2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ブラッドテンプル

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ブラッドテンプル
登場作品 重戦機エルガイム(本編未登場)
デザイン 永野護
分類

ヘビーメタル

生産形態 量産機
全長 23.7m
重量 32.7t
動力 太陽光変換エネルギー
フレーム ムーバブルフレーム・Lサイズ
所属 ポセイダル軍
主なパイロット オルドナ・ポセイダル(ミアン)
アマンダラ・カマンダラ(真のオルドナ・ポセイダル)
フル・フラット
テンプレートを表示

概要[編集]

重戦機エルガイム』に設定のみ存在するヘビーメタル

十年前のペンダゴナ統一の「聖戦」で活躍したポセイダル軍の親衛隊「テンプルナイツ」が使用したオリジナルヘビーメタルであり、レプリカとは違い、30機しか存在しない大変貴重なヘビーメタル。のちの「テンプルシリーズ」の原型の機体であり、他のテンプルシリーズを開発するため、実戦投入されたのは24機ほどと言われている。

機体フレームはL型を使用し、高出力かつ高機動力を誇り、まだ実用段階であったフロッサーシステムにより飛行も可能。最大の武器は全長よりも長い「フレームランチャー」という一万二千℃以上の炎を放つ火炎放射器であり、ヘビーメタル群を瞬時に焼き払うという凄まじい武器である。

なお、頭部は各ヘッドライナーの好みで改造され、生体コンピューターである「ファティマ」の性能も各ヘッドライナーが使う機体で違いがある。

最強のヘビーメタルとして名を馳せ、ポセイダル軍の原動力となり、最終的に勝利へと導いたが、唯一の難敵はヤーマン族が使用したガイラムであり、防御に特化したこのヘビーメタルは打ち破ることはできなかった。その後はブラッドテンプル自体も戦乱により失われて、ペンタゴナ統一後は姿を消した。残された機体はオルドナ・ポセイダルが管理しており、ポセイダル専用艦エイブに数機残されていると言われている。

設定では最強のヘビーメタルであるが、原作では一度も触れられてない。その存在が明らかとなったのは角川書店の『ザテレビジョン』別冊『重戦機エルガイムI』のイラストであり、当初は最終回で数十機ほど登場する予定であったが、もはややられ役の扱いしか出来ないということもあって没となった経緯がある。その後永野護氏の作品『ファイブスター物語』にこれをリデザインしたモーターヘッド「L.E.D.ミラージュ」が登場、同じく作中最強の機体という設定がされている。

設定のみの存在だが、エルガイムMk-IIの頭部がブラッドテンプルの3号機を使用していたり、オージの右腕のバインダーがブラッドテンプルのフレームランチャーのアタッチメントだったりと名残りが見られ、ファンには良く知られている。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
ポセイダルとの最終決戦でアマンダラ(真・ポセイダル)が搭乗してくる。武装はSRWオリジナル。50000のHPとマップ兵器バスターランチャーにより、その性能はゲストライグ=ゲイオスを上回る。『第4次』では3番目に強いユニット(ネオ・グランゾンバラン=シュナイルに次いで)。HP回復(大)と、月面基地の恩恵によるHP回復20%により驚異的な回復力を誇る。ギャブレー説得しないシナリオ「オルドナ=ポセイダル」はその高難易度に拍車を掛けた最後のボスユニットとして登場するため、下手をすれば詰まる可能性は高い。スーパーロボットの必殺技と、エルガイムMk-IIのバスターランチャーを使って倒そう。Sマイン2回・パワーランチャー5回しか反撃できない隣接空中が穴と言えるかもしれない。しかし、実はその前に登場するオージと違ってうまく誘えば月面基地から外に引きずり出すことができ、地形による命中率・防御力修正及びHP回復を軽減することができるので、そうなればオージより楽に倒せるということもありうる。

装備・機能[編集]

前述の通り、『第4次』では原作設定の武装は登場せず、ゲストの兵装が装備されている。

武装・必殺武器[編集]

セイバー
ランサー
Sマイン
パワーランチャー
フレームランチャー
SRW未登場。強力な火炎放射器で、プラスチック質の装甲をもつHM相手には無敵と言える破壊力を誇る。『ファイブスター物語』でリデザインされたL.E.D.ミラージュにも同様の武装が装備されている。
ギガブラスター
SRWオリジナルの武装。ライグ=ゲイオスと同様の長射程・高威力を誇る。
バスターランチャー
ヘビーメタル最強の兵装で、SRWではマップ兵器
有機コンピューターファティマ
ヘッドライナーをサポートする意思を持ったコンピューター。各ヘッドライナーの機体により、ファティマの性格・性能が異なり、ヘッドライナーの能力に応じてファティマは独自に思考する。自分だけの機械の戦友とも言える。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動。
対ビームコーティング

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「エルガイム -TIME FOR L-GAIM-」
第4次』にて第三勢力と戦闘すると流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

関連機体[編集]

ガイラム
ブラッドテンプルに唯一対抗可能なヤーマンのオリジナルヘビーメタル。
アシュラテンプル
ブラッドテンプル25号機をオリジナルとする。
カルバリーテンプル
ディスティニーテンプル
テンプルシリーズの1機。本編中では若き日のポセイダルとミアンの写真に足だけ写っていた。
放送当時発売されたアシュラテンプルのプラモデル解説書にも名前だけ触れられている。SRW未登場。
エンパーテンプル
全身にバスターランチャーを装備した怪物HM。
ガストテンプル
イラストのみ存在している。外見はバッシュに若干似ている。
ヌーベルディザード
クルツテンプルの別名を持つが、フレームサイズが異なり、どのような関係にあるのかは不明。
エルガイムMk-II
ブラッドテンプル3号機の頭部が流用されている。
オージ
ポセイダルが戦争終結後に作り上げたヘビーメタル。自身の愛機たるブラッドテンプル、オージェのパーツを流用して製作されているため、極めて高い戦闘能力を誇る。

余談[編集]

  • 『第4次』以後のSRW作品には登場していない。長期間の再登場がないのは本機に限ったことではないが、本機は作中に登場しない設定のみの存在という特異性を持った機体であるためか、再登場しない理由について「デザイナーの永野護氏に無許可で出したため怒られた」・「版権トラブルが発生した」などと推測されることがある。