ダバ・マイロード

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダバ・マイロード
外国語表記 Daba Myroad
登場作品 重戦機エルガイム
声優 平松広和
デザイン 永野護
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
本名 カモン・マイロード
種族 ペンタゴナ星系人ヤーマン族
性別
年齢 18歳
出身 コアム星ウーゴル
身長 180 cm
体重 62 kg
所属 民間人ポセイダル反乱軍
役職 反乱軍リーダー
テンプレートを表示

ダバ・マイロードは『重戦機エルガイム』の主人公

概要[編集]

オルドナ・ポセイダルに滅ぼされたヤーマン族カモン王家の生き残りで、本名はカモン・マイロード。養父ダバ・ハッサーの死後、彼の残したハンドメイドヘビーメタルエルガイムを持って、親友ミラウー・キャオと旅に出る。

エルガイムを狙うリーリン一家との争いの中、アマンダラ・カマンダラの100万ギーンの手形を手に入れ、それをアマンダラに届けようとした結果、ポセイダル正規軍との戦いに巻き込まれていく事になる。

補給・整備目的でステラ・コバン率いる反乱軍に参加したが、ステラの死後にその素性が明らかになると反乱軍の中心的存在になっていった。その後、ポセイダル軍より奪取・改造したエルガイムMk-IIに乗り換える。

戦いの中、行方不明だった義妹のクワサン・オリビーに再会するが、彼女はポセイダルに操られていた。全ての戦いが終わって救出されたオリビーの精神は崩壊しており、ダバはオリビーを守る為、ファンネリア・アムガウ・ハ・レッシィを捨てて、コアムへと帰っていった。

優しい性格の持ち主で、敵対するパイロットを殺さないようにコックピットを外す戦い方をする事も。また己の人生がどのようなものであるかを見極めようとしていて、やると決めたことは何がなんでもやろうとする頑固な面も持ち合わせている。その結果、他の星に行ったアマンダラを追って軍の輸送船を乗っ取る、船一隻でガストガル星に突入を図るなど相当な無茶をやることも。

養父の名前が「ダバ」・ハッサーで「カモン王家」の生き残り、という事からも分かるとおり、ファーストネームは「マイロード」の方。小説版や漫画『アンダー・ザ・サンズ』では「マイロード」と呼ばれている。なお、「マイロード」とは即ち「我が主君」という意味であり、呼び捨てにしても自然に主を敬えるようにと、ハッサーにより名付けられた。ただし、アニメ本編ではその願いが反映される事は無く、専ら『ダバ』と呼ばれており、苗字で呼び捨てられるという状態だった。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
序盤から加入。ターナ地球までやってくる。エルガイムより強化された状態でカルバリーテンプルが手に入る為、エルガイムMk-IIが来るまでそちらに乗り換えさせるプレイヤーも多い。エンディングでは、コアムに戻りペンタゴナ議会初代首席に推薦されたが、辞退。コアムで農場を営んでいる。
第4次スーパーロボット大戦S
声が入った。
スーパーロボット大戦F
序盤から仲間になり、能力の高さもさる事ながら、HMのビームコートによりMS戦で活躍する。レッシィを説得して加入させた場合、今回もカルバリーテンプル4段階改造済みで手に入るので、改造資金を浮かせる為そちらに乗り換えさせるプレイヤーも多数。何れにしろ、射撃値は十分高いのだが終盤になるに連れ機体の火力不足が気になって来る所。
スーパーロボット大戦F完結編
ようやくMk-IIが手に入るものの、必中集中がない事と2回行動の遅さが仇となってくる。終盤強制出撃もある為、レベルを上げておかないとロクに攻撃を当てられないまま操作するハメになるので注意。回避力やパワーランチャーの火力も次第に頼りなくなる為、彼を使うならば中盤以降はバスターランチャーによるマップ兵器中心で戦うのが良い。ポセイダルルートを進むと、集中と2回行動習得済みの点で勝るギャブレーが強力な対抗馬となるが、射撃値は勝っている上に乗機を取り合うわけでもないので、十分育っているならば二軍行きを考える必要はない。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
いきなりペンタゴナから飛ばされてくる。エルガイムMk-IIより、V-UPユニットにより凶悪性能になるエルガイムに乗り換える事が多い。原作での最終決戦と同様に、エルガイムが主役機に返り咲く瞬間である。必修精神コマンドは、てかげん熱血集中も高確率で覚える。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
必修精神コマンドは、てかげん熱血集中を覚えるパターンが減った一方で、加速見切りを覚える確率が上がっている。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
中盤から加入。原作通りペンタゴナで反乱軍に参加しており、ペンタゴナに迷い込んだガンドールに口利きしてくれる。再び集中を覚え、ゲームバランスの見直しから、使いやすくなった。また狙い撃ち技能を持つパイロットの一人のため、戦艦撃破や捕獲に役立つ。主人公ゆえに音声も新規収録されたが、援護台詞は既存のボイスを流用しているものもある。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第1章追加ミッション「反逆のルルーシュ」に登場。本格的な参戦は第4章から。
専用スキルとしてヤーマンの末裔が実装された。グループを組めるエルガイムと単機のエルガイムMk-IIの乗り換えが可能。
ストーリー中ではペンタゴナワールドでの反乱軍としての活動から、ポセイダル打倒までの流れでが再現される。EDでは、原作通り政治の道には進まずにクワサンと共に静かな生活を送る選択をする。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年1月のイベント「リベリオン」より参戦。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
完全な味方パイロット。惑星ウルスにヤーマン族を転写することで、一族を再興しようとする。
初期にエルガイムに乗ってスポット参戦した後、MK-IIに乗り換え再登場する。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
加速熱血てかげん集中友情
FF完結編
てかげんひらめき加速熱血友情
GCXO
ひらめき加速集中熱血友情
OE
集中気合熱血鉄壁
X-Ω
加速閃き
パイロットパーツ装備時
直感閃き+、勇気
リアルロボット戦線
加速熱血ひらめき集中てかげん友情

