ハヤテライガー

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ハヤテライガー
外国語表記 Hayate Liger
登場作品

ゾイドシリーズ

分類 ライオン型ゾイド
(ライガータイプ)
型式番号 GZ-015
全長 22.3 m
全高 10.1 m
重量 108 t
動力 ゾイドコア
レッゲル
最高速度 420 km/h
所属 ディガルド討伐軍
乗員人数 1名
パイロット ルージ・ファミロン
テンプレートを表示

概要[編集]

ソードウルフバイオトリケラの攻撃によって絶体絶命の危機に陥った際、ルージ・ファミロンの叫びに呼応してムラサメライガーが突如として変身(エヴォルト)した姿。

背中にハヤテブースターが出現し、ムラサメブレードはムラサメディバイダーとムラサメナイフに姿を変え、両前脚にそれぞれ装備される。ハヤテブースターと手足のフィンから放出するHYT粒子を纏い、時速420km/hという地上戦用ゾイドとしては最高レベルの速度と運動性能を誇る。

反面、火器は一切搭載しておらず、刀の間合いやパワーの面ではムラサメライガーに劣っている。その為、新型のバイオゾイド相手には決定力不足が目立ち、ルージも「ムラサメの刀が二本あれば…」と悩むことがあった。それが後にムゲンライガーへのエヴォルトに繋がる事になる。

エヴォルト[編集]

ムラサメライガー
基本形態。
ムゲンライガー
重装突撃型。スピードは最低だが攻撃力は3形態中トップ。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。ムラサメライガーエヴォルトした高速機動タイプ。移動力、運動性能が上がったが、反面リーチが短くなり格闘特化型となってしまっている。だが、デフォルトですべての武装が空への攻撃を可能としていることから、リーチ不足であることを除けば汎用性が(他の2形態よりは)比較的高い。また、3形態の中で唯一分身があるのも強み。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
今回は初めから三形態へのエヴォルトが可能で、正式参戦と同時に連続エヴォルト攻撃も使用可能になっている。移動性能と長距離移動の突破攻撃が特徴だが、原作通り武装面では他の二形態に比べて劣っており反撃戦法では敵にあまりダメージを与えることが出来ない。ハヤテライガーとムゲンライガーの特殊能力としてのエヴォルトは「毎戦闘終了後ごとに機体のHP回復・ターンごとにEN減少」と多少の被弾をものともしないが毎ターンENを消費することに注意。ゾイドコアによる毎ターンの回復があるとはいえ、気を付けないとEN切れを起こす。HP回復が強力なためか、今回は残念ながら分身を持たない。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

武装[編集]

ストライクレーザークロー
K』では上記のとおり空中の敵にも攻撃できる。コンボ武器だが、攻撃力は全コンボ武器中ワースト3である点に注意。『OE』では地上の敵にしか攻撃できないので、への反撃時には連続エヴォルトを使うことになる。
ムラサメ・ディバイダー・ナイフ
『K』での戦闘シーンでは、ゲッターライガー真・ゲッター2の『マッハスペシャル』のごとく超高速で相手に連続攻撃するという演出であった。『OE』では突破攻撃として採用。

必殺技[編集]

連続エヴォルト
終盤で追加。どの形態でも使える。ムラサメ→ハヤテ→ムゲンの順でエヴォルトしながら連続攻撃を敢行する。『K』では運動性と地形適性の関係からこの形態で放つのが一番有効。『OE』ではどの形態でも攻撃力と武器特性は同一。

特殊能力[編集]

K
分身エヴォルト
OE
ゾイドコア変形エヴォルト

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「夜鷹の夢」
「エヴォルト」
OE』ではハヤテライガー時の戦闘BGMは全てこの曲。

対決・名場面[編集]

バイオトリケラ
圧倒的なパワーの前に成すすべがないムラサメライガーソードウルフ、負傷により思うように動けないラ・カンにバイオトリケラの角が迫ったそのとき、突如としてムラサメライガーが紅蓮の炎を吹き上げる。

商品情報[編集]