二軍

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索

二軍とは野球などのスポーツで使われる用語で、「Farm(ファーム)」「倉庫番」とも表現される。スパロボにおいては能力値が低かったり精神コマンドのバランスや特殊技能などが微妙で、物語が進むにつれ使いづらくなっていくパイロットやユニットのことを指す。

概要[編集]

旧シリーズ』から『COMPACT』までは性能等が貧弱なまま救済措置が不十分なことが多く、各作品の主人公とその乗機ですら容赦無く二軍落ちになる事が多かった。

逆に『COMPACT』では救済措置として、パーツスロット数が多いユニット=二軍に行きやすいユニットほど効果が高くなる強化パーツV-UPユニット」が登場し、これまでは思いもよらない機体が活躍を見込めるようになった。そしてV-UPユニットがない作品でも、『α外伝』より後では改造システムの変化、小隊システムやパイロット養成の追加等で、基本性能の低いユニットやパイロットも育てやすくなった。そのため、「無改造状態の能力値は低いが、改造による能力上昇率が高く、フル改造すれば一軍に並ぶ能力値に化ける」ユニットや、精神コマンドのラインナップが見直され、「能力的には二軍落ちだが、サポート要員としてなら十分使える」というパイロットも増えてきている。その為、相対的に本当にどう手を加えても救いようのないケースは少なくなっている。

現在最も二軍落ちする可能性が高いのは、物語途中で永久離脱するパイロットやユニットであると思われる。しかしながら、最近では永久離脱した機体の改造資金が還元されたり、他の関連性の深いキャラに撃墜数やPP等が引き継がれるなど、救済策があることが多い。この他、救済策とはちょっと違うが「永久離脱のタイミングがゲーム最終盤であり、離脱後の残りシナリオがごく僅かで済むため、普通に使っていてもさほど気にならない」などといった作品も多い。

誰を主力として起用するかはプレイヤー次第で、先述の通りシリーズが進むごとに基本性能が低くても強化しやすくなっている。本項で挙げられたパイロットや機体が、どのスパロボでも全く使えないと言うことはない。逆に、機体をフル改造したり、あるいは機体の乗り換えをさせる事で大化けする事もある。

二軍ユニットを使わざるを得ない状況[編集]

MX』では、二軍メンバーがルート分岐や部隊分割によって強制出撃することがある。この為、プレイヤーが一軍にしているユニット次第では、非常に厳しい戦いを強いられる可能性がある。また『D』の一部マップでは、ある分岐シナリオの前編マップで出したユニットが後編マップに出せず、二軍ユニットを出さざるを得ない場合も。

第4次』の「栄光の落日」に至っては、一軍メンバーが殆ど抜けた状態で戦うことになる。『UX』や『BX』、『第3次Z時獄篇』でも主役級でないメンバーのみで戦う同様のコンセプトのキャンペーンマップがある(ただし一部一線級のメンバーもいる)。

