オージ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
オージ
外国語表記 AUG
登場作品 重戦機エルガイム
デザイン 永野護
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
別名 オリジナル・オージェ
分類

ヘビーメタル

頭頂高 20 m
動力 太陽光変換エネルギー
バイオリレーションシステム
装甲材質 特殊処理された純金と白金
フレーム Mサイズ
所属 ポセイダル軍
パイロット アマンダラ・カマンダラ(真のオルドナ・ポセイダル)
テンプレートを表示

オージは『重戦機エルガイム』の登場メカ

概要[編集]

真のポセイダルたるアマンダラ・カマンダラが乗り込むヘビーメタル。機体のキーはアマンダラ自身で、自衛機能で遠隔操作も可能。

ポセイダル家に伝わる二機のオージェのパーツをひとつにまとめたもので、上半身がオージェ(ただし頭部以外レプリカ)、下半身がプディン・オージェによって構成されている。さらに右肩のアーマーにはブラッドテンプルのものを流用しており、バスターランチャーを装着可能。

この機体の装甲材には特殊処理を施された金とプラチナが使用されており、機体価格はオージェを遥かに超える。

この機体のエネルギーはバイオリレーションシステムによる生体エネルギーを利用しており、首都スヴェートにあるバイオリレーションシステムの中枢からエネルギーを受けている。その力は圧倒的で、エルガイムMk-IIの攻撃をまるで寄せ付けず、フレームを苦もなく握りつぶすほど。さらに、生体エネルギーの還元によってアマンダラの身体は急速に若返っていった。しかし、システムの不調によってエネルギー送信フィールドの範囲が極めて狭く、フィールドを出てしまうと途端にパワーダウンしてしまうため、エルガイムMk-IIに決定的な止めをさせるほどに近づけないという欠点が露呈してしまった。

エルガイムMk-IIを入念にいたぶり尽くした上で止めを刺そうとするが、ダバ・マイロードの捨て身の攻撃が頭部を貫通し、さらにミアン・クゥ・ハウ・アッシャーによってバイオリレーションシステムの機能を停止させられてしまう。せめてダバを道連れにせんとするが、突如として割って入ったギャブレット・ギャブレーバッシュに阻止される。直後、バイオセンサーを切られた事でアマンダラも急速に老化し消滅した。ヘッドライナーを失ったオージはそのままスヴェートの地に倒れ、ポセイダル軍は事実上壊滅した。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初登場作品。アマンダラ(真・ポセイダル)でなく、ポセイダル(ミアン)が乗り込んでいる。直接対決にはこちらは疲弊し切っているので、万全の状態で臨もう。ブラッドテンプルが登場するため、噛ませ犬のような役割になってしまっているのでファンにとっては複雑な気分。
スーパーロボット大戦F完結編
アマンダラもミアンも乗り込む。『第4次』で前座扱いだった為か、かなりの好待遇。基本性能はハマーンキュベレイと互角だが、超電磁スピンと同等の圧倒的威力・ファンネルすら上回る射程9・EN10という低燃費を誇る超性能のパワーランチャーを武器とし、HP回復(大)にシールド&ビームコートを持つ事から、攻守共にこれまでのボスユニットとは一線を画す強さで、ラスボスよりも苦戦したとの声も。パイロットが共通して高レベルの切り払い&シールド防御を習得済、性格「強気」である事も堅牢さに拍車をかける。アマンダラ機に至ってはバイオリレーションの効果を反映しているのか、HP/装甲/武器フル改造の為、装甲5800/攻撃力5400という出鱈目な数値を持つ。真・ゲッターの様な強力なスーパー系を育てていれば多少は楽に戦えるが、ミアン機との決戦時はシナリオ都合によるサイズL以上出撃不可の為リアル系を主軸に据え戦わなければならない。マジンガー系やガンダムF91を有効に使えなければ非常に苦しい戦いになるだろう。ファンネル搭載機に高性能レーダー2基を装備させ強引に射程外攻撃を仕掛けるのも1つの手。ビームコートとシールド防御が併発できない仕様上ビーム攻撃ならばシールドを掻い潜れるが、当然半端な改造段階ではヴェスバーすら話にならない。また、PP開始毎にENを20回復する隠し能力を持つ為、EN切れも望めない。
なおアマンダラ機との決戦では条件付きで、DCルートの場合は東方不敗マスターガンダム、ポセイダルルートの場合ギャブレーバッシュが登場しオージを攻撃してくれる。ギャブレーの場合、条件の都合上ハイエナされる形になりがちだが、残りマップ数を考えると今更獲得資金を気にする段階でも無いだろう。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
終盤中の終盤、31話『ドリーマーズ・アゲン』に、アマンダラ(真・ポセイダル)と、ポセイダル(ミアン)が乗る2機が登場する。脅威の射程9に、2回攻撃。街の地形効果もあって、非常に手ごわい。HP回復大もあるので、1ターンでしとめたいところ。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
ポセイダル(ミアン)は乗り込まずアマンダラ(真・ポセイダル)のみが搭乗。二回目の復活後に攻撃可能になるラキシスの心臓を破壊しない限り気力150の状態で無限に復活してくる。撃墜するたび2万も資金が貰えるのでこれを利用して稼ぎも可能。ただしバスターランチャーやサイズの火力は相当高く一撃で落とされぬよう注意が必要。
スーパーロボット大戦Operation Extend
ポセイダル(ミアン)は乗り込まずアマンダラ(真・ポセイダル)のみが搭乗。一度目の復活後ラキシスの心臓を破壊しない限り、HPが一定以下になると回復する。火力が高く、サイズ(衝撃波)には「押出」特性が付いているため、注意が必要。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
アマンダラが乗る敵専用機。ハマーン・ロシュルートでは中盤にボスとして登場。
ポセイダルルートでは更に性能が高い大ボスバージョンの機体が登場。こちらは特殊能力「バイオリレーション」により、1ターンごとにHPを全回復する。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