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
シールド防御L8、切り払いL3
FF完結編COMPACT
シールド防御L9、切り払いL7
GCXO
底力L8、援護L2、シールド防御狙い撃ち
OE
底力L9、見切りL9、ヤーマンの末裔L9
「ヤーマンの末裔」はダバの専用スキル。効果範囲内の味方の攻撃が上昇し、さらにその範囲内の味方ユニット(自機含む)が戦闘し、攻撃した際の気力上昇量が増えるというもの。

エースボーナス[編集]

闘志
OE』で採用。攻撃が命中するとSP+1、気力+3。

パイロットBGM[編集]

「エルガイム-Time for L-Gaim-」
前期OPテーマ。長らくテーマソングとして採用された。

人間関係[編集]

クワサン・オリビー
生き別れになった義妹。
ミラウー・キャオ
親友、というより腐れ縁いうべきか。当初はポセイダル正規軍に入らないダバを快く思っていなかったが、やがて彼と対等の仲へと成長していく。
ファンネリア・アム
盗賊団リーリン一家の一人だったが、惚れられ味方になる。
ガウ・ハ・レッシィ
13人衆の一人だったが、惚れられ味方になる。一時期ダバの元へ離れるが、それはダバらを思ってのことだった。
リリス・ファウ
見世物になっていた所を助けたのが縁で仲間に。
ギャブレット・ギャブレー
ライバル。当初は盗賊まがいだったが、正規軍に登用され本格的な宿敵に。
アマンダラ・カマンダラ
彼に人生を翻弄されることとなった。最後は真のポセイダルとして対峙。

他作品との人間関係[編集]

リアル系[編集]

黒騎士
OEでは彼に対して、皮肉を飛ばしている。
ゼロ
OEにて彼の助力を得て正規軍を撃退する。とは「今の為政者によってその身分を追われた者」同士でもある。

スーパー系[編集]

三輪防人
第4次ではレッシィとともに彼にスパイ疑惑を受ける。
アール博士
GCXO)ではダバの正体に薄々勘付いていた。
エドワード・ミト
GC(XO)で素性が明かされてから親しくなる。

名台詞[編集]

