ルージ・ファミロン

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ルージ・ファミロン
外国語表記 Lodz Famiron
登場作品

ゾイドシリーズ

声優 平田宏美
種族 惑星Zi人
性別
年齢 13歳
出身 惑星Zi・ミロード村
所属 無敵団ディガルド討伐軍ジーン討伐軍
趣味 読書
テンプレートを表示

ルージ・ファミロンは『機獣創世記ゾイドジェネシス』の主人公

概要[編集]

ミロード村出身。代々ゾイド乗りという家系に生まれながらも何故かゾイド適性がなく、番組開始時までゾイドを動かせたことが1回も無かったが、ディガルドによるミロード村襲撃の際、自分が唯一乗れるゾイド「ムラサメライガー」を得た。その際の戦闘で村の環境維持に欠かせないジェネレーターが破壊されてしまったため、修理できる職人を探し旅に出ることになる。紆余曲折を経てディガルドの横暴を実感、職人探しを一旦保留にして(この時わざわざ村に戻って詫びを入れている)ラ・カンと共にディガルド討伐軍を結成し、打倒ディガルドに向けて邁進することになる。

ムラサメライガーのエヴォルト能力、及び彼自身のゾイド操縦技術の成長や知略面での才能の開花もあって次第に組織の中核を担うようになり、終盤ラ・カンが行方不明になった時は討伐軍の総司令官を任されるまでになった。最終決戦ではバイオティラノによってムラサメライガーのゾイドコアを破壊され、窮地に陥るが、彼の仲間たちを思う気持ちが再びムラサメライガーを復活させ、バイオティラノを倒し、ジーンの野望を阻止した。最終決戦後はミロード村に帰還、念願のジェネレーター修復を果たす。

教師になりたいという夢を持っており、浮力の計算をして筏の設計を行うなど頭が良く機転も利く他、態度も嘘偽りが無く、礼儀正しい一面も併せ持っている。また、たとえ今までに大きな遺恨・因縁のある相手であっても、またそんな相手に対しどんなに劣勢、余裕など全くないような極限状態であったとしても闇雲に感情を相手にぶつける事はなく、むしろ「そんな事をしたら相手と同じになってしまう」と、年齢不相応に物凄く自制心が強く理性的な思考原理を有している。身体能力も高く、特に水泳・潜水が得意で目の良さにも定評がある。一方、自分にゾイド適性が無かったという事で心の中で引け目を感じる事もあったが、表にはそんな態度をおくびにも出さずに、誰にでも優しく接し、また勉強も欠かさない努力家。そのため、仲間たちからは好意を持たれると同時に将来を期待されており、敵であるザイリンからも興味を引かれていた。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
主人公クラスではあるが、能力はやや低めに設定されている(原作ではライガーの能力に頼っていたり機転を効かせて戦っている事が多かったので原作再現とも言えるが…)。他のゾイドに漏れず地上適正がSなので地上戦では戦力になる。逆にスラスターモジュールがあまり入手できない一周目では終盤宇宙戦が増えることもあり大概の場合二軍落ちする…。
本作では作品自体扱いの悪さが目立つが、彼も例外ではない。特徴であるハイスペック振りは全く描写されておらず、普段の発言や態度も原作と比べ気弱でへたれた印象がありミィ相手にも一方的に言われるのを怯えながら聞いてる場面が多い。当然インターミッションにおいても自分から積極的に意見する場面はほぼ無いに等しい。
コトナガラガ等といった同じ原作のキャラのキャラとも仲のいい描写も少ない…というより、本当にただの仲間という感じで、ザイリン以外のディガルドからは報告書にすら載せてもらえない等、本作の別作品の主人公キャラはもちろんゾイド関連のシナリオにおいても地味なキャラになってしまっている。
エピソードの省略が多い為、ディガルド討伐を決意する等、原作での見せ場がほとんどカットされているのが主な原因と思われる(後述のディグの奇襲が別のキャラの発案になっているなどむしろ悪い方向に改変されている場面すらある)。