二軍落ちされやすいパイロット[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

カツ・コバヤシ
スパロボではガンダムシリーズにおける二軍キャラの代名詞的な存在。NTの技能レベル、全体的な能力値共に毎回低め。
原作でのキャラクター描写から来るマイナスイメージや、初期搭乗機体の地味さに加えて、アンソロジーコミックでの一部作家によるネガティブキャンペーンじみた扱いなども合わさって長期間に渡って「二軍キャラの筆頭格」というイメージが定着してしまっている。スパロボにおける二軍=カツ、という想起まで出来てしまうほどに。
しかし、Zシリーズ等の近年の作品では優秀なサポート系の精神コマンドを覚えることが多く、それなりに育てる価値が出てきている。問題なのは、それらの点を差し引いても対抗馬が多いことと僅かに高い対抗馬と比較してもそちらを容易に選択してしまう傾向が強いため、二軍に残留しやすい。
チャック・キース
カツと並ぶ二軍の代表格。しかし、『第2次α』等では「応援」を低コストで使用できるなど、サポート要員として優秀。
レコア・ロンド
原作展開通り、自軍を裏切って復帰しない事がほとんど。能力値もいまいちぱっとしないため、終始一貫して倉庫番にしてしまうプレイヤーは多いことだろう。一応、敵になってから仲間になることもあるがその時にはメンバーが固まっているのでやはり倉庫番行きは免れない。
ビーチャ・オーレグモンド・アガケエル・ビアンノイーノ・アッバーブ
ジュドー・アーシタ以外のシャングリラチルドレンは能力的に中途半端。ただし、主に補助系精神コマンド要員として借り出される為、精神コマンドの構成によっては一軍に登用されることもある。レベルを上げればNTレベルもそれなりに高くなるので、前線で戦わせることもできなくはない。
また、ビーチャは「」や「奇跡」を覚える事があるが、小隊システムかプレイヤーの愛が必須。
ルー・ルカ
能力自体はPS2での参戦までは高い物の、携帯機シリーズ以降ではNTレベルが上記のシャングリラチルドレンより少しだけ高い程度になり、精神コマンドも戦闘向けの物が多数含まれているため補助要員としても使えず、二軍に残留することが多い。
ハサウェイ・ノア
登場作品は少ない上に出展作品が『逆襲のシャア』からなので、全体的な能力はカツ同様に毎回低め。更にストーリー的にも想い人と絡むことが少ない事もあり二軍行きが決定的なキャラ。仲間の数に比例してどうにも影が薄くなる傾向にあるため、仲間になっていたのかすら気づかないケースも。
しかし『第3次Z時獄篇』ではストーリーに関わり、クェスを再加入させる条件にハサウェイが関わっている事も相まって、育てるモチベーションが付加された。
V』では『閃光のハサウェイ』の設定が加わったため能力が全体的に上がりΞガンダムの性能に合わせた精神コマンド等強化されストーリーでも関わる面が多くなっている。
ザビーネ・シャル
クロスボーン・ガンダム』名義で仲間になっている場合、必ず木星帝国に寝返る

リアル系[編集]

ニー・ギブンキーン・キッスリムル・ルフト
いずれも聖戦士技能を持たないか低レベル。強力なオーラバトラーの加入数が少なく、機体にも恵まれない。『COMPACT3』ではゼラーナフォウがあるので、サポート要員として出すことも可能。
ショウ・ザマが群を抜いて強すぎるのもあるが、2番手を決めるにしてもパートナーのマーベル・フローズンやライバルのトッド・ギネスといった強力な聖戦士が揃っているため、彼らに出番が回ることはほとんど無い。
しかし、『BX』では乗機のボチューンの大幅強化、聖戦士技能とオーラ力技能の分離などの恩恵を受け、聖戦士たちとはまた別の運用において活躍できるようになった。
ガラリア・ニャムヒー
ニー、キーン、リムルとは違って聖戦士技能を持ちレベルもそれなりに上がるのだが、前述の通りマーベルやトッドという対抗馬がおり、実質この2名の下位互換と化しているため彼女たちを差し置いてまでガラリアを起用する意義はあまりないだろう。
また、最も活躍したであろう『第4次』において、ガラリア自身はそれなりには強いのだが「この頃はパートナー補正及び合体攻撃の概念がまだ無かった」「マーベルが聖戦士になるまで時間がかかる」「トッドが仲間にならない」「ガラリアを仲間にすると妖精2人が仲間になる」という背後要因があったことも大きい。
柿崎速雄
マクロス系の代表。生命線である回避が比較的低めなのに精神コマンドには「集中」がないという欠点を終始抱えている。『α』では「ひらめき」すらない。
その代わり、回避の問題さえどうにかすれば、どの作品でも「必中」を必ず覚えるなど他のスカル小隊にはできない働きができる。避けるのを諦めてデストロイド・モンスターに乗せる手もあり、特に『α』では「捨て身」も活用できるため大いに化ける。『第3次α』では合体攻撃要員としての存在意義も生まれた。
見方を変えれば、初代マクロスバルキリーにはゲーム上の個性差が乏しく役割を住み分けさせにくい面も、彼の二軍化には少なからず影響している。後のマクロス7での二軍格であるドッカー達は参戦自体が少なく、マクロスF以降は個性付けされた機体から基本的に乗り換え不可能な仕様になっており、彼はある種の損を負いながら参戦数を稼いだキャラクターとも言えるだろう。
アカツキ・ナガレ
能力的には申し分ないが、エステバリスの主なダメージソースである合体攻撃が無いのが痛すぎる。『W』では後継機がラピッドライフルしかないエステバリスIIで、持参金200000と月臣元一朗のおまけ扱い。
ただし、開き直って元々合体攻撃の使えないXエステバリスや『A』の月面フレームをあてがう手もあるため、ここで挙げられている中では比較的マシな方である。
しかし、『BX』ではこれまでの鬱憤を晴らすかのようにストーリー上でも大幅に出番が増え、これまではダイゴウジ・ガイが担っていたテンカワ・アキトの相方ポジションを担う。
ダン・クリューガー
プラクティーズの3人はパイロットも愛機もずば抜けて優秀な訳でもなく、精神コマンドも中途半端で、加入したはいいがいまいち起用する意義を見出せない事が多い。
特に『MX』ではダンは最後まで愛機がゲルフのままであるため、片やEWACジャマーによる電子戦要員として、片や長射程高火力の援護攻撃要員としては何とかなるカール・ゲイナーウェルナー・フリッツの下位互換と化している事もあってますます起用意義が無い。
『GC』では乗り換えが可能になっているのでドラグーンに乗せたり、リメイク作の『XO』ではゲルフに合体攻撃が追加されて活躍しやすくなっている。