「ドッキングセンサー!」
エルガイムのコックピットになる小型バイク『スパイラル・フロー』をエルガイムに収納する際に発する台詞。毎回発声していた事から、視聴者からは音声登録の類と思われていたが、後にキャオがエルガイムで出撃した際にもこの台詞を言っており、『単なるロボットアニメ的な出撃時の決め台詞』という衝撃の事実が発覚する。もっとも音声によるコマンド入力という可能性もあるが(ようするに『誰が』言うのかは関係なくこの『言葉』を認識することでドッキングが開始される仕様)。
「ああ、嫌だぁ。死ぬなよ!」
第1話より、盗賊団との戦闘で敵を撃った時の台詞。基本的には人死にを嫌う。
「変なところに当たるな!」
第1話他、劇中でパワーランチャーを撃ったときの台詞。ゲームでも戦闘中の台詞として採用されている。ちなみに『変なところ』とは、コックピットなど、相手のパイロットの生死に関わる部位を指しており、ダバの優しさが垣間見える台詞である。余談であるが、SRWで印象に残ったのか、近年のアニメでパロディとして使われている事も。
「機動性なら、エルガイムだって!」
「俺は…自分でも自分の人生を見てみたくなったのさ」
第5話より。アマンダラ・カマンダラに手形を渡すため、ポセイダル軍の宇宙船を奪う事を決心して。とはいえ、この世界で大きな力を持つ軍と敵対する事を少々軽く見ていた節があり、後に追撃を受けた際には「ちょっと借りただけなのに…」といった趣旨の発言もしている。
「ならば!」
「危険な歓迎の返礼をさせて貰った事で、謝礼は受けました」
第8話より。手形を渡しに来たダバに「謝礼を出したい」というアマンダラを殴りつけて。建前的には会談前に敵と間違えられて銃撃された事に対する仕返しだが、ここまでに起きた手形を巡っての殺し合いや、事前に滅ぼされたヤーマン族の街並みを見た事による八つ当たりもあった模様。
「スト、スト、スト…やるのね!?」
第9話より。身の潔白を証明すべく、ストリップをしようとしたレッシィに対して。第4次でもこの台詞を発した。[1]
「ここからだったらシールドは効かないね!」
第12話より。至近距離からのパワーランチャーすら弾くオージェに対して。エルガイムの操縦をリリスに任せ、生身で顔面にバズーカを撃ちこむという奇策で相手を撤退させている。
「キャオ!周りがお前を認めなくても、俺はお前を認めてるんだ! 俺にはキャオが必要だ。ポセイダルを討つためにはキャオが必要なんだよ!」
第15話より。スパイ容疑をかけられて居場所を失い、ステラ・コバン暗殺しようとしたキャオへの説得
「皆もよく聞け!レッシィだって戦ってるんだ!いつまでもレッシィが生きてるなんて思うな!その時誰が代わって戦うんだ!? それはキミかもしれない、キミかもしれない。レッシィがいる間に学ぶものは学ぶ。それは俺だっていつ死ぬかわからないからだ!その時に誰かが代わらなければポセイダルを倒せないってことを、どうしてわかってくれないんだ!」
第16話より。戦い方を教えようとするレッシィに反発するキャオを修正し、反乱軍全体に激を飛ばす。ダバの言葉はステラの金銭よりも兵達の心を動かし、大きな被害を受けていた反乱軍の士気を呼び戻した。
「ポセイダル…見るがいい!お前に逆らうものはいくらでもいるということを!」
第18話より。ガストガル星の首都スヴェートに強引に突入、支配の象徴である巨大ポセイダル像の顔面にパワーランチャーを叩き込んで。
「リリス、ちゃんとヘルメットをつけて」
第19話より出撃前に。何て事のない台詞のようだが、この時のリリスは人間用のドライヤーを使うのに失敗し、空飛ぶ毛玉のようになってしまっていた。
「俺は自分の人生を見るまでは、一人ぼっちでも淋しくはない!」
第20話より、ギャブレーとの対決時に。ギャブレーは「取り巻きがいれば淋しくない」と返すが、最終回後のダバを思えば複雑な台詞である。
「騒ぎのある所に、ダバ・マイロードありってね!」
同話ラスト。鉱山惑星パラータを解放し、次の目的地に向かう際に残した決め台詞。
「自分だけが上等な生き方をしていると思うなよ!」
第23話で、クロソを騙っていた男を撃墜したネイに対し激昂して。高貴な生まれでありながら選民思想を持たず、平等な世界を望んでいる事を象徴するセリフ。
「最後までやらなきゃ分からないなんて、人生ってヤツは…!」
正規軍にスパイとして雇われていた単なる女たらしだった男が、反乱軍の伝説的英雄「クロソ将軍」として死んでいった様を見届けて。その言葉は最後の最後になって自身にも降りかかったのかもしれない…。
「やめろ…人を殺すと…君はもう普通の娘に…なれなくなるぞ! 不確かなままで人を殺す…ゲホッ、後悔するぞ…それで良ければやりな」
第24話より。シャワー中ミヤマ・アスフィー暗殺されかけての台詞。後半の一部は『F完結編』のアスフィー説得イベントでも再現された。
「愛だ、愛だ、愛だと言葉に溺れている内は、貴様はボーイだ! 子供にクワサンを愛させるものか!」
「他人に自分の人生の枠を組まれて何が面白いものか」
終盤のアマンダラとの対決。ペンタゴナワールドを自分の枠で支配するアマンダラにダバが切り返した。直後にアマンダラが「ならば、つまらなくしてやる!」と傲慢極まりない言葉で返した。