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初のボイス付き参戦。声優の平田宏美氏は同作品がスパロボ初参加となる。
第3章追加ミッション「夜鷹の夢」でスポット参戦。ガイロス帝国領の村(名称は不明)に住んでいるらしく、その村を襲う盗賊たちを一人で撃退し続けていたという。
登場時点で既にムゲンライガーまでエヴォルトできるようになっており、さらにKでは所持していなかった指揮能力まで所持している。…ルージをそこまで成長させた惑星Ziの盗賊とは一体何者だったのだろうか。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

命中回避はそこそこだが他が主人公にしては低めで心許なく、終盤ではライガーの性能に頼りきれずに二軍落ちする。 使うならライガー共々徹底的に強化すること。

精神コマンド[編集]

K
集中必中ひらめき熱血気合
集中にはお世話になる。
OE
集中激励熱血感応

特殊技能(特殊スキル)[編集]

K
底力L8、援護攻撃L2、援護防御L2、アタックコンボL1
援護がある辺りルージらしいが、ライガーはリアル系寄りの性能で射程もあまり長くないので実用的とはいえない・・・。コンボがL1までしか伸びない所も残念。
OE
底力指揮:防御回避、戦意高揚

固有エースボーナス[編集]

OE
攻撃(気力130以上で攻撃+20%)

人間関係[編集]

ラ・カン
自分がついていくべき人物と考えている。またルージ自身に自覚は無いが彼からは自分の後継者になってもらいたいと思われている。
レ・ミィ
彼女から好意を持たれているが、彼女の性格ゆえきつく当たられている。
コトナ・エレガンス
彼女からも好意に似た興味を持たれている。本編では余り表に出さなかったが、後日談のドラマCDでは相当好きだった事が明らかに。
ガラガ
兄貴分的な存在。
ロン・マンガン
博識な人物として尊敬している。
セイジュウロウ
ゾイド乗りの師匠。
ザイリン・ド・ザルツ
ライバル。彼の成長を最も期待している人物でもある。後に共闘する。
プロメ
ソラシティの評議会議員の1人。初登場時は特に絡みはなかったが、後に彼女からも好意に似た興味を持たれている。

他作品との人間関係[編集]

ゾイドシリーズ[編集]

バン・フライハイト
OE』において共演。
漫画版「機獣新世紀ZOIDS」の筆者である上山道郎氏の作品「機獣超世紀伝説ゾイドXG クロスオーバー・ジェネレーションズ」では伝説のライガー乗りとしてジェネシスの時代に語り継がれており、突如無印の時代に飛ばされたルージと共演した。(ただし筆者曰く「あくまで非公式」とのこと)
カール・リヒテン・シュバルツロッソヴィオーラ
『OE』にて彼らと共に盗賊団退治に赴く。

その他の作品[編集]

ツワブキ・ダイヤ
『K』では年齢が近いこともあってか友人同士に。ミィに冷たくあしらわれてる時にフォローを入れられ、憧れる場面もある。
シン・アスカ
『K』における兄貴分。彼に窮地を救われる場面も。
ネロ
弟子にしようと狙われたがミストが注意をそらし難を逃れる。
アナ・メダイユ
『K』ではツンデレなミィに比べてストレートな友達。
ブッチ
『K』のエンディングではディガルドの人達と一緒にミロード村のジェネレーターの修理を手伝ってもらった。

名台詞[編集]

