ツワブキ・ダイヤ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツワブキ・ダイヤ
漢字表記 石蕗 大哉
登場作品 ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
声優 田中真弓
初登場SRW スーパーロボット大戦K
SRWでの分類 パイロット
テンプレートを表示
プロフィール
種族 地球人(日本人)
性別
年齢 13歳
所属 大空魔竜
特技 野球
テンプレートを表示

ツワブキ・ダイヤは『ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU』の主人公

概要[編集]

幼少の頃、父親と洋上で偶然ダリウス軍の襲撃に遭って離ればなれとなり、自身も命の危機に見舞われたが、機械の竜、大空魔竜に命を救われた(このとき、ルルに強い炎の力を見出されて仲間の証「フレイムグリッター」を託される)。それから5年後、大空魔竜との再会を果たしたダイヤはダリウス軍が地上世界の侵略を企てていることを知り、その野望を打ち砕くため、そしてダリウス界で生きているであろう父との再会を果たすため、炎の巨人・ガイキングの乗り手となり異世界へ冒険の旅を始める。大空魔竜の乗員番号は47番。

性格は一本気な熱血漢で努力家。幼いころの荒唐無稽な出来事を憚ることなく口にし、街の人々から「怪獣小僧」と揶揄されようとも口を噤むことをしなかった。一方で13歳とは思えない達観的な言葉を発することもあり、周りを(特に視聴者)を驚かせることも。その性格も手伝い、約束もしていない大空魔竜との再会を確信して体を鍛え続けたことで高校生アスリート顔負けの身体能力を持つに至る。

絵心とネーミングセンスだけは13歳相応、もしくはそれ以下で、特にネーミングに関しては見たまま・感じたままをそのまま名前にしてしまう。「カニタンク」や「カイキンク」はまだしもスティンガーは「糸の切れた凧」とあだ名どころか蔑称の域に達して、ピュリアの怒りを買ってしまったこともあった。少年時代は野球少年であり、試合で自分の実力が信じきれず、デッドボールになることを恐れ押し出しフォアボールの末に自滅してしまった。以来トラウマとして残り、終盤で彼の心の葛藤となる。

ダイヤが大空魔竜に加わったことでクルー達の絆はより強固なものとなり、数々の苦難を乗り越え、父親との再会を果たしダリウス軍の野望を打ち砕く。戦いを終えルルたちは新天地への新たな旅へ向かうが、ダイヤ達若いクルーはまだ地球で学ぶことがあるとガリスに諭され大空魔竜を降りることとなった。そして5年後、鍛錬を重ねたダイヤの元にルルからの救援要請が届く。訝しむナオトをよそに再びダイヤの前に大空魔竜はその姿を現し、新たなる冒険の旅が幕を開けるのであった。

名前の由来は旧作の『大空魔竜ガイキング』の主人公ツワブキ・サンシローから。また、サンシローも元はプロ野球のピッチャーという設定である。

登場作品と役柄[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦K
初登場作品。原作通り、13歳の子供とは思えないハイスペック振りを存分に発揮し、ルージ・ファミロンを差し置いてレ・ミィとフラグを立てそうになる(無自覚)、オーバーデビルのオーバーフリーズを炎の力で真正面から打ち破る、クリスタル・ハートを起動させるなど出番が多い。戦闘でも自軍内でジーグと1、2を争う高火力を叩き出せるため強力。ただし、乗機の燃費の悪さもゲーム中1、2を争うため要注意。
スーパーロボット大戦L
今作でもハイスペックは健在。ザ・グレートの燃費が大幅に改善されたため、前作以上に大暴れしてくれる…が、素のガイキングが既に完成された強さなのでわざわざグレートに3枠使わなくてもいいという問題も抱える。なお、大空魔竜加入までの一時期は原作通りカイキンクに乗る。

パイロットステータス[編集]

能力値[編集]

版権主人公だけあって全般的に高い。唯一回避だけは最低レベルで防御も平均より少し高い程度だが、ガイキングが堅牢なのでそこそこ耐えてくれる。

精神コマンド[編集]

