ファンネリア・アム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファンネリア・アム
外国語表記 Fannaria Amm
登場作品 重戦機エルガイム
声優 本多知恵子
デザイン 永野護
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ペンタゴナ星系人
性別
年齢 17歳
出身 コアム星 キトー
身長 170 cm
体重 45 kg
スリーサイズ B80-W58-H83
血液型 O型
所属 リーリン一家ポセイダル反乱軍
テンプレートを表示

ファンネリア・アムは『重戦機エルガイム』のヒロインの一人。

概要[編集]

盗賊団リーリン一家に属する女盗賊で、黄色いターバンがトレードマーク。昔は芝居小屋で役者をやっていた事もあるらしいが、いつの間にやらリーリン一家に仲間入りしていた。

エルガイムを奪うためにダバ・マイロードに近づくも、彼に一目惚れてしまったことで盗賊稼業から足を洗い、ダバの元につく。

一度惚れると一途なタイプで、ダバのためになることなら何でもやろうとする努力家であり、恋敵であるガウ・ハ・レッシィに対抗して料理から洗濯、果てはヘビーメタルの操縦に戦闘指揮までもこなしていった。

ダバがエルガイムMk-IIに搭乗後はエルガイムのヘッドライナーとなり、最後は13人衆リィリィ・ハッシーを倒すほどに成長した。

登場作品と役柄[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初出演作品。地球に来訪する展開となったため、原作では乗りたがらなかったディザード1号機に乗る。地形適応の悪さはあるものの、補給を覚えるので育てる価値はある。
幸運必中を持つリリスと組ませてエルガイムMk-IIのバスターランチャーを使えばレベル上げは容易い。
EDではダバの後を追いコアムに戻る。その後、女優としてデビューし、売れっ子になって多忙な日々を送っている。
第4次スーパーロボット大戦S
声が入ったほか、地形適応が空はBに、海はAにアップしている。
スーパーロボット大戦F
自前で幸運を持つため、リリスに頼らず資金稼ぎができる。しかし集中を覚えなくなってしまい、命中や回避に不安がある。台詞の新規収録は行われておらず、キャラクター事典でも戦闘台詞になっている。
スーパーロボット大戦F完結編
Mk-II入手後はエルガイムがデフォルト機になり、強制出撃やフル・フラットとの間でイベントがある。育てていない場合は、サポートをつけないと撃墜される可能性が高い。Lv56で2回行動激励2回分のSPが同時に備わり一気に飛躍するが、それまでの育成が難しい所。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
今回はダバが最初からMk-IIに乗っているため、エルガイムに乗っている。必修精神コマンドは熱血幸運。高確率でも覚えるが、恋のライバルであるレッシィと違って必ずというわけではない。
スーパーロボット大戦COMPACT for WSC
必修コマンドは、熱血幸運。援護を2レベルまで覚え、激励祝福のどちらかを覚えるため、サポートよりの調整といえる。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
台詞が新規収録された。最初から幸運を持ちひらめき習得も早いが、命中補正系精神は最後に覚える高コストのしかない点は注意。
スーパーロボット大戦XO
スーパーロボット大戦Operation Extend
第1章追加ミッション「反逆のルルーシュ」に登場しているが、この時は戦闘に参加しない。本格参戦は第4章からで、今回はディザードに乗ってくる。
特殊スキル「機雷解除」を持っており、ステージマップ上に仕掛けられた指向性機雷を起爆させることなく除去できる。
キャストの本多氏が急逝した為、ライブラリー出演となっている。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年1月のイベント「リベリオン」より登場。シナリオNPC。
2019年11月のイベント「宇宙に揺らぐ陽炎」からはエルガイムのパイロットとして参戦。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
初期から登場するが、条件次第では資金を半額盗んで逃走する。
いずれにしても最終的には仲間になる。

パイロットステータス[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
偵察熱血集中補給鉄壁
FF完結編
幸運信頼熱血ひらめき激励
GCXO
幸運信頼ひらめき熱血激励
OE
根性激励
X-Ω
根性集中補給
パイロットパーツ装備時
幸運激励

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
シールド防御L8、切り払いL2
FF完結編COMPACT
シールド防御L7、切り払いL4
GCXO
援護L3、シールド防御
OE
底力L9、機雷解除サポートL9

エースボーナス[編集]

回避(回避+20%)
OEで採用。

パイロットBGM[編集]

