スプリガン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スプリガン
外国語表記 Spriggan
登場作品

バイストン・ウェルシリーズ

初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

オーラマシン

全長 102メット
(約102 m)
重量 870ルフトン
(約870 t)
動力 オーラコンバーター
エネルギー オーラ力
最高速度 300リル
(約1200 km/h)
巡航速度 200リル
(約800 km/h)
オーラ係数 0.7×6
必要オーラ力 22オーラ
開発者 ショット・ウェポン
主な搭乗員 ショット・ウェポン
テンプレートを表示

スプリガンは『バイストン・ウェルシリーズ』の登場メカ

概要[編集]

ショット・ウェポン専用のオーラクルーザー(オーラシップの一種)。

ウィング・キャリバーに匹敵する巡航速度を持つが、その反面、積載能力や火力という点では他艦と比べて劣っている。地上に転移した後に射撃管制用レーダーを装備し、正確なレーダー射撃でゼラーナを撃沈している。

最終決戦時にショウ・ザママーベル・フローズンの連携攻撃で太平洋に沈んだ。

その後はこの艦と運命を伴にしたショット諸共バイストン・ウェルに飛ばされる(この様子はOVA冒頭にて描かれている)が、もはや元通り航行する機能は残っていなかったらしく、700年後のバイストン・ウェルにおいては飛行船に改造されラバーン軍の戦力として運用された。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
ショットが乗る。最後の登場となるマップ「栄光の落日」以外では、ダメージを受けた途端撤退する。この当時はLLサイズ扱い。移動力12はガラバ並。
スーパーロボット大戦F
ショットが乗る。戦闘機会は「アデレード奪還(前)」のみで、HP70%以下になるかお供のブブリィが墜ちると、全兵力諸とも撤退する。倒せない事もないが、獲得資金が割に合わず強化パーツも無い。
なんと移動力が4になってしまった。これではオーラバトルシップ級と変わらない。
スーパーロボット大戦F完結編
ショットが乗る。運動性はバイストン・ウェルの戦艦でトップだが、移動力が4のまま。サイズLで思ったより攻撃が当たらないものの、当たれば脆く射程も並程度。
ショットらしいと言えるが登場マップは少ない。

αシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦αDC

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT2
スーパーロボット大戦IMPACT
スーパーロボット大戦COMPACT3

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦UX
プロローグで登場するがいきなり落とされてしまい(原作の最終決戦の再現)、以後は未登場である。終盤ではショットはファミール艦に乗りこんでいる(非戦闘ユニット)。ホウジョウ軍にもオーラシップはあるが、スプリガンを造り直そうとは思わなかった模様。
スーパーロボット大戦BX
今作ではきちんと登場し、HPが7万もありオーラ・バトルシップ並の堅さを誇る。マップ兵器も持っていて、第36話ではスプリガンの撃墜前にミュージィを落とすとショットが必中を使用してくるため、その点には注意。
キャンペーンマップ「悪の華」では味方として使用できる。

Scramble Commanderシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦64

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

オーラバルカン
ミサイルランチャー
オーラキャノン
ハイパーオーラキャノン
BX』では下記の全砲門一斉射撃に役割を譲る形で未実装。

必殺技[編集]

全砲門一斉射撃
ドレイク軍のオーラシップ共通である『BX』のみの最強武器。通常攻撃とMAP兵器版の2種類がある。

特殊能力[編集]

オーラバリア

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

機体ボーナス[編集]

BX
キャンペーンマップ「悪の華」でのもの。