グルーン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グルーン
外国語表記 G-Roon
登場作品 重戦機エルガイム
デザイン 永野護
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類

ヘビーメタル

生産形態 量産機
頭頂高 20.7 m
全高 26 m
動力 太陽光変換エネルギー
フレーム Sサイズ
所属 ポセイダル軍
主なパイロット ギャブレット・ギャブレー
リィリィ・ハッシー
テンプレートを表示

グルーンは『重戦機エルガイム』の登場メカ

概要[編集]

ポセイダル軍のA級ヘビーメタル

格闘戦重視の機体であるが、高出力ジェネレータとフレームの堅牢さから非常にバランスが良い。特に頭部の角から放出するプラズマと、手持ちのランスによる格闘戦においては他のヘビーメタルの追従を許さない。パワーランチャー用のジャックを3つ備えているため、バスターランチャーの使用も可能。また、独自の装備として背中にレーザーの反射も可能なチャフを散布する装置をもつ。

オリジナルの機体は過去の戦争で失われているが、その使い勝手の良さからバッシュについで生産機数が多い。

最初はギャブレット・ギャブレーが乗り込んでいたが、その機体をリィリィ・ハッシーが気に入りぶんどって愛機としていた。

登場作品と操縦者[編集]

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦S
HPは他のA級ヘビーメタルに劣るが、放電攻撃が厄介。後半は射程距離が短いので、長射程からの攻撃がベスト。
スーパーロボット大戦F
中盤戦から量産され、自軍を苦しめる。また能力も前作に比べると上がっており、ネームドパイロットの機体は注意が必要。前作以上に放電攻撃が厄介で、高めの攻撃力に射程2のP兵器となっている。
バスターランチャーやシールドを持っていないのが弱点。
スーパーロボット大戦F完結編
後半に登場する一部の強化型は素のステータスが高い別のユニットであり、HPが20000もあり相変わらず放電も強いので厄介。チャイ・チャーワザン・ルーンハッシャ・モッシャの3名がその強化型に乗ってくる。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

セイバー
柄から発生するエネルギーソード。
ランサー
両柄からセイバーを発生。
リバースボマー
胸部に搭載された高温の金属散弾兵器。SRW未実装。
パワーランチャー
オプションとしても装備できるが、ロングスピア内部にも内蔵されているので、あまり使用しない。
ロングスピア
パワーランチャーと放電装置の組み合わせによる多目的スピア。自律操作も可能。
放電
頭部の突起とスピアから発生し、相手をショートさせる。
バスターランチャー
リィリィ機が使用。SRW未実装。

特殊能力[編集]

剣装備
切り払いを発動する。
対ビームコーティング

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「エルガイム -TIME FOR L-GAIM-」
第4次』にて、マップ「包囲網突破!」で第三勢力と戦闘すると流れる。
S』では戦闘時にBGMが変わらなくなった為、流れず。

関連機体[編集]

サロンズ
SRW未登場。グルーンを大幅に改修した真紅の機体で、ネイ・モー・ハン本来の愛機。OVA『フルメタル・ソルジャー』で登場している。
アトールV
グルーンのロングスピアを装備している。

商品情報[編集]