スーパー系の基本コマンドが揃っている。移動・射程強化はなく、また回避系もないので、敵の特殊武器に注意すべし。

K
不屈必中気合熱血ド根性闘志
L
不屈必中ド根性気合熱血

特殊技能(特殊スキル)[編集]

K
L9、底力L8、援護攻撃L1、援護防御L1、アタックコンボL1
L
L9、底力L8、アタックコンボL1
自軍で唯一炎が最大まで成長する。底力共々最初から3レベルの上、上昇スピードが若干速いのが強み。インファイトEセーブがあればさらに強くなる。

人間関係[編集]

ルル・アージェス
ダイヤの炎の力を見出す。ダイヤも一人の女の子として意識している。また、父親の声が同じ大川透氏という共通点もある。
キャプテン・ガリス
一時期自分の父親ではないかと疑っていた。尊敬するキャプテン。
ハヤミ・ナオト
地上界での親友。
ピュリア・リチャードソン
パイロット仲間。最初は仲がよくなかったが和解する。
リー・ジェンシン
兄貴分。彼に憧れ、拳法を習う。
ディック・アルカイン
同じパイロットだが、彼のやりかたに最初は反発するも、和解した。また、ルルを巡る恋のライバル同士ともなるが、その面では結果的に敗北した。
ノーザ
敵であり、宿命の相手として何度も戦う。後に共闘。
次大帝プロイスト
倒すべき最大の敵。
ダイヤの父
彼を探すことも大空魔竜 (LOD)に加わった理由のひとつ。

他作品との人間関係[編集]

ルージ・ファミロン
K』では年が近いおかげもあり、友人同士になる。
レ・ミィ
『K』ではルージを差し置いて恋愛フラグが立ちかけたが、ダイヤにはその気はなかった。
ゲイナー・サンガ
『K』ではオーバーフリーズした彼の心を溶かした。
カシマル・バーレ
『K』では彼が重んじる物の名前が同じであるために…… 詳細は後述。
ミスト・レックス
ダイヤがクリスタル・ハートを発動させたことに感心していた。ダイヤ自身は一人で深く考えては一人でテンパる彼の様子に本気で呆れていた。
石神邦生
L』では彼のちらし寿司をいつも楽しみにしていた。
ハイネ・ヴェステンフルス
『L』では序盤に「固くならずに接してほしい」と言われ、真っ先に打ち解けた。
碇シンジ
『L』では父親を信じきれない彼に対して、父を信じるように促した。
剛健一
共に父親を強く慕い、戦いの動機に「父親を探す」が含まれている者同士。それ故に『L』でもお互いに共感を覚えていた。
南雲一鷹
『L』では年齢が近いため、仲が良い。

名台詞[編集]

「心の炎が燃え上がるぜ!」
次回予告の決め台詞。たまに他のキャラに言われる。
「子供が親の心配をして何がおかしいんだ!」
第3話より。ダリウス界へ旅立つ為、母親と離れ離れになってしまうと嘆くダイヤを茶化したピュリアに返した言葉。それまで銛一本で魔獣に立ち向かったり早合点で戦いドジを踏むなど、筋肉バカの側面が強く出ていたダイヤの精神面での成熟ぶりがストレートに伝わる。
「強いから勝つんじゃねえ、諦めねえ奴が最後に勝つんだよ! だから勝つのは…最後に勝つのは…俺たちだあぁ!!」
ノーザとの決闘時の台詞。後にノーザ自身にも影響を与える。
「おい…それが本気の一撃かよ、プロイスト? だったら…お前の負けだ!」
ドボルザークの拳を易々を受け止めたダイヤが言い放った台詞。とても少し前まで絶望的状況を嘆いていたとは思えない。そしてお返しとばかりにガイキング・ザ・グレートの猛攻が始まる。
「どう見たって、シズカさんの半分ぐらいしかなさそうだもんなぁ」
ダイヤに裸を見られたことで狼狽するピュリアに対して。プロイストによってピュリア共々、地上の孤島に遭難した際に濡れたスーツを脱がしてこうなっただろう。が、バストがシズカの半分もないと言ったのかピュリアの怒りを買ってしまう。恐るべきことに、『L』ではこの一連の場面が再現された。
「俺は仲間たちを信じている。俺たち全員の力が集まった時の凄さを知っている。一人ぼっちで息巻いているお前なんかに俺たち全員の炎が負ける訳がないんだ!」
「立て! ガイキング・ザ・グレート!! みんなの炎の全てを今こそプロイストに叩きつけてやれ!!!」
ファイナルデスクロスを阻止され愕然とするプロイストへの台詞。後述の台詞と共に「仲間がいる事の強さ」を体現して見せた。
「見やがれ! これが俺たちの全てだ!!」
フェイス・オープン ザ・グレート発動直前の台詞。直前の勝利を確信したプロイストの台詞「の勝ちだ!」と対になっている。