「エルガイム-Time for L-Gaim-」
前期OPテーマ。長らくテーマソングとして採用された。

人間関係[編集]

ダバ・マイロード
想いを寄せる相手。
ガウ・ハ・レッシィ
恋敵。出会って早々、銃撃戦にキャットファイトと散々な相性であった。以降は常にダバ争奪戦をくりひろげていた。
戦いの中で、互いにダバへの想いを理解しあっている。
リリス・ファウ
ダバに助けられたミラリー。ダバ以外ではアムの肩にもよく乗っていた。
フル・フラット
大人の女であるフラットに憧れる。
チェック
昔の彼氏。ポセイダル軍所属だがアムへの未練は強く、彼女を救うためネイを裏切る。

他作品との人間関係[編集]

スーパー系[編集]

兜甲児弓さやか
第4次地球を案内してもらう。
碇ゲンドウ
F完結編では、彼の事を何を考えているのかよく分からないため、苦手だと評していた。

名台詞[編集]

「期待外れ…」
第1話の初セリフで、キャオと初対面の時の感想。
「あたしより、大きいかぁ…」
第9話より、信用を得る為にストリップしたレッシィを見て。
「やらしいのはあんたでしょ!すぐ裸になって!」
レッシィがダバたちを助けた理由を女の感で見抜いたアムだったが、よりにもよってストリップした状態のレッシィに「やらしい勘ぐりはやめてよね」と言われて答えた台詞。
「口は便利だからね」
同話より、奪ったグライアで「ダバの支援をしようとした」というレッシィを信用せずに。至言である。
「あのねぇ、女の胸見てなんだはないだろう!?」
第11話より、ポセイダル兵の気を引くためにヌードを披露して。この直前に別の兵士に服を破かれて拷問されそうになっていた割に、意外とタフである。なおレッシィからは「未成熟なら、しょうがないでしょ」と返されてしまう。
「エヘヘ、劇団上がりは違うね。レッシィにばっかりイイ恰好させてたまるか!」
同話より。「自分の失敗を償いたい」とレッシィの前で泣いて見せ、ランドブースター・スピリッツ(SRW未実装)でのエルガイムの支援役を代わってもらう…が、しおらしくなった態度は演技であり、コクピットで見せた本音。
「執念、情念の燃えた女は…怖いんだから!」
第25話より。チェックとの愛憎でターナを危機に巻き込んでしまい、責任を取ろうとディザードで出撃して。
「チェックが生きていれば、私はいつか彼の優しさに逃げてしまうかもしれないわ。だけど…だけど彼が死んでしまえば、私はもうここにいるしかないのよ…」
同話ラスト。撃墜されたチェックの死体は見つからなかったが、アムは過去を振り切るために彼が死んだものとする。
「レッシィの匂いが染みついたマシンなんかに誰が!」
第34話より。スパイラルフローシステムが新設されたディザードでの出撃をキャオに勧められるが拒絶して。そのままディザード用のはずのフローを使ってエルガイムで出撃しており、機体の互換性を伺わせる。
「偉そうに二人で口裏あわせて、何やってんの……」
戦闘中に愛について論じ合うダバとギャブレーに対し。なんか富野節を皮肉っているようにも聞こえなくもない。

迷台詞[編集]

「もうダメ!」
レッシィ「ごめんねアム!」
「えっ…ううん、いいの。二人で意地張り過ぎて、このまま死ぬならいっそ大空に舞って美しく死にましょう?」
レッシィ「アム…嬉しいこと言ってくれて」
「レッシィお姉様!」
レッシィ「アムやぁ!」
「天国では仲良くしましょうね!」
第24話より。ランドブースターに二人乗りで出撃したが撃墜され、吹き飛んでいるコクピットの中で抱き合って。非常事態故かどうにも怪しい雰囲気である。すぐにダバによって助けられたが、この後はいつものキャットファイトであった。
「あんたが変なもん触るから!」
レッシィ「あんたが『何だろう?』と聞いたんでしょうが!」
「もう!あんたのお陰で命がいくつあっても足りないわ!!」
レッシィ「おったがいさまでしょうが!!」
同話より。兵器工場だった場所にレッシィと同行したとき、ひょんなことから爆発に巻き込まれた後の口論。

搭乗機体[編集]

ゴロンゴ
ディザード
エルガイム
ターナ

脚注[編集]