ガウ・ハ・レッシィ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ガウ・ハ・レッシィ
外国語表記 Gaw Ha Leccee
登場作品 重戦機エルガイム
声優 川村万梨阿
デザイン 永野護
初登場SRW 第4次スーパーロボット大戦
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 ペンタゴナ星系人
性別
年齢 17歳
出身 ガストガル
身長 170 cm
体重 50 kg
スリーサイズ B87-W55-H90
所属 ポセイダル正規軍ポセイダル反乱軍
役職 13人衆(正規軍時)
テンプレートを表示

ガウ・ハ・レッシィは『重戦機エルガイム』の登場人物。同作のヒロインの一人。

概要[編集]

ポセイダル軍13人衆の一人であり、末席である第13席次。ポセイダル王朝でも有数の名門であるガウ家の娘であり、伯父のサイ・クォ・アダーは13人衆筆頭を勤めている。家柄・実力ともに申し分ないが、女性故に軍にぞんざいに扱われることにコンプレックスに感じていた。

はじめはギワザ・ロワウに取り入ろうと考えていたようだが、敵であっても女性を丁重に扱うダバ・マイロードに出会ってからは、彼にひかれるものを感じとり、正規軍を裏切りダバの仲間になる。その際に、身の潔白を証明する為にダバ達の前でストリップを行なったり、女の命ともいえる髪を切ったりしている。

その後長きに渡り、ファンネリア・アムと2人でダバの争奪戦をくりひろげていたが、ダバの反乱軍における重要度が増すに従って現状に不安を感じ、真にダバの役に立とうと一度ダバのもとを離れる。

その後、アマンダラ・カマンダラに取り入ってホエールの艦長となりダバの支援を行うが、常にダバとは一定の距離を保つようになった。コスチュームも一新し、大人の色気たっぷりに変身していた。

登場作品と役柄[編集]

原作では赤いディザードは彼女の専用機で一機しかない(一般用は白色)のだが、SRWでは複数登場してもどれも赤色になっている。

また、登場シリーズ初期では原作では乗った事のないカルバリーテンプルに搭乗する場合もあった為、原作未見のプレイヤーにはカルバリーテンプルが愛機だと誤解されがちでもある。

旧シリーズ[編集]

第4次スーパーロボット大戦
初出演作品。ダバの説得で仲間にできるが、説得しなくても強制的に加入する。仲間になる際に、原作のストリップイベントも再現された。加入時の機体はカルバリーテンプル
下手なガンダム系パイロットよりも2回行動が早く、を覚えるが、覚えるまでが果てしなく長い上に、バスターランチャー持ちにはダバとギャブレーで事足りるので微妙かも。覚えさせるなら、中盤のシナリオ「コロスとドン・ザウサー」にてリリスと共にエルガイムMk-IIに乗せて、敵の大量撃破を狙おう。激励を早く覚えるので終盤は同じ激励持ちのリリスと組ませる手もある。顔グラフィックは、原作に忠実に描かれている、後の作品よりも可愛いと評判。
第4次スーパーロボット大戦S
声が入った。最初は敵として登場するため、SRWにおける「初の喋る敵キャラ」でもある。
全体的にHMの火力が上がったのでSFC版よりはを活かせる。
スーパーロボット大戦F
今回も最初は敵として登場。乗機も同じくカルバリーテンプル。第10話「裏切り」をクリアすれば乗機ごとそのまま仲間になるが、撃墜せずにダバで説得しておくと乗機であるカルバリーが4段階改造で加入される。加入当時の段階では破格のメリットと言っても良いので、忘れずにダバに口説きに行ってもらおう。
スーパーロボット大戦F完結編
後半ヌーベルディザードに乗り換える。ダバと同じくを覚えるが、集中を覚えないという欠点まで同じなのが困りもの。かと言って、アムやアスフィーと違ってサポートに有用な精神コマンドも持っておらず、何気にかなり不遇な立場に立たされている。『第4次』と違って激励が使えないのは非常に痛い。

COMPACTシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦COMPACT
シーン3シナリオ「ドリーマーズ」から味方増援として登場する。今回は後半のホエール艦長時の姿であり、最初から味方である。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GCXO
台詞が新規収録された。中盤ダバたちと共に加入するが、ペンタゴナを出る際にアムに反乱軍を任せて抜け駆けをやらかしガンドールに同行、ダバからお叱りを受けるハメに。数話後にアムが合流すると入れ替わりに原作通りダバの元を一旦離れ、終盤に再加入する。初期機体はアローンで、再加入時にはヌーベルディザードに乗る。今回もを覚える。
スーパーロボット大戦Operation Extend
第1章追加ミッション「反逆のルルーシュ」に登場。本格参戦は第4章から。
今回はヌーベルディザードに乗っている。
スーパーロボット大戦X-Ω
2018年1月のイベント「リベリオン」より登場。ヌーベル・ディザードに搭乗。

関連作品[編集]

リアルロボット戦線
名前しか登場しなかった『バトルロボット烈伝』とは違い、パイロットとして登場。完全な味方。常にダバ・キャオと共に登場する。
能力は高く、努力や熱血も覚える。

パイロットステータス設定の傾向[編集]

精神コマンド[編集]

第4次S
ひらめき熱血集中激励
FF完結編
熱血努力ひらめき信頼
GCXO
努力ひらめき集中熱血
OE
必中加速
X-Ω
必中
リアルロボット戦線
熱血努力ひらめき集中激励

特殊技能(特殊スキル)[編集]

第4次S
シールド防御L8切り払いL4
FF完結編COMPACT
シールド防御L6切り払いL7
GCXO
底力L6援護L2シールド防御
OE
底力騎士道サポート

固有エースボーナス[編集]

OE
節約(武器消費EN-20%)

パイロットBGM[編集]

「エルガイム-Time for L-Gaim-」
前期OPテーマ。

人間関係[編集]

ダバ・マイロード
想いを寄せる相手。
ファンネリア・アム
恋敵。ダバ争奪戦をくりひろげていた。
リリス・ファウ
一緒にシャワーを浴びたりしている。中の人も同じ。
ギャブレット・ギャブレー
正規軍で一緒にいた時「ギャブレーくん」と呼んでいた。また一時期は彼に好意を持たれたことも。
ミアン・クウ・ハウ・アッシャー
彼女の最期を看取ることになる。

他作品との人間関係[編集]

三輪防人
第4次ではスパイと疑われる。
コウ・ウラキ
Fで捕虜になった時、脱走の際に彼に一撃を喰らわす。
藤原忍
COMPACTで初対面の際、彼から美人だと言われる。

名台詞[編集]

「ありがとうか…軍では聞けない台詞だな」
第7話「スクランブル」にて、ダバからお礼を言われて。
「私、恋をしたのかしら…ダバ様…あっ、今私は何と言ったんだ!?」
同話でダバとギャブレーの一騎打ちに横槍を入れようとするも、迷いながらの迷言。直後にチャイの亡霊の影響もあって、結局は撃つ決意を固めるのだが、結果はギャブレーへの誤射という形に終わった。
「格好付けようとするから格好悪くなるって事、分かんないみたいね」
第9話にてチャイから鉄拳を食らったギャブレーに対して。
「ほら、これを持っていけ。これがあたしの証だよ」
「ダバ…受け取ってくれる?」
同上。「女の命を切る」と言って、髪を切り、ダバに差し出して。
「女の生きがいは殿方に命賭けることよ」
第12話にて、夜襲作戦について口論している最中、アムから「ダバ一人のために動いている」と指摘されるも、済ましてこう切り返す。が、終盤に殿方に命を賭けた女の成れの果てを見ることになろうとは…。
「言ってはいけないこと言った!」
で、直後にアムに正規軍上がりであることを面と向かって言われたことに対し、平手打ちをかまして。
「アマンダラは、これでヤーマンの血族者全てに対しての復讐を完成させたのよ…」
アム「復讐を…完成させた?」
「ダバは今日から一生、人形になってしまったオリビーの面倒を見るわ。そして、歳をとって死んでゆくのよ…2人共」
アム「それが…復讐か…。でも、ダバはそれを選んだのよ…!」
最終話より。これからダバとオリビーが辿る運命を悟った時の会話。
それは安らかな生活とは程遠いいつ果てるとも知れない介護の始まりであり、まだ人生の折り返し点も過ぎてない若者が人生の全てを廃人同然の婚約者の世話に捧げる事を意味していた。
そして、アムと共に涙を流しながら、ダバ達の旅立ちを見送ったところで物語は幕を閉じる。

搭乗機体[編集]

ゴロンゴ
ディザード
ヌーベルディザード

SRWでの搭乗機体[編集]

カルバリーテンプル