ヌーベルディザード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヌーベルディザード
外国語表記 Nouvelle D-Seerd
登場作品 重戦機エルガイム
デザイン 永野護
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

ヘビーメタル

生産形態 試作機
頭頂高 19.8 m
全高 24.5 m
重量 24.9 t
動力 太陽光発電システム
エネルギー 電力
装甲材質 ジーンプラ
フレーム Mサイズ
開発者 アマンダラ・カマンダラ
所属 アマン商会 → 反乱軍
乗員人数 1名
パイロット ガウ・ハ・レッシィ
テンプレートを表示

ヌーベルディザードは『重戦機エルガイム』の登場メカ。

概要[編集]

ガウ・ハ・レッシィが、アマンダラ・カマンダラからホエールと共に譲り受けた試作型A級ヘビーメタル。名前を直訳すると「新しいディザード」。

エルガイムMk-IIのベースとなったアモンデュール・スタックの試作機に当たり、アモンデュールがディザードをベースにしていることを暗に示した機体である。「クルツテンプル」の別名を持つとされているが、テンプルシリーズとどのような関係にあるのかは不明。コックピットにスパイラルフローシステムを採用しているため、滅びたヤーマン王朝から接収したガイラムをベースとしているとも言われている。

上記の設定から構造的にエルガイムMk-II同様ランドブースター形態への変形が可能だが、永野護氏が制作時期にそれを明かしていなかったため劇中で変形を行う事はなく、SRWにおいてもランドブースター形態が登場したことはない[1]

この変形機能に加え左右のバインダーに内蔵したパワーランチャーなど、後のギャプランを髣髴とさせる部分がある。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
レッシィが中盤で乗り換えるのだが機体・武器性能共に特筆すべき点がなく、また無改造なので彼女が最初に持ってきたカルバリーテンプルの方が初期から改造されている分強くなっている。ただしこちらにはシールド・Sマインがある(カルバリーテンプルにはどちらもない)上に、同改造段階においてはこちらの方が性能が高くなるので、資金さえ掛ければエルガイムMk-IIアシュラテンプルに次ぐ三番手HMとして活躍させることも出来る。
第4次スーパーロボット大戦S
他のヘビーメタル同様、パワーランチャーの攻撃力が上がった代わりに弾数が減った。
スーパーロボット大戦F完結編
序盤にエルガイムMk-IIと一緒に入手。ステージ中アマンダラホエールを守りきると、その際エルガイムと2択でバスターランチャーの追加を選択することができる。
エルガイムと比較すると、耐久力とパワーランチャー・Sマインの火力が上がっている。ただし、パーツスロットが1つ少ない分火力以外はエルガイムの方に分がある。何れにしろ加入時点以降ほとんどの敵には、運動性を徹底的に高めなければどんな武器であれ当てられないので、加入早々倉庫行きの可能性が高いのが実情。
終盤、敵として量産されて登場するのだが、敵仕様は味方版とは桁違いな性能を持っている上、自軍同機にバスターランチャーを装備させると(ユニットデータは別になっているにも関わらず)何故か敵仕様にも追加されてしまう。自軍に対し多大なリスクを与える事になるので、バスターランチャーはエルガイムに装備させる方がお勧め。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
レッシィの乗機として登場する。3段階改造されている。最初から、バスターランチャーが装備されている。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
モノクロ版と同じ立ち位置。劣化版エルガイムMk-II

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
レッシィが再加入時に乗ってくる。攻撃力はエルガイムと同等だが、合体攻撃がない点でエルガイムに劣る。
スーパーロボット大戦Operation Extend
レッシィの乗機として登場する。「ヌーベル・ディザード」と「・(中黒)」入りで表記されている。
ダバのエルガイム、アムのディザードとグループを組み、GR内のMAP兵器担当。6章で手に入るダバのエルガイムMk-IIもMAP兵器持ちだが、ダバがMk-IIで出撃するとアム&レッシィと別枠のダバ(+リリス)とにGRが分割されてしまうので、3人+リリスのGRを維持する選択肢も十分有望。アムとの2人GRで出すならまずレッシィが前衛役なので、この機体を優先的に改造しても良いだろう。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年1月のイベント「リベリオン」より実装。表記は「ヌーベル・ディザード」。SSRシューター。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
味方専用機。マップ兵器バスターランチャーを持ち、性能もエルガイムより高い。しかしシャアルートでは入手できず、ラズロルートでも条件次第でしか入手できない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

セイバー
エネルギー剣。
ハンドランチャー
手首に内蔵した小型ビーム兵器。
Sマイン
投擲式の爆弾。
パワーランチャー
両肩のバインダー内に装備されたビーム兵器。
バスターランチャー
本来であれば、機体出力の問題で装備は不可能。
F完結編』ではエルガイムとの二択で装備できるが、前述の様にリスクが高すぎておすすめできない。
バインダー
両肩に装備された盾。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備/シールド防御
切り払いシールド防御を発動。
ツインメリットコーティング
OE』で採用。
ビームコート
ツインメリットコーティングの代用。
グループ (GR)
エルガイム及びディザードグループ出撃可能。

移動タイプ[編集]

・陸
GCXO)』や『OE』では飛行可能。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「エルガイム -TIME FOR L-GAIM-」
前期オープニング主題歌。『第4次』にて。
「進撃エルガイム」
OE』ではバスターランチャーのBGMとして採用。

関連機体[編集]

ディザード
開発のベースになった機体。

脚注 [編集]

  1. 玩具『ROBOT魂』では変形可能。ただし説明書にも載っていない隠しギミック。