スーパー系[編集]

ボス
スーパー系の二軍代表格。以外の地形適応が軒並み低めで、能力値も格闘以外は軒並み低く特に技能は非常に低い。
しかし、近年の作品では子分であるヌケムチャを専用のサブパイロットとして引き連れる事が多く、ボス本人の精神コマンドおよび特殊技能にも恵まれており、サポート要員としては優秀。また、格闘が高いことと、マジンカイザー登場後はお下がりとはいえマジンガーZが、合体攻撃を優先させた場合はボスにマジンカイザーが回ってくることさえあるため、運用次第では戦闘もこなせる程になっている(そうでなくても、ボスボロットが十分戦える性能を有する場合も)。
巴武蔵
たまに生存して一人乗りのゲッター1に乗る事もあるが、大半の作品は地形適応が最悪で使うに使えない。実質な専用機であるゲッター3も水中戦においては優秀だが、使用機会が少ない。

バンプレストオリジナル[編集]

イングラム・プリスケン
スパロボでは物語の途中で必ず裏切る。ただし、『OG1』(『OGs』含む)のリュウセイ編ではイングラムのレベルが一部隠し要素に関わるため、修理補給である程度育てる必要がある。
もっとも、キョウスケ編では隠し要素に関わるのが敵対後なので完璧に倉庫番となってしまうのだが…。

二軍落ちされやすい機体[編集]

基本性能が低く、修理装置補給装置を持たない機体が該当しやすい。

ガンダムシリーズ[編集]

