2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

モラン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
モラン
外国語表記 Moran
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 量産機
動力 フォトン・バッテリー
所属 ドレット軍
海賊部隊
パイロット ロックパイ・ゲティ(隊長機)
ターボ・ブロッキン(隊長機)
リンゴ・ロン・ジャマノッタ(量産機)
トワサンガ兵(量産機)
ラライヤ・マンディ(リンゴ機)
テンプレートを表示

モランは『ガンダム Gのレコンギスタ』の登場メカ

概要[編集]

トワサンガのドレット軍が運用する主力量産型モビルスーツ

頭部は左右の目が異なるアイセンサーを搭載しており、一般量産機はグレー、ロックパイ・ゲティの隊長機は赤、青、ライトグレーの三色に塗装されている。

ロックパイ機は後に彼が新型のガイトラッシュへ機体を乗り換えたため、第24話でターボ・ブロッキンが乗り込んでいる。リンゴ・ロン・ジャマノッタが乗る量産機は投降後にメガファウナへ鹵獲され、識別のために赤いカラーリングに塗り替えられた。なお、リンゴ機にはラライヤ・マンディが搭乗したこともある。

登場作品と操縦者[編集]

VXT三部作[編集]

スーパーロボット大戦X
初登場作品。量産機と自軍参入するリンゴ機が登場。残念ながら赤く塗っても性能は上がらず。
武装は非P属性のビーム・ライフル1種のみと参入時期を鑑みても厳しい性能。カスタムボーナスで補給装置が追加されるものの、スタメンで運用するには相当のケアが必要。せめてパーツが3つ付けられれば使い道があったのだが。
どうしても戦闘で使いたければ隠し強化パーツのエクストラアームズで攻撃力を引き上げ、突撃先制攻撃を持つパイロットを乗せよう。
自軍参入後のリンゴ機のビーム・ライフルにはリボルビング・ランチャーが付いているが、武装になっていないため実質的に飾りになっている。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

8連装ミサイル
両腕部に内蔵した小型ミサイル。
シールド
左肩部に装備。
ビーム・ダガー
両腕部に2本を格納する。
ビーム・ソード
片刃のビーム・ソード。
ビーム・ライフル
上部にリボルビング・ランチャーを装着可能。
リボルビング・ランチャー
4発のニードル弾(ミサイル)発射機。ロックパイ機とリンゴ機[1]が装備。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

「ビーム・ライフル」の攻撃力+200、特殊能力「補給装置」を得る。
量産機、リンゴ機共通のボーナス。

関連機体[編集]

エルモラン
モランと機体の腕部が共通構造。

脚注[編集]

  1. ラライヤが乗った際に使用描写がある。