ダルタニアス

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダルタニアス
外国語表記 Daltanius
登場作品 未来ロボ ダルタニアス
初登場SRW スーパーロボット大戦D
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 スーパーロボット
全長 56 m
重量 678 t
動力 シグマエネルギー → 反重力エネルギー・反物質エネルギーβ・超電磁エネルギーαを融合した超空間エネルギー
開発者 アール博士
パイロット
【メイン】
楯剣人
【サブ】
柊弾児
【その他】
ベラリオス
テンプレートを表示

ダルタニアスは『未来ロボ ダルタニアス』の登場メカであり、同作の主役メカ。

概要[編集]

エリオス星の最終兵器として開発された巨大ロボット。

アトラウスベラリオスガンパーの3つのメカが合体(クロス・イン)して完成する。

第29話以降で動力源が超空間エネルギーとなってからは、恒星一個分にも及ぶエネルギーを内包することになる。

構成機体[編集]

アトラウス
頭部・上腕部を構成。
ベラリオス
胴体を構成。
ガンパー
脚部・下腕部を構成。

登場作品と操縦者[編集]

スパロボでは、ダルタニアスは合体済の状態で出撃するので、出撃枠を圧迫されることはない。上述のように本来はイデオンガンバスターネオ・グランゾンにも匹敵する超絶ハイスペックなはずなのだが、スパロボではわりと普通のスーパーロボットであることがほとんど。

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦D
初登場作品。乗っている人間は2人だけだが、ベラリオスもパイロット扱いのため実質3人乗りである(以降も同様)。旧エリオス領ルートに行くと、キャノンキュービック、火炎アタック火炎十文字斬り、超空間エネルギー解放が追加。しかし別の隠し要素があるエンジェル・ハイロゥルートだと追加されず、パワー不足に陥る。
武器が追加されており、シナリオ「死闘!ギシン星最終決戦!」で明神タケルが本物のズール皇帝を倒したときにダルタニアスが撃墜されていないと、ゴッドマーズ反陽子爆弾の爆発を超空間エネルギー解放で抑えるイベントが発生し、以後はゴッドマーズの撃墜が敗北条件から除かれる。
シールドはあるものの、装甲がスーパー系としては若干低いうえに剣人の防御も高くはないため、防御面はやや脆め。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦GC
序盤でホワイトベース日本に寄った際に加入。特定のサブシナリオに行かないと最強武器が追加されないが、『D』と違い他の隠し要素を諦める必要はなくなった。火炎十文字斬りが有射程武器になり武装追加前でも援護攻撃などに使いやすくなったが、代わりに火炎アタックは射程1になってしまった。今回のみガスコン専用ロボとの合体攻撃がない。
スーパーロボット大戦XO
『GC』になかった上記の合体攻撃が追加されている他、超空間エネルギー開放がマップ兵器に変更。全体的に必要気力や消費ENに対して攻撃力が低めで改造段階も低いため愛がないとやや厳しい性能になってしまっている。
スーパーロボット大戦X-Ω
2017年1月のイベント「獅子の雄叫び」より実装。SSRディフェンダー。
2018年7月のイベント「光の先に」にて大器型SSRアタッカーが追加。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ダブルナックル
肘から先の腕を発射する。いわゆるロケットパンチ。
シグマビーム
両肩・両ひざの十字紋章(エリオス王家の紋章)からエネルギーを集中し、ビームに変換して放つ。
射程が半端で使いにくい。
超電磁イレーサー
胸部のベラリオスから超電磁エネルギーの塊を放つ。
『GC(XO)』ではさらにトランセイバーを投げつけて追撃。
キャノンキュービック
追加武装の一つ。腕の連装砲。
D』では射程が広く、かつ移動後使用可能なのだが、射撃属性であるために剣人との能力と噛み合わずせっかくの使いやすさを潰してしまっている。
トランセイバー
右腰のバルジが変形する剣。
『D』ではコンボ武器。
火炎剣
ベラリオスの放出する火炎状のエネルギーを剣にしたもの。
火炎アタック
火炎剣から放つ炎で敵を拘束する。
トランシールド
左腰のバルジが変形する盾。

必殺技[編集]

火炎十文字斬り
素の状態ではこれが最強武器。火炎剣で敵を十文字に切り裂く。
火炎アタック火炎十文字斬り
「火炎アタック」で敵の動きを封じてから、火炎剣で敵を十文字に切り裂く。
超空間エネルギー解放
超空間エネルギーを身にまとって体当たりする。
D』においては、剣人の気力が一定の値にならないと武器選択画面に表示されない。

合体攻撃[編集]

ダブルセイバー
ガスコンガスコン専用ロボとの合体攻撃。アニメ第23話「銀河の虎ガスコン」のザラス戦において、虎をダルタニアスに貸して離脱したときの再現。

特殊能力[編集]

剣装備・盾装備
切り払いシールド防御が可能。
分離
アトラウスガンパーベラリオスの3機に分離する。基本的に改造段階はダルタニアスとアトラウスが共有し、他2機は別個改造(『GC』では全機とも改造共有)。
分離時のみ合体攻撃「αβγアタック」が使用可能な他、ガンパーには補給装置が搭載されている。『D』のツメスパロボでは、本作唯一の合体⇔分離ユニットであるダルタニアスの分離と合体を駆使しないと解けない問題もある。

移動タイプ[編集]

飛行可能。

サイズ[編集]

L

機体BGM[編集]

「ダルタニアスの歌」
主題歌。『D』ではテンポが速く、イントロも省略されている。

対決・名場面[編集]

タケル救出作戦
『D』の「死闘!ギシン星最終決戦!」より。崩壊の危機に瀕したギシン本星を離れ、宇宙空間でズールとの決戦に臨むタケル、そしてブルー・スウェア。激闘の果て、ゴッドマーズの一撃がズールにトドメを刺す。しかし、安堵する間もなくズールがそこに現れる。悪の想念の化身であるズールを滅ぼすため、タケルは星をも吹き飛ばす反陽子爆弾での特攻を決断。それを救うカギはダルタニアスの超空間エネルギーにあった。そのエネルギーを解放すれば、起爆によって放たれる反陽子エネルギーを直接ズールに転送できる。アール博士と学の改修によって解放されたその力を纏い、ダルタニアスは起爆寸前のゴッドマーズに突撃をかける。瞬間、反陽子爆弾が起爆し、視界一面を光が覆う。だが、それが去ったとき、そこにはズールの姿はなく、動力がダウンして機能停止したゴッドマーズ、そしてダルタニアスの姿があった。

余談[編集]

  • この機体は主役メカとして初めての「胸にライオン」という、以降無数のフォロワーを生む斬新なデザインで知られる。

商品情報[編集]