宇宙世紀量産型モビルスーツ全般
攻撃力どころか砲撃型や特殊な機体でなければ射程の長い武器もなく、機体性能も低いためもっとも早く戦力外と見なされてしまう。ただし、元の機体の名前や強みがそのまま残っている量産型νガンダム量産型ガンダムF91などは、十分起用に値する。
それ以前に、スパロボでは量産型自体が起用されにくい傾向なので、ある意味主役機よりも不遇である。酷い例ではゾンド・ゲーは『第2次α』でしか使用できないのだが、機体性能がかなり低く、小隊員としても微妙。必殺技のショット・ランサーも1発のみ。
例外的に『α外伝』では武器改造の仕様の関係で、安い改造費で主役機並みの火力を汎用武器の燃費で撃てるようになり、入手もバザーシステムにより容易となっている。中でも地形適応が高く、飛行可能なガンブラスターは作品中のMSでもトップクラス。
昨今ではカスタムボーナスなどで、主役機にはない強みを与えられていることもある。
ボール
使い道がほとんど無い。最弱の名に相応しいと言える。ただし、『GC/XO』に関してはサイズの小ささを生かして捕獲要員としての起用も視野に入る。
それにしても、原作においてこれに乗ってザク(正確には宇宙用高機動試験型ザク)と相打ちに持ち込むとは、つくづく隊長には頭が下がる。
ガンダムNT-1アレックスガンダム試作1号機フルバーニアン)、ガンダムMk-II
主役を務めた機体ではあるが、後世のνガンダムF91等と比べ機体性能、攻撃力、武器性能とあらゆる面で劣るため使用し続けるのは難しかった。Mk-IIはスーパーガンダム合体できる場合は飛行可能、過去の作品では二人乗りになれるため、この中では抜きんでている。
しかし、近年では最大改造段階が上昇したため、資金をつぎ込めばある程度まで強力なユニットになれる。また、『GC/XO』『OE』のように一年戦争が物語のメインとして据えられている作品では、十分主力として使っていけることもある。
Ζガンダム
旧シリーズから『α』までの作品では、主役MSでありながら変形以外の個性が薄く、性能も高くない場合が多かったため二軍落ちし、カミーユビギナ・ギナ量産型νガンダム等の他機体へ乗り換えさせる方が有効であった。だが『α外伝』以降、基本性能の向上や必殺技の追加、バイオセンサーの特殊能力化等、様々な強化が行われたことで最後まで一線を張れる機体となっている。
クロスボーン・ガンダムX2
第2次αクスハルートではザビーネの裏切りと共に消える運命なので、即二軍落ちとなる。
ガンダムマックスターボルトガンダム
MFの中でも割を食いがちな2機。総じてMFは気力を上げる(スーパーモード発動)まで性能が抑え気味の傾向に加え、合体攻撃も5人必要な「シャッフル同盟拳」しか無い場合、性能下位争いを脱けられない作品が多い。マックスターは盾装備、ボルトガンダムは高耐久+扱い易い中威力武器という色付けはあるが、それらもMFの中での個性に過ぎず、地形適応移動力回避性能面で泣きを見やすい。
より正しくは、ゴッドガンダムマスターガンダム以外で一軍保証の水準に届くMF自体稀なのが実態である。ガンダムローズオールレンジ攻撃MAP兵器化、ドラゴンガンダム運動性と燃費が良く分身装備、ライジングガンダムノーベルガンダムゴッドガンダムとの2体での合体攻撃といった要素で比較的マシな作品も見られるが、あくまで「下から数えればもっと下がいる」という水準である場合が多い。
