ゼラーナ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ゼラーナ
外国語表記 Zelerna
登場作品 聖戦士ダンバイン
初登場SRW スーパーロボット大戦COMPACT3
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

オーラマシン

全長 52メット
(約52 m)
全高 21メット
(約21 m)
全幅 29メット
(約29 m)
重量 132ルフトン
(約132 t)
動力 オーラコンバーター
エネルギー オーラ力
最高速度 200リル
(約800 km/h)
巡航速度 130リル
(約640 km/h)
オーラ係数 0.6×3
必要オーラ力 15
開発 ギブン家
主な搭乗員
【艦長】
ニー・ギブン
テンプレートを表示

概要[編集]

ギブン家が独自開発したオーラ・シップで、ゼラーナ隊の母艦。艦の名称はバイストン・ウェルで活躍した伝説の勇者にちなむ

後に建造されたオーラバトルシップに比べると小型軽量で速度性能に優れる。

デッキにオーラバトラーを4機、艦首下にウイングキャリバーのフォウを1機(無理して2機)載せて運搬できる。 艦首への通路の床下のハッチから直接フォウに乗り込めるようになっていたり…と上下方向にもかなり工夫を凝らした作りになっており見た目より広く使える構造になっているのが特徴。

ただし、格納庫にはハッチが無く艦の両側面が大きく開いているだけの野ざらしで、敵が飛び込んでくると全く対処できない。また吹雪の中での運用も考えておらず、オーラバトラーの関節やカメラの凍結を防ぐ為に防護しなければならない[1]等々、スペースを有効活用しているが、居住性そのものには大きく難が有る。 また、メカニックが転がり落ちそうになる事も有った。艦首銃座までの通路も細い手すりしかない屋根も何も無い吹きっさらしであり大変危険である[2]

オーラバトラーと同様オーラコンバーターで稼動している為、デッキで高いオーラ力を持つ聖戦士ショウ気合をいれただけで出力が上がった事も有った。

第32話「浮上」で戦場がバイストン・ウェルから地上に移ってからも主力であり続けたが、最終局面の第47話「ドレイク・ルフト」で奇襲の為に雲の中に隠れていた所をスプリガンのレーダー射撃で撃沈された。ニー達ゼラーナクルーに我が家のように愛されていた為、に沈む行く姿に皆涙していた。

登場作品と操縦者[編集]

本編中では最終盤に差し掛かるまでショウ達の母艦であり続けた(SRWで母艦を務めるゴラオングラン・ガランとは連絡こそ取り合っているが基本的に別行動であった)にも関わらずSRWにおける登場回数はわずか一度で、操縦担当のドワをはじめとするクルーに至っては全く登場していない。

小型の艦船故か、その一度の登場も母艦ではなく通常ユニット扱いであり、扱い的には『機動戦士Vガンダム』におけるホワイトアーク等と同様と言える。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT3
初登場作品。母艦扱いではなく、ダンバイン系パイロットで乗り換え可能。修理装置補給装置の両方を持ち、サポート機としては有用。
オーラバリアが射撃攻撃全て1000ダメージ軽減かつ、地上に上がる前から全オーラバトラーについている為バイストン・ウェルでの直接戦闘は期待できない。おとなしく援護にまわった方が得策。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦BX
登場しないが、バイストン・ウェルで反ドレイク勢力と共闘していた海動真上は「BXとの合流前に撃沈したのではないか」と推測している為、原作よりも大分早く沈んだ模様である。
以降ニー達は一言も触れもせず、結局この二人の会話上で挙がっただけに留まっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

機関砲
こちらも銃座が外にむき出しであり、爆風の直撃でなくても吹き飛ばされて落下してしまうクルーがいた
オーラキャノン

特殊能力[編集]

修理装置
補給装置
オーラバリア

脚注[編集]

  1. もっとも、地上に出る事など最初から想定できるはずもないので、これに関しては仕方無い部分もある。
  2. 劇中、ショウがこの通路を通る際に黒騎士に襲撃されて間一髪避けるシーンが有る

商品情報[編集]