ミラウー・キャオ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
移動先: 案内検索
ミラウー・キャオ
外国語表記 Mirawoo Kyao
登場作品 重戦機エルガイム
声優 大塚芳忠
種族 ペンタゴナ星系人
性別
年齢 17歳
身長 182cm
所属 反乱軍
デザイン 永野護
テンプレートを表示

概要[編集]

ダバ・マイロードの親友で、幼馴染。「お調子者で、おっちょこちょい」「お人好しで、大飯ぐらい」という、愛すべき人物。

はじめは正規軍入隊を目指していたが、ダバと行動を共にするうちに、なりゆきで反乱軍のメンバーになる。

一時はヘビーメタルを操縦していたこともあったが、後にメカニックにほぼ専念する。メカニックとしての腕は一流で、ディザードの開発に関わったり、アモンデュール・スタックを一目でヤーマン系のヘビーメタルと見抜き、正規軍のメカニックのメッシュを誘って、奪ったスタックをベースにして、エルガイムMk-IIを開発したりもしている。

キャオの故郷では「天下を取るなら、妖精と笑え」という格言があり、リリス・ファウとは仲良くしたいと思っている。初対面の時はリーリン一家に捕らえられボコボコにされていたため、リリスを怖がらせてしまう。だが、その後は鉱山惑星パラータ・スターに2人で乗り込むなど、行動を共にする機会も増える。最終回では、リリスの仲間を探すため彼女と一緒に旅立つことになる。

ちなみに、ナレーションと次回予告は大塚氏が担当しているが、次回予告は「キャオが視聴者へ語りかける」スタイルのものであり、物語世界への導入役でもあった。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
初出演作品だが、非戦闘員。モーラと共に、ロンド・ベルの整備係を担当。
スーパーロボット大戦F
今回からパイロットに昇格し、声も入った。引き続きヘビーメタルの整備も担当している。地球のメカニックに興味を持ち、リョウからゲッターを見せてもらう場面もあった。パイロット能力は高いとは言えないが、エルガイム勢では貴重な集中を覚えるため多少のフォローは効く。
スーパーロボット大戦F完結編
展開によってはミヤマ・アスフィーと2択になる。アスフィーを選んだ場合、メカニックに専念する。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
今回ターナがユニット化されたため、一部シナリオでその艦長も務める。そのため、台詞が新規収録された。偵察持ちなので、スキルエース獲得を狙おう。
スーパーロボット大戦XO
今度は初登場時もターナの艦長。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第1章追加ミッション「反逆のルルーシュ」に登場。本格参戦は第4章から。
今回もターナの艦長となっており、ターナが母艦として運用されるステージが多数存在するため、シナリオ面で比較的出番が多い。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
完全な味方パイロット。常にダバ・レッシィと共に行動している。
能力は特別高くはないが、熱血努力を覚える。本作の味方ヘビーメタルは多くがマップ兵器持ちなので、より多くを活用したければ彼も必要となる。
ハマーンルートのみ、クワサン・オリビーともども最終的には非戦闘員となる。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

FF完結編
集中偵察隠れ身熱血友情補給
GCXO
集中偵察不屈熱血友情補給
OE
追風応援期待かく乱
リアルロボット戦線
かく乱補給集中努力熱血友情

特殊技能(特殊スキル)[編集]

FF完結編COMPACT
シールド防御L6、切り払いL4
GCXO
援護L3、シールド防御
OE
底力L9、メンテナンス技能L9、ガードL9

固有エースボーナス[編集]

体力(毎ターンHP+10%)
OEで採用。

パイロットBGM[編集]

「エルガイム-Time for L-Gaim-」
前期OPテーマ。

人間関係[編集]

ダバ・マイロード
最後まで対等の関係を貫いた親友。更に、後述のキャオの初期設定を踏まえた様な行動も散見されることから「それ以上の感情を抱いている」とも言われる。
リリス・ファウ
彼の故郷では、ミラリーは幸運の象徴らしい。最終話で、一緒にミラリーの生き残りを探す旅に出る。
ファンネリア・アム
憎からず思っていたようだが、むしろ良き喧嘩相手といった所。
ガウ・ハ・レッシィ
正規軍を抜けて協力してくれた彼女を疑った。
ギャブレット・ギャブレー
敵対関係。OVAのショートストーリー『レディ ギャブレー』では顛末こそぼかされているものの、どうやら彼の唇を奪った模様。