「ラ・カン。もう一日…、いや一日で済むかどうか分からないけど、村に居させてほしいんだ」
「村の皆に謝りたいんだ。…だって俺、約束破ったから!」
ジェネレータ職人探しを保留させてもらうために村に戻り、村の衰退や自分を信じて待っていてくれた村人たちを見て、全員にきちんと謝罪することを決意してこの台詞を口にした。
「重要なのは、ディグを墜とすのではなく、攻撃に成功したという事実です!」
「それが知れ渡れば、…仲間は増えます!」
打倒ディガルドを掲げるも思うように協力者が集まらないことに対して、その理由を「自分たちにはディガルドと戦うだけの力が無いと思われているから」と見抜き、力を見せるためのパフォーマンスとしてディグの奇襲(陥落ではないところがポイント)を発案する。彼のハイスペックぶりが見て取れる台詞の1つ。
「たった一機じゃむざむざ撃ち落とされにいくようなもんです!」
「それより、コトナさんにはやってもらいたいことがあるんです」
ズーリの町がバイオラプターグイの空爆を受けている最中の台詞。この後コトナにラプターグイを追跡してもらい、帰還先がトラフであることをつきとめる。初見であるにも関わらず、空飛ぶバイオゾイドの弱点や対処方法にある程度アタリをつけていたことが伺える。
「この作戦は…この作戦は…絶対に失敗出来ないんだあああ!!」
トラフ城攻略戦にて立ち塞がるバイオラプター部隊を前にして。このトラフ城はバイオラプターグイによるズーリ空爆の中継基地にあたり、地上型ゾイドでは歯が立たないラプターグイに対抗するため、ルージの発案で「わざとズーリを空爆させ、レッゲル切れになって戻ってきたラプターグイをトラフごと攻略する」という作戦を取る。しかしこの作戦を取れば当然ズーリの町が大きな被害を受けるためルージは当初そのことに苦悩していたが、ダ・ジンの覚悟に促され作戦を決行。ズーリの町の犠牲を無駄にしないために全力で作戦を成功させようとする。
「人それぞれだと思いますけど…」
「でも、俺とロンは、仲間になれました」
リーオの弾を受け取りに行ったソラシティで、ロンの上司であるパラから「ソラと地上の人間は良き隣人になれるか」と問われた時の台詞。
パラの所へ来る前にロンからソラノヒトの地上に対する決して良いとは言えない認識を聞き、実際にその一端を目の当たりにしながらも、同じ惑星Ziに生きる者同士手を取り合えるはずという強い想いを以って発せられた。
ルージ「まだわからないんですか?」
ラ・カン「あなた方もジーンを道具としか思っていなかった。その心が今の状況を招いたのです」
セイジュウロウ「大馬鹿者め…」
ルージ「あなた方もジーンと同じです。もう間違いに気づいてください!」
ソラシティが陥落した後、自分達の落ち度を棚に上げて他人事のように「ジーンは周りの全ての人間をただの道具としか思っていない」と述べたプロメに対して。

スパロボシリーズの名台詞[編集]

「わかりません…何でそれが恨まれるんです?」
「みんな、コーディネイターに負けないように頑張ればいいじゃないですか」
K』第14話(「ベルリン行き」ルート)「離別の光・前編」より。ナチュラルコーディネイターを妬んでいるという説明に対する意見。先天的なコンプレックスで疎まれ努力で克服しようとした彼なりの意見であろう。もっとも、この後コーディネイターの能力を聞き、「確かに…いい気持ちはしないけど…」と軽く批判もしている。

スパロボシリーズの迷台詞[編集]

ラ・カン「・・・ルージ、お前の約束を果たすのは後回しになってしまいそうだが、それでも構わないか?」
ルージ「もちろんです。俺、ラ・カンの話に感動しました」
ルージ「それにジェネレーターが直ってもディガルドが侵略を続ける限り・・・村の人達は決して安心して暮らすことはできません!」
ラ・カン「ありがとう、ルージ。ミロード村の人達には後で私から事情を話そう・・・」
ルージ「はい!」
K』第23話「結成!ディガルド討伐軍」より。ラ・カンが自分の意志でディガルド討伐軍を結成した際のやり取り。この「ミロード村の人達には~」の件は原作でも評価の高いエピソードで、ルージの決意を新たにする為にも必要な話なのだが、あっさり他人任せにして終わってしまった。

搭乗機体[編集]

ムラサメライガー
ハヤテライガー
ムゲンライガー