その有様に更に複数の要素が絡み不遇がひときわ顕著になったのが、下記にもある『J』であった。
トーラス
ガンダムW系の量産型MS。そのため機体や武器の性能はガンダムやトールギス等とは比較できるレベルではない。
ただし、『A』および『α外伝』では、改造あるいは強化パーツの関係上、手を加えれば序盤を過ぎた頃から最強クラスの戦闘ユニットとして猛威を振るう。そして『第2次α』及び『第3次α』では変形可能な点から小隊員としては有用。
これ以降では修理装置補給装置を装備したため飛行持ちで後方支援ができる機体として有用となった。
M1アストレイ
機体性能に突出した長所がなく、修理や補給もできない。『第3次α』では初期パイロットであるオーブ三人娘をスカイグラスパー等に乗せ換えて、機体のみが倉庫送りになることが多い。『W』ではそもそもデフォルトのパイロットがおらず(三人娘は召喚攻撃要員に)、加入した事すら気づかれずに仕舞われている可能性も。
エールストライクガンダムストライクルージュ
初参戦の『第3次α』以降は他形態の方が優秀な武器性能であるため、飛行可能以外これといった特徴がないエールストライクは使われない傾向にある(しかもフル改造で上記のM1アストレイに火力で負ける事がある)。それどころか、次にスパロボに出た際は換装が封印され、何故か修理装置が付くなど扱いがサポート系になってしまっている。盾役としては中々なのだが。
アークエンジェル
機体性能面は特に問題が無い母艦ユニットなのだが、「メインパイロット能力がやや低い」「(無印)『SEED』準拠参戦の場合サブパイロットが中盤以降に永久離脱」「一部作品では参戦が遅い」「さらに優秀な戦艦がいる」等の理由から、強制出撃以外はあまり使われない。
ガナーザクウォーリア (ルナマリア専用)
後方支援を任せるのには悪くない性能であり、『L』では大量に手に入るザク軍団の中では個性を出せている方である。しかし、もっと強力な機体が揃ってくると倉庫番になりやすく、改造引継ぎもないため最初から改造もされないことも多い。
UX』では修理装置が追加され、元の後方支援能力も合わさり使い道のあるユニットになった。
スモー
∀ガンダム系のMS。悪い機体ではないが目立つ武器がない、という表現にならざるを得ないような総合印象で、特に最大射程の低さが悪目立ちする。何より∀ガンダム系もシステム上は宇宙世紀系に属するが故、乗り換え最激戦区の宇宙世紀MSと直接枠を争わされるのがこの機体にとっての不幸であり、∀ガンダム系パイロットには幸運と言える。小隊制の中で起用されるとしても精神コマンド要員の水準に陥りがちである。
モラン
Gレコ系のMS。武装がP属性無しのビーム・ライフル一種しかなく貧弱な事この上ない。この手の機体はパーツスロットが3つあることが多いのだが、本機には他のMS同様2つしかない。カスタムボーナスで補給装置を得られるとはいえ、上述のスモー同様宇宙世紀系との乗り換え互換が存在する事が祟りサポートメインなら修理装置もありスロット数で上回るメタスを使った方がマシという事になってしまう。MSではないが共通ルートではグラタンアーキバス バネッサ・カスタム等ライバルが更に増えるのも痛く、実用面であえて採用する理由は殆どない。加入後即倉庫番が関の山であり、リンゴを戦線に出すなら攻略本でも推奨されている通りより使い易い機体に乗り換える方が無難。