他作品との人間関係[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

ブライト・ノア
殆どのシリーズで共演する際には、自軍の司令官で彼の下で戦っていく事になる。
Fのリアル系ルート序盤で、彼が率いるロンド・ベル隊に助けられた時には、合流直後に職務上仕方ないがまるで自分たちを犯罪者のように尋問する彼の物言いに激昂し反発した。

リアル系[編集]

タップ・オセアノ
GCXO)でのキャオの慌てるシーンを見て「親近感が沸く」と発言している。
もちろん声優ネタだが、両者とも大塚氏がしばしば演じる「陽気なアメリカ人」風のキャラクターの典型例であるから、当然と言えば当然か。

スーパー系[編集]

ゲッターチーム流竜馬神隼人車弁慶
Fでは、ロンド・ベル隊に合流して早々に地球のメカに興味を湧かせるが、MSは軍の所有物なので機密扱いされているのでダメだったので、民間の研究施設で作られた彼らのゲッターロボを見せてもらえる事に。

名台詞[編集]

「何しに来たんだよ? ピラピラターバン!」
一度自分を騙したアムに向っての台詞。
「ダメだダメだ! ここで簡単に戻っちゃ、ダバがつけあがるだけだ! しかし、アムがいるしなぁ~。あいつは俺に気があるようだし…。ここは素直に戻るかな…いやいや! 俺にもプライドってもんがある! …でもなぁ~。アムをとるべきか、プライドをとるべきか…そこが問題だ…」
一度ダバ達の元を去ろうとした時の葛藤。ただしこの直後、ご飯ができたと聞いてあっさり戻る。
「ドッキングセンサー! …一度言ってみたかったんだよね」
念願のエルガイムに乗って出撃した時の台詞。この台詞で「実は毎回ダバが『ドッキングセンサー』と言っていたのは、別にエルガイムが他人に操縦されないようにする声紋認証システムなどの類ではなく、単なる出撃時の決め台詞に過ぎない」という衝撃の事実が発覚する。
「あんたらねぇ! ギワザには世界を背負っていくだけのパワーはないんだよぉ!」
スヴェートでの最終決戦にて、ギワザに付き従っていた正規軍の兵士に対して。この短い台詞がギワザの本質を端的に表していると言える。
GCXO)ではパワーが力になっている。
「銀河の果てまで飛んでいく!!」
番外編OVAにおけるアムレッシィの女子プロレス(ギャグだが)から。この当時、女子プロレスブームであり、実況も熱がこもっていた。
なお、本編実況はキャオで、最後の締めくくりが上記の台詞である。また、『マクロスF』でも同じような台詞がある。

迷台詞[編集]

ダバ「ホーントに素敵だぜ! そのヒップよォ!」
謎の美女「そ、そ、その声は!」
キャオ「ムフフフフフ…。美人だぁーい好きっ!」
OVAのショートストーリー『レディ ギャブレー』より。誘惑したダバとは違う声を聞いた謎の美女は、背後を振り返る。なんと、彼の正体はキャオの変装だったのだ!
謎の美女の正体(女装したギャブレー)だけでなくダバの正体(と性癖)も明かされるという、驚愕の(迷)場面。
「オレ、男の方がもっと好きぃ~」
同じくOVAのショートストーリー『レディ ギャブレー』より。逃げ場を失い恐怖に怯えるギャブレーに対して、キャオは頬を染めながら熱いベーゼをぶちかます。
ちなみに番外編である本作は、初期段階で存在したとされる「キャオは同性愛者」という設定をフル活用している(本編では男にも女にも甘い「お人よし」という設定)。

搭乗機体・関連機体[編集]

ディザード
レッシィの乗っていた赤い機体。彼女がダバの元を離れた後に乗機としている。
エルガイムMk-II
未完成だったアモンデュール・スタックを改造して造り上げる。彼のメカニックとしての才能が最も発揮された機体。
ターナ
ダバ一行そして反乱軍の旗艦として使用される中型戦艦。スパロボシリーズでは、キャオがこの艦の艦長を務めていることが多い。