ガイラム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガイラム
外国語表記 Gayrahm
登場作品 重戦機エルガイム
デザイン 永野護
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

ヘビーメタル

生産形態 量産機
頭頂高 22.2 m
重量 16.1 t
エネルギー 電力
ソーラーパワー
装甲材質 ジーンプラ
フレーム Mサイズ
開発 ヤーマン族
所属 ヤーマン王朝 → サートスター
主なパイロット フル・フラット
テンプレートを表示

ガイラムは『重戦機エルガイム』の登場メカ

概要[編集]

オージェブラッドテンプルと並ぶペンタゴナ3大ヘビーメタルの一つで、ヤーマン王国のオリジナルヘビーメタル

ガストガル系の攻撃型ヘビーメタルとは異なり、防御、防衛に重点が置かれている。

本機の主兵装は全高に匹敵する長さを誇る槍「パドルスピアー」と大型盾「グランドバインダー」。これによってブラッドテンプルの主兵装「フレームランチャー」を防ぎつつ、射程の死角を突いた攻撃が可能となっている。

テンプルナイツのブラッドテンプルに唯一対抗できる存在として、ポセイダル軍を苦しめたが、ヤーマンは敗北。ヤーマン族がポセイダルに滅ぼされた際に残った機体が押収され、サートスターに保管されてフル・フラットの乗機として使用されていた。

また、ヤーマン王朝の技術者だったダバ・ハッサーによって、王族用のガイラム21号機「アーメス」が密かに持ち出されており、この機体を量産前提にカスタマイズすべく素性隠匿の目的もあって改修されたのがエルガイムである。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦F完結編
シナリオ「清算されし過去、そして…」にて初登場。フル・フラットが乗る。エルガイムの元になったオリジナルヘビーメタルで、ブラッドテンプルに対抗出来る唯一の機体だけあって、高い耐久と運動性を併せ持つかなりの強さを誇り、Mk-II程度では相手にならないが、実は射程が8止まりなのでMk-IIのバスターランチャーの限界である9マスから一方的に攻撃できる。なお、攻略次第で一部のシナリオでNPC扱いとして自軍に協力してくれるが、この状態になったガイラムにもなんと味方が攻撃可能。そのため、資金稼ぎの犠牲になる事も珍しくない。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
シャアルートでは初期に、ラズロルートでは選択次第で、それぞれ2体同時に入手できる。
しかし武器はパワーランチャーとスピアのみでマップ兵器を持たず、ディザードより強い程度の性能でしかない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

セイバー
ヘビーメタル標準の装備。
パドルスピアー
本機の主兵装である長大な槍。ブラッドテンプルのフレイムランチャーを上回る射程のパワーランチャーが内蔵されており、巨大な盾であるグランドバインダー(アニメ未登場)と組み合わせたアウトレンジ攻撃でポセイダル軍を苦戦させた。エルガイムに改修された際には未装備。
パワーランチャー
エルガイムと同型の物。コードをボディに接続することで使用出来るビーム兵器。
有機コンピューターファティマ
ヘッドライナーをサポートする意志を持ったコンピューター。全ガイラムに搭載。

特殊能力[編集]

ビームコート

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

関連機体[編集]

エルガイム
ガイラムを改修して生み出された機体。量産を前提に開発されているので、ガイラムの主兵装「パドルスピアー」や「ファティマ」といった特殊装備は全て失われており、機体性能は大幅に低下している。
ブラッドテンプル
ポセイダルの主力機。無敵の強さを誇ったこの機体もガイラムにだけは苦戦した。