その他[編集]

マジンガーZ
主役機、かつ元祖スーパーロボットという立場ながら旧シリーズでは後半加入のグレートマジンガーグレンダイザーとの性能差が大きく、序盤は主力でも後半では失速してしまうことがほとんどだった。また、OVA仕様では乗り換え前提の1号ロボということもあり、継続使用が不可能だったり隠し要素必須という作品も。
F完結編』では強力な後継機が登場したが、選択次第で本機の性能底上げも可能であり、以後はマジンパワー特殊効果武器の採用、武装追加などで最後まで一線を張れるものも多くなっている。
なお、同名の新機体登場以後は参戦自体が減少傾向にある。
ボスボロット
全体的な性能が低く、特に武器の使い勝手の悪さが目立つ。ただ『EX』以降は補給装置が付いたので補給要員として使え、強化パーツも4つ付けられる。
武装に関しても『A』にてボロットプレッシャーパンチが条件付きで追加されたことを皮切りに改善され始め、『α外伝』ではSDXボロットパンチが有射程化、他にも『第2次α』以降は一発技を習得し始めた。
OVA版の『J』や『W』では武装が豊富で、修理装置も追加。改造すれば一軍ユニットに化ける。後発の『L』ではさすがに弱体化したが、それでも気力下げ要員としては一流。
真マジンガー』設定の『第2次Z再世篇』以降の『Zシリーズ』ではパワーアームの射程がそこそこに長いため、機体の地形適応さえ補えば使い勝手は良くなる。『BX』でも射程の短さをなんとかすれば意外に一撃が重く、一軍レベルでも通用する。
アフロダイAダイアナンA
修理要員であるにもかかわらず空が飛べないのが最大の欠点で、ビューナスA登場以後は出番を奪われることが多い。
ゲッター3ゲッターポセイドン真・ゲッター3
いわゆる「ゲッター3系」とくくられる機体群。ゲッターロボ自体は一軍として扱う人は多いが、ゲッター3の形態は比較的に使いにくく、出番が無い。
ただし、武器改造が一括化されて以降は援護攻撃も実装されたことで、地形適応さえ改善すれば燃費がよく火力が高い援護攻撃ができるため「援護の時のみ変形する」という運用も有効になった。なお『D』の真ポセイドンはゲッタートリプルサイクロンが使いやすいため、雑魚戦でも真ドラゴンよりも活躍する。また『NEO』の新ゲッター3は(当時)歴代のゲッター3系で最強と呼ばれる程の能力で、『OE』でも真・ゲッター3がその方向性を引き継いだ強さを持っている。おそらく従来のゲッター3の扱いが悪すぎた為と思われる。
もちろん、機会は少ないが水中戦に持ち込めば、大抵の作品では無類の強さを誇る。(『NEO』『OE』の優秀さは、その水中戦自体がそもそも皆無故のフォローという説もある。)
ゲルフ
上述のダン同様。レビ・ゲルフヤクト・ゲルフの完全下位互換である。事実上機体性能の差がそのままダンの使い勝手に直結してしまっていると言っていい。
上述の通り『XO』ではレビ及びヤクトとの合体攻撃が追加された為、使い道はあるように改善された。
量産型ゲシュペンストMk-II
OGシリーズ』における味方側の量産機。機体性能が低い上に中途半端、空も飛べないので自軍の戦力が揃ってきたら基本的に倉庫番になる。設定上でも旧式で他の量産機より性能が劣るとみなされている。
量産型ヒュッケバインMk-II
OG2』以降のOGシリーズにおいて入手できるが、性能も低く固定武装はバルカン砲しかない。GBA版ではまだ使わざるを得なかったものの、強力な機体が増えた『OGS』以降はまず出番はない(ただし、一部ステージでの強制出撃には注意)。
F-28メッサーSF-29ランゼンF-32シュヴェールト改
『OGシリーズ』における戦闘機。戦闘機なので当然汎用武装を持つことも出来ず、固定武装も貧弱であるためまず使われることはない。修理補給装置をつけるにしても他に機体がある。
ダッガー
Z』では殆どが2人乗りのウォーカーマシンにあって、本機は1人乗りで機体性能も低い。更に同じ低スペック一人乗り機体のトラッド11と違って、補給もできない。
魚竜ネッサー
バリアがあるがあまり頼りにならない。同系列の翼竜スカイラー剣竜バゾラーと異なり修理装置補給装置も無いため、小隊システムをもってしても後半はあぶれる。
サーペント
補給装置やキラーバイトによる装甲値低下があるが、『K』では後半にバルキングを入手すると同時に抹消され更に改造引き継ぎもない為に改造されずに終わる事になる。また、『L』では最初からバルキングがいる上に、補給装置持ちが比較的多いのでわざわざ乗り換える必要性が薄い為、大抵が倉庫番で終わる事が多い。
しかし、機体ボーナスが射撃系機体と比較的噛みあうのでボーナス狙いでPUのサブになる場合もある。
リアルPGガンダム
OE』におけるケロロ軍曹の2機目の機体だが、性能面は追加武装のラストシューティング追加前のガンダムとほぼ同じで強制出撃の機会は一切なく、ケロロロボMk-IIが物語が進むと追加武装やゴッドケロンに合体可能になって強化されていくため、ECの消費を抑える事も兼ねて大抵が倉庫番で終わる事が多い。
ダンバイン
BX』では特殊能力や機体ボーナスがボチューンより劣っているため、合体攻撃要員であるにも関わらずビルバイン復帰後即二軍行きになる場合が多い(しかも条件を満たすと加入するトッド・ギネスライネックの方が性能的に上)。更にズワァースが今作では無条件入手なので、マーベルはそちらに乗り換えする場合が多いので…。
X』でもサーバインが無条件で入手できるためおまけの妖精が同乗する分やはり二軍落ちに…。
ハウザー クリス・カスタム
V』におけるクリスの機体。早期加入する補給装置持ちだが、同時期に加入するエルシャ機がカスタムボーナスで補給装置を得られてしまうため、新たなユニットが参入していくにつれて出番は無くなりがち。

一部作品で、二軍行きの可能性が高いパイロットと機体[編集]

通常の作品ではエース級でも、一部作品では理不尽なまでに弱体化されていたり、周囲の機体性能強化から取り残されたり、システムに見放されて二軍行き候補となる場合がある。

