グラヴァリン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラヴァリン
外国語表記 Gravalin
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 大張正己
初登場SRW スーパーロボット大戦30
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 機動兵器
全長 45.3 m
重量 291.5 t
開発 クエスターズ
所属 クエスターズ
パイロット カールレウム・ヴァウル
テンプレートを表示

グラヴァリンは『スーパーロボット大戦30』の登場メカ

概要 [編集 | ソースを編集]

クエスターズの実行部隊隊長カールレウム・ヴァウルの駆る人型機動兵器。

地球を支配する「新たな地球の王」の証として開発され、「先生」によって王に選ばれたカールレウムのアイデンティティとも、彼の座る玉座とも言える機体。紅いボディを有するスーパーロボット然とした外見で、頭部には王の証であることを意味するかの如く王冠のような意匠がある。

単機で多数の敵を殲滅するコンセプトの下、多彩な武装による圧倒的な攻撃力を持ち、量産型である「オルクスーラ・シリーズ」とは一線を画する。高い戦闘能力に加え、指揮系統の中枢を担う機能を備えており、理論上では65535機のオルクスーラ・シリーズを同時にコントロールする事が可能。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

単独作品[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦30
「進むべき道の先に」or「定められた運命」にて登場。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺武器[編集 | ソースを編集]

リンク・インストラクター
両目から放たれるビーム。
ヴァリアント・クラジエイター
両手と胸のクリスタル状のパーツでエネルギーをチャージし、手の平から緑色の極太ビームを発射する。敵ユニット時は右手→左手、味方ユニット時は左手→右手の順で放たれる。MAP兵器版も存在。
グラヴィスフィア・カノン
両腕で胸部装甲をこじ開け、剥き出しとなったクリスタル状のパーツから巨大な球体状のエネルギー弾を生成。グラヴァリンの口部分が開くと同時にエネルギー弾を敵に発射する。
命中するとエネルギー弾が敵を包み込み、グラヴァリンが遠隔で握りつぶす動作を行うことでエネルギー弾が敵と共に圧縮され大爆発を起こす。

移動タイプ[編集 | ソースを編集]

飛行可能。

サイズ[編集 | ソースを編集]

1L

カスタムボーナス[編集 | ソースを編集]

EN+100、移動力+1
30』で採用。

機体BGM[編集 | ソースを編集]

「新たなる王」
ゲーム本編では主に敵として登場する本機だが、矯正実行ルートでの最終話手前、味方加入及びスポット参戦時しか聞くことが出来ない

余談[編集 | ソースを編集]

  • デザインはグランゾンをモチーフとしており、必殺技であるグラヴィスフィア・カノンもグランゾンの「ブラックホールクラスター」を参考にしている。