エヴォルト

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

エヴォルト(Evolt)とは、『機獣創世記ゾイドジェネシス』に登場する能力。

概要[編集]

ムラサメライガーハヤテライガームゲンライガーに変化する能力。

パーツを入れ替えたりする一般的なメカニズムの変形とは違い、機体構造を一旦破壊して新しい形に再構成する(ゲーム上は同じ扱い)。「ジェネシス」のゾイドは全てが自己修復能力を持っているのだが、ムラサメライガーのそれは度を越したレベルの再生能力であり、エヴォルトを可能にしたのはこの力。原作においては「(エヴォルトの度に)破壊と生産、生と死とを繰り返している」と語られている。

スーパーロボット大戦K』では残念ながら単なる変形能力に過ぎなかったが、『OE』ではただの変形能力に留まらず、ムラサメライガーの場合「毎戦闘終了後ごとに機体のENを回復する。」、ハヤテライガー・ムゲンライガーの場合「毎戦闘終了後ごとに機体のHPを回復する、ターンごとに機体のENを消費する。」という能力も加わり原作の高い再生能力を再現している。

コクピットさえ健在ならばゾイドコアを潰されても再生可能(ゾイドは本来コアを破壊されると死んで石化する)、という凄まじい力であり、劇中ではディガルドとの最終決戦時、バイオティラノにコアを潰されたムラサメライガーが復活と同時にムゲンライガーに変化、バイオティラノを両断している。現象自体はソラノヒトにも既知のものであったが、メカニズムは全く解明されていなかった。現行作品で一番近いのはゲッター線で姿形や時に質量まで変えるゲッターロボかもしれない。

ムラサメライガー以外では、ゲームオリジナル(アニメ・キット未登場)のトリニティライガーがエヴォルト可能機体として存在する。ただし、こちらは敵幹部がムラサメライガーのデータを元にトリニティライガーのゾイドコアに手を加えた後付けの能力であるため、トリニティライガー自体は最初に発見されたときは既に石化していた。 また、ビットの世界で入手したゾイドコア(要は手の入ってない純正品)によって再生した状態ではゾイドコアを破壊されて完全に死亡していることから、トリニティライガー自体にはムラサメライガーのような超再生能力はないと思われる。

関連用語[編集]

チェンジング・アーマー・システム(CAS)
機体外装を換装することで、状況に応じて機体性能を変化させるエヴォルトの雛形とも呼べるシステム。ライガーゼロ及び、バーサークフューラー(どちらもSRW未登場)で初採用された。
ブロックス・チェンジング・アーマー・システム(B-CAS)
別名、「Ziユニゾン」。ブロックスゾイドそのものを換装パーツとする合体システム。運用の幅が飛躍的に向上する他、2体のゾイド核の共鳴現象で性能を大幅に引き上げることが可能。設定上はムラサメライガーもこの機能に対応している。