ダンクーガ(『第4次』)
「通常武器の使い勝手が悪い」「必殺武器の燃費が悪い」「地形適応Aが無い」「(グラフィックではブースター装備なのに)空を飛べない」「決定打に欠ける」「後半のコン・バトラーVとの二択で大方のプレイヤーに切り捨てられる」など、初参戦なのに酷い扱い。
ところが、『第4次S』以後は性能が改善された。それどころか武装追加・デフォルト飛行・地形適応上昇・パイロットの精神と特殊能力追加と至れり尽くせり。現在に至るまでスーパーロボットの中でもトップクラスの火力のアタッカーとして知られることとなる。
ダイモス(『第4次』)
リアル系ではパワーアップイベントがないだけならまだしも、よりにもよって最強武装である「必殺烈風正拳突き」が宇宙空間で使えないという酷な仕様の被害を受けた。しかも、ゲーム終盤は宇宙マップが殆どの上、他の武装も威力が低すぎるなど、ダンクーガと同じく初参戦なのに酷い扱いだった。
ちなみに、必殺烈風正拳突きは原作では宇宙でも使っている(当時は資料不足のため、宇宙でも使えたということをスタッフが知らなかったという説が有力)。
Gガンダム勢(『J』)
移動力が低い」「装甲も運動性も中途半端」「飛行できるのに空適応がB」「明鏡止水スーパーモード)の修得が遅い」「殆どの分岐で両方のルートに同行するため、同行させず合流時にレベル補正を受けさせる事が出来ない」など冷遇されている。
ダルタニアス(『D』)
ルート分岐で「旧エリオス領へ向かう」を選ばないと「キャノンキュービック」「火炎アタック火炎十文字斬り」「超空間エネルギー解放」が追加されず、特に後者2つはその時点の最強武装より数段強く、いくら3人乗りスーパーロボットといっても完全な火力不足に陥り二軍落ちしやすい。(ガスコン専用ロボと合体攻撃もできるが火力は控えめで後半単機でそれ以上の火力を出せるロボが多数出てくる。)
逆に隠し武器を獲得すると凄まじい火力で一軍でバリバリボスキラーとしての活躍が期待できる。
綾波レイEVA零号機
一部作品では終盤で永久離脱してしまう。
コウ・ウラキ(旧シリーズまで)
かつては「主役格でありながら二軍落ち」の代表格だった。ウィンキーソフト開発時代の「NT至上主義」の一番の犠牲者。
α』以降は能力値や精神コマンドのラインナップが是正されて十分に一線級の能力となり、『α外伝』や『IMPACT』などNT勢より優遇される事も。
ガンダムW勢(『F完結編』)
かつては加入が遅いにも関わらず運動性・装甲・武器性能と全てが中途半端で、搭乗者の精神コマンドもイマイチだった。マップ兵器の使えるウイングガンダム幸運を持つカトル・ラバーバ・ウィナーを乗せる戦法でのみ活躍できた。
クワトロ・バジーナ
64』と『COMPACT2第3部』(『IMPACT』)では味方のクワトロから一転、『逆襲のシャア』の「シャア・アズナブル」として敵になってしまう
さすがにマズイと感じたのか、『MX』や『Z』では発売前に寺田貴信Pから「今作におけるサングラスの人は裏切りません」と公式に宣伝されている。
一方『GC(XO)』や『OE』ではそうした言及は無かったものの、『逆襲のシャア』が機体だけの参戦(かつサブシナリオや追加ミッションのクリアが条件)のためか、あるいは一年戦争時代のシャアとしても登場しているのでキャラが二転三転するのを避けてか、最後まで味方のままである。ただし『OE』の場合、ゲーム中盤までジオン系が相手で出撃不能扱いのミッションが多く、DLCでサザビーを入手しなければ固定乗機になる百式にも大きなレベル差補正を覆す力は無いため、育成を放置されて二軍入りの恐れも少なからずある。
百式
『ガンダムΖΖ』設定で登場する『V』や『X』では過去作品においてMAP兵器全体攻撃として重宝されたメガ・バズーカ・ランチャーを非所持のため、高確率で二軍落ちとなる。
装備されている作品でも、自軍入りの時分にはもはや出撃枠の工面に苦労するゲーム後半で、更にフル改造しなければMAP兵器にならない『第2次Z 破界篇』ではかなり危うい。
ムウ・ラ・フラガ以外のガンダムSEED勢キャラ(『W』)
改造の引き継ぎとお気に入り枠の都合上、扱いやすいアストレイ勢が使われる場合が多い。
もっとも、キラ・ヤマトは『W』では能力は高く、改造もストライクからフリーダム、ジャスティス等に引き継いだりするのだが、キャラのみ二軍行きの可能性が高い。ムウの場合、アストレイ系機体との適性が良いため比較的活躍しやすい。
アポロシリウス・ド・アリシアシルヴィア・ド・アリシア以外のエレメント(『第2次Z』)
前作の『Z』では、強制乗り換えやシリウスの一時敵対化、強攻型アクエリオンの入手もあったため、他のエレメントのレベルを上げる必要があったが、『第2次Z』では乗り換える必要性がほぼ皆無であるため、二軍行きがほぼ確実となってしまう。
グレートマジンガー(『X』)
機体自体は優秀なのだが、加入して数話で完全上位互換であるマジンエンペラーGが登場してしまい、別のキャラを乗せる事もできないため、余程の思い入れがない限り2軍落ちがほぼ確定してしまう。
アハマド・ハムディデメクサ・シーエサナン・ティアンプラサート(『LOE』)
各人第1章では御前試合の前後数話でしか使用できない上に、第2章でも再加入のためには多くの隠し要素を犠牲にしなければならない。そして、仲間にしたところで戦力としては微妙という有様。
また、アハマドは唯一経過ターン数を加入条件にしている上に必殺技の取得も別に条件が必要という有様である。しかし、リメイク版でアハマドは…。

