンバインに乗せよう。
スーパーロボット大戦IMPACT
今回もツインオーラアタックがある。が、同じくツインオーラアタックを使えるトッドがマーベルよりも早く仲間になるので戦闘面ではトッドに対する優位性がほとんど無いが、希少な再動を比較的早く覚えるので早解きのサポートで非常に重要なキャラクター。新たに援護用の台詞が収録されている。
スーパーロボット大戦COMPACT3
熱血を覚えないので火力が低く、サポートには妖精がいるため二軍行き。エンディングでは地上に残り、ショウをダラスの実家に誘っている。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
プロローグで最終決戦が再現され、原作通りに死亡…と思われたが、謎の声に導かれ、『UX』の世界へ飛ばされる。能力は並だが、オーラバトラー系サブキャラクターとしては聖戦士技能(本作ではダメージ増加の効果に変更)の存在が光る。
インスマウスでの海水浴ではスメラギの水着姿に見とれるショウに(直接描写は無いが)鉄拳制裁を食らわせるシーンも。エンディングでは元の世界には帰らず、『UX』の世界でショウと共に暮らす事に。
スーパーロボット大戦BX
『F』以来、久々に音声が新規収録された。シナリオ面ではそれほど目立つ訳ではないが『ダンバイン』の原作再現がある分、出番は多め。
能力的にはいつも通りだが、精神コマンドが『UX』のものから一部見直され、気合が必中に置き換わったため、HPの調整さえしてやればネームドキャラクターにも当てていけるのでより努力を活かしやすくなった。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64
トッドシルキーを仲間にするためには彼女の撃墜数が鍵になるので、入手のためには嫌でも使うことになる。今回から初登場の合体攻撃ツインオーラアタックのため、ショウとペアで出撃する場合が多い。しかも、恋愛補正が入るので、攻撃力は非常に高い。ただし、集中が無いのが痛い。努力持ちなので、レベルが追いつかなくなることだけは無い。中盤の分岐ではショウと共に不器用な恋心を見せる場面も。

関連作品[編集]

バトルロボット烈伝
中盤にラグアムと共に援軍としてビルバインで登場。すぐにショウに譲って以後はダンバインに乗る。
味方ユニットとしては機動力以外は特に見るべき部分がない為、大抵は戦艦の留守番部隊に回されがち。隊長機にすれば自分で操作出来るのでその機動力を多少は活かせるが……。
リアルロボット戦線
『ダンバイン』のパイロットで必ず仲間になるのは、彼女とショウの2人のみ。
ポセイダルシロッコルートでは、ニーやリムルを説得できる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

後述の名台詞に由来してか、「愛」を習得することがある。

EX
根性加速信頼熱血補給
第4次S
集中必中信頼熱血覚醒友情
FF完結編64
ひらめき努力熱血激励気合
リンクバトラー
激励ひらめき気合努力熱血
α
ひらめき努力集中熱血気合
IMPACT
努力てかげんひらめき熱血気合再動
UX
努力集中ひらめき気合熱血
BX
努力集中ひらめき必中熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
聖戦士
EX(PS版)
聖戦士L8、切り払いL8
FF完結編COMPACT64
聖戦士L7、切り払いL7
α
聖戦士L8、切り払いL8
IMPACT
聖戦士L7、防御L7、援護防御L3
UXBX
オーラ力L7、聖戦士援護攻撃L2、援護防御L2、全体攻撃L2

パイロットBGM[編集]

「ダンバイン とぶ」
オープニング。大半はこの曲である。
「聖戦士たち」
劇中BGM。『IMPACT』、『COMPACT3』にてハイパーオーラ斬り使用時の選曲。

人間関係[編集]

ショウ・ザマ
ダンバインの操縦者。ドレイク側だった彼をゼラーナ側に引き込んだのがマーベルである。
戦いをともにする内に惹かれ合ったようだが、原作ではお互いに死亡し悲恋に終わる。SRWではショウもマーベルも死なないので殆どの作品で想いが報われる展開が用意される。
チャム・ファウ
ニーに仕えるミ・フェラリオ
ニー・ギブン
初めは彼に惹かれていた。
シーラ・ラパーナ
ナの国女王。ショウを聖戦士と認め、ビルバインを託す。
ナックル・ビー
マーベルを召喚したエ・フェラリオ。その事をジャコバ・アオンに咎められたため罰を受け、マーベルはそれを気に病んでいた。その後、ショウ達がシルキー・マウを救出した礼として罰から解放された。なお、彼女がトッドを助けたことは知る由もない。本人はSRW未登場だが、『BX』ではマーベルの戦闘台詞でその名前が出ることも。
バルベラ
幼馴染。声は主題歌を担当した歌手のMIO(現・MIQ)氏。SRW未登場。