バインダー
左肩に装備した攻防一体の装備。武装を内蔵しており盾としても使える。
パワーランチャー
左肩のバインダーに仕込んである。原理的にはエルガイムのそれと変わらないはずなのだが、バイオリレーションシステムによりバスターランチャー並みの破壊力となっている。
ゲームにおいてもラスボス補正で脅威の5400という超威力と長射程が加わり、もはや別物である。消費ENもたったの10、気力制限も無し。援軍として出てくるグランゾンもこれでよく撃墜される。ダメージ10000越えも当たり前。
スロウランサー
左肩のバインダーに仕込んだ短刀を連射する。着弾した短刀は爆発を起こす。
バスターランチャー
手持ち式ではなく、右肩の肩アーマー部に内蔵されている。
ゲームではGCから実装で、例によって通常版とマップ兵器版の両方が存在。
セイバー
ハンドランチャー
セイバーからビームを発射する。ヘビーメタル共通の装備。
サイズ / 大鎌セイバー
両腰の柄を合体させる大鎌。これを構えたオージはまるで死神の如く「死刑執行人」。

特殊装備[編集]

バイオリレーションシステム
人の生体エネルギーを利用したシステム。システムが機体に内蔵されていない為に、機能範囲が限定されてしまう欠点が存在する。
F完結編ではオージ自体にこの機能を内蔵する事により、機能範囲が狭くなる欠点を解消した。当然ゲーム中での強さもお墨付きである。
シンボライズド・コンピューター
ヘッドライナーをサポートする意志を持ったコンピューター。死神の姿を模している。

スパロボでの武装[編集]

ギガブラスター
第4次でのみ搭載しているスパロボオリジナルの武装。ライグ=ゲイオスのものと同一。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備
切り払いシールド防御を発動する。
ビームコート
ビーム兵器のダメージを軽減する。
HP回復(大)
F完結編では一部のシナリオでHPEN回復効果を持った地形に陣取る為、毎ターンHPが50%も回復してしまう。EPで可能な限りダメージを与え、次のPPで撃破する事が望ましい。
EN回復(正式名称不明)
F完結編で所持しているオージ専用能力。ステータス画面にも表示されない隠し能力で自軍フェイズ時にENを回復する。この能力によりパワーランチャーを実質無限に放てる。次回作のα以降はEN回復として採用され、殆どのユニットに普及していった。

移動タイプ[編集]

飛行可能。GC以前は陸のみ。

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「エルガイム -TIME FOR L-GAIM-」
『第4次』にて第三勢力と戦闘すると流れる。
『S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

対決・名場面[編集]

エルガイムMk-II
立ち向かうダバであったが、オージのバイオリレーションシステムにより最大出力のパワーランチャーをも弾かれ、左腕をもぎ取られて、まるで歯が立たなかった。捨て身の攻撃はオージの頭部を貫通するが、Mk-IIの頭部はサイズで撥ね落とされた。そして機能不全に陥ったMk-IIを救ったのはギャブレーバッシュであった。

関連機体[編集]

オリジナル・オージェ
ポセイダル家に伝わる黄金のオージェ。オージの上半身を構成する。
プディン・オージェ
ポセイダル家に伝わる白金のオージェ。オージの下半身を構成する。
ブラッドテンプル
右肩のアーマーを流用している。
オージェ
レプリカ機。ネイ・モー・ハンに貸し与えられていた。
シェルブレード
SUNRISE WORLD WAR Fromサンライズ英雄譚に登場するFTで、オージに似ている。

余談[編集]

  • 機体名の「オージ」は、バイストン・ウェルの最上層「ウォ・ランドン」のもっとも上の領域と同じ名前。

商品情報[編集]