迷台詞[編集]

「ええっ、う、撃ちっ放しなの!? でも、こういうのって普通自分で帰ってきたりするじゃん!」
第2話より。ルルの忠告も聞かず、ガイキングの武器パンチャーグラインドを撃ってしまい、ガイキングの右腕が戻ってこないことに気付き、ルルの説明を受けた後の反応。本作では飛ばした腕が戻って来るお約束は通じなかった。
流石に次回からはフック状の兵器ゼクターフックで自力で戻していた。
「占いなんてやめろ!」
「だって、先のことがわかるのなんてなんか…怖いだろ?」
ルルの占いが大空魔竜でブームになったさい際、クルーが皆ルルをちやほやしだした際の大迷言。
言い訳がましくそれらしいことを言っているが要はみんなにルルをとられたと思い込んだ言い訳。こんな嫉妬丸出しの言葉が良く思われるはずもなくルルに泣かれて嫌われてしまう。ダイヤもこの自覚はありその回中にきちんと謝罪し仲直りしている。

スパロボシリーズの名(迷)台詞[編集]

K
「ダイヤダイヤってうるさいんだよ!」
カシマル・バーレに対する特殊戦闘台詞。確かにイヤにもなるだろう。
「ねえねえ、宇宙海賊って、顔に大きな傷があって、眼帯してるの?」
第12話「蠢く翳・後編」より。ロール宇宙海賊バンカーについて聞いた際の台詞。
松本零士が手がける作品群のキャラクター、キャプテンハーロックである。海賊を絡めてくる辺り、声優ネタも含まれている。
L
「こいつはガイキングより力が入らない感じだから…よし、名前はカイキンクにしよう」
第4話「現れた炎の巨人」にて、地上製の模造パーツだとパワーが不足したため命名。
「おいおい、俺は洗剤かよ!」
第7話命令に従い、この場を離れるルート「驕れる牙に吹く風」より。一鷹ピュリアからダイヤがディックの人柄を変化させたことを聞いて理解を示し、「ダイヤと話してると心が洗われる」と言われての返答。
「帰って来い、レイさん!議長のやり方は間違ってるよ!レイさんも止めるのを手伝ってくれ!」
「大丈夫だよ!レイさんや俺達で地球を守ろう!じゃねえと寂しいじゃねえかよ!」
第33話「選ばれた未来」に於けるレイとの戦闘前会話より。ダイヤの仲間を信じる想いが、これでもかというほど表れた台詞である。
「先陣だけで60万だもんな。確かに途方もねえや。けどな、あんたの認識は間違ってるぜ。魂をひとつにするってのは数の問題じゃねえ。そして、大空魔竜の乗組員はナオトも入れて48人なんだよ!」
第36話「正義のために」に於ける菅原マサキとの戦闘前会話より。「47の魂をひとつにしようともセントラル600万の敵ではない」と言われて、これに対しダイヤ達は一人ひとりの魂の重さで勝負を挑む。

搭乗機体[編集]

ガイキング
カイキンク
ガイキング・ザ・グレート