他作品との人間関係[編集]

ファンネリア・アムラグ・ウラロ
バトルロボット烈伝』で競演。女性陣で一番落ち着きのあるマーベルが彼女らのまとめ役になっていた。
なお、アムとは『第4次』や『F』、『COMPACT』で競演しているが、特に絡まない。
シャピロ・キーツ
『IMPACT』で偽ダンクーガに搭乗している理由をはぐらかす彼へ、その言い訳こそが未だに獣戦機隊に固執している証拠である事を突きつける。
レニー・アイクラン・クラン
『UX』ではそれぞれのパートナーに鉄拳制裁を加える。
矢藩朗利金本平次
『UX』では力に溺れて悪しきオーラ力をふるう彼らに対して、危険視する姿勢を見せた。

名台詞[編集]

「善悪の見境もなしにドレイクに手をかす馬鹿な男!」
ショウと出会った時の台詞。
「テレパシーみたいなものがあって、会話しているように思えるのよ。あたしは『ゼン』って言う日本語ぐらいしか知らないわ」
第4話で、アメリカ人なのに日本語が巧いとショウに言われて。その後実際にダンバインの手の上(ダーナ・オシーが破損していたため)で座禅してみせた。
ちなみに「ハイパージェリル」の直後である38話でも、ハイパー化現象に悩みゼラーナ甲板で座禅していた。
「ショウは、あたしを愛してくれてる?」
最終決戦を前に閉じこもってしまったショウに対して唐突に。
「私が欲しいのは『LIKE ME』じゃなくて『LOVE ME』よ」
「マーベルは好きさ」となんとか言葉を振り絞ったショウに対しトドメの発言である。彼女がスパロボで「」を覚える大きな理由となるセリフと思われる。
『BX』では英単語部分がカタカナ表記になっているが、上記の台詞共々DVEになっている。
「貴方は聖戦士でしょう?まずドレイクを討ちなさい!」
「全く……人が慰めてほしいときは知らん顔していてさ……」
致命傷を負いながらも強がってショウを行かせた時の台詞。直後にトドメの一撃を受けて撃墜…となるのだが、想いを寄せているショウは彼女の容態には全く気付かず先に行ってしまう。
涅槃への旅立ちの台詞としては富野作品数あれど、ここまで寂しさ漂う発言はないだろう。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

旧シリーズ[編集]

「オーラ力の発現とは逆みたいね…あんなにしょっちゅうキレてたら、簡単にハイパー化しちゃうわ」
EX』第6話(総ターン数50未満)「ソラティス神殿」より。機装兵が襲い掛かったことに対して怒ったマサキ・アンドーに対して。…ところで何ゆえハイパー化の事を知ってるのだろうか。

COMPACTシリーズ[編集]

「ビダン君…あの人はもしかしたら憎しみのオーラに、その身を任せてしまったのかも知れないわね…」
IMPACT』第1部地上激動篇第31話「グリプスの亡霊」より。ジャブロー西部戦で、ジェリドが発するカミーユへの尋常ならざる憎悪を、こう評した。
「管理? そもそも地上の人が、宇宙の人達を管理する権利なんてあるのかしら」
隠しシナリオ「逆襲のシャア」ルートプロローグより。ショウの「地上から宇宙の平和を管理するのは無理」という発言を聞き咎めての反論。

携帯機シリーズ[編集]

「ハイパーオーラ斬り! 行けえっ!」
『UX』でハイパーオーラ斬り使用時に発する特殊戦闘台詞。とうとうマーベルにまで「オーラ斬り」が浸透したらしい。
「どうやら、鉄拳制裁が必要なようね」
『UX』第26話「THE SHADOW OVER INNSMOUTH」より。インスマウスでのバカンスにて、スメラギに見とれるショウに対して。ショウと一緒に鼻の下を伸ばしていたミシェルジョウに対してレニークランとともに鉄拳制裁を加えた。

搭乗機体[編集]

ダーナ・オシー
ボゾン
ボチューン
ダンバイン
ショウ・ザマから譲り受けた。