迷台詞[編集]

「まったく、アムもリリスも女は気が強くて…お前、女だよな?」
第12話より、勝手にコクピットに潜り込んでいたリリスに対して。この時はお仕置きのつもりかリリスの胸を触るというセクハラ行為を行っており(顔も普段とは別物なスケベ面)、直後に顔面にキックを貰っている。
「す、すいません…ドアが開いていたのでつい…。私の無礼を許して…あっ」
第18話より。間違えてフル・フラットシャワールーム乱入してしまっての謝罪。この後ポセイダル軍の女暗殺者との白兵戦で、うっかりブラジャーをはぎ取ってしまうなど、この回のダバは役得…もとい女難続きであった。
「申し訳が…ない。無線の状態が…よく…ない。ジャマーが…厚いんじゃないの…か」
第20話より。パラータ入港の際身分を怪しまれ、通信状態が悪いフリをする。この時の顔芸は中々コミカル。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「アマンダラ=カマンダラ…裏からペンタゴナを操りすべてを支配しようとしていた…」
アム「でも、かわいそうな人だったのかもしれないわね」
キャオ「なーんで!?」
アム「誰も信じられなくて…愛していたはずのミアンまでバイオリレーションで操っていた人なのよ」
レッシィ「信じられるのは自分だけ…独裁者の典型的なタイプね」
リリス「でも…ポセイダルも、もともとはああいう人じゃなかったと思うの」
「そうだな…権力を握り、それに固執するあまり…ああなってしまったか…」
第4次第4次S)』「オルドナ=ポセイダル」より。アマンダラが倒された後の会話。
アムとリリスは堕落したアマンダラの末路に同情しており、ダバも彼女達に同調していた。
「また、いつか。…エルガイムと同じ、白い美しい機体のこと、忘れません。その機体に乗っていた人のことも」
COMPACT』エンディングより。アムロと別れる時の台詞。
「アム、レッシィ、俺は必ず戻る。だから、それまで…」
GCXO)』エンディングより。アムからペンタゴナの復興について問われた時の返答。
本作でもオリビーの介護のために故郷へ帰る結末を迎えるものの、復帰の可能性も視野に入れている辺り、原作と比べるとほんの少し救われている。

搭乗機体[編集]

エルガイム
初期搭乗機。最終決戦の際にも搭乗し、主役機に返り咲いた。
エルガイムMk-II
後期搭乗機。敵から奪ったという出自ゆえか悪役っぽい面構えが特徴。
ディザード
一時的に搭乗。

余談[編集]

  • ダバを演じた平松広和氏の初出演・初レギュラーであったが、実戦不足な所もあって富野監督から「これ以上ミスするなら主人公(ダバ)を殺して引きずり降ろしてやる」と言われた逸話がある。
    • なお、平松広和氏は後年ダバを演じるに当たり、年齢を感じて若く演じたところ、プロデューサーから「声が高くなっている」と何度もリテイクを受けたと、『Another Century's Episode 2』のインタビューで語られている。

脚注[編集]

  1. 原作ではこの前にポセイダル軍から助けた仲間に発信機が付けられており、「自分にはそんなものは無い」というレッシィの行動だったのだが、その流れがカットされている第4次では少々唐突なイベントになっている。