例外的[編集]

スーパーロボット大戦OG外伝
ほぼ『スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATIONS』と同じ面子が揃うのだが、更に仲間が増え、話数が全36話と少なめな為、必然的に二軍に落とされるパイロットが多かった。SRXチームを使うかどうかで出撃枠が変動する。
第2次スーパーロボット大戦Z
本作品は参戦作品と分岐が非常に多いので、使う・使わないユニットの差が激しい。ただし、主役級は満遍なく育てないとルート分岐で苦労することになる。
スーパーロボット大戦Card Chronicle / スーパーロボット大戦X-Ω
これらソーシャル系作品はゲームの性質上、ユニット性能はレアリティに比例するため、低レアリティのユニットは一部イベントや中盤以降のストーリーなどの高難度クエストにおいて、限界まで強化された状態であっても戦力として厳しくなる。最高レアリティのユニット頭数が揃ってきてからはユニット枠圧迫を防ぐため、低レアリティユニットは二軍はおろか排出即売却の運命が待つ。
『X-Ω』はユニットシナリオの仕様により入手即売却の流れは抑制されているが、インフレも顕著に進行中で、大器型やΩスキル搭載型など実質上のSSRの上位レアリティが登場し、また現時点でのエンドコンテンツであるアリーナや征覇・闘滅モードで有利なユニットが重用される事もあり、サービス初期実装のSSRの多くが型落ち扱いとして倉庫で埃を被る状態となっている。特に型落ち傾向が顕著なのは毎月新機体が追加実装されるハインヘルム系列。
Ver更新に伴い、チャレンジミッションによる実質的な低レアリティ縛りや、戦力の量がランダム報酬のクジを引く回数に比例する撃退演習の実装で、倉庫番達にも起用機会は作られているものの、管理の煩雑さと秤に掛けると微妙な按配はあまり変わっていない。

関連項目[編集]

修理装置補給装置
もっとも有名な救済措置。といっても、普通に使えるユニットにも搭載されていることもある。
小隊システム
システムの都合上、出撃枠の大幅な拡大により二軍ユニットの数が大幅に減少した。また、「戦闘系としては二流だが支援系としては一流」といったキャラの再評価が大幅に進むことになった。
サブオーダーシステム
上記の小隊システムが採用されていない作品ではこちらが導入されることが多い。オーダーボーナスを得られること以上に二軍パイロットの救済措置としての側面が強く、選択時のソートが昇順になっていることとも整合する。
ユニット捨てるショップ
救済措置の真逆に位置する、究極的な二軍ユニット処理の仕様。