ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU

提供: スーパーロボット大戦Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガイキング
LEGEND OF DAIKU-MARYU
読み ガイキング
レジェンド オブ
ダイクウマリュウ
監督 細田雅弘(シリーズディレクター)
シリーズ構成 三条陸
キャラクターデザイン 山崎健志
山崎展義
メカニックデザイン 大塚健
佐藤元
音楽 手塚理
制作 東映アニメーション
放送局 テレビ朝日
放送期間 2005年11月12日 -
2006年9月24日
話数 全39話
初登場SRW スーパーロボット大戦K
テンプレートを表示

ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU』は東映アニメーション制作のテレビアニメ作品。

概要[編集 | ソースを編集]

大空魔竜ガイキング』のリメイク作品であり、東映アニメーション作品としては『ゲッターロボ號』以来14年ぶりのロボットアニメ。ただし、原典と共通しているのは主役ロボットの名前とデザイン程度に抑えられており、その内容はオリジナルと大きく異なる。なお、原典との区別のため、副題を略した『ガイキングLOD』が通称として使われている。

後述する制作面の都合上、地上波では関東地区のみのローカルセールス、放送開始当初は事実上のノンスポンサードであり宣伝展開も殆どされなかった事からその注目度は低かったが[1]、ロボットアニメの王道を行くストーリーや大張正己氏など著名アニメーターの参加によるクオリティの高いロボットアクションにより徐々に知名度を高め、放送終了後は様々な商品展開も行われた。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

中学生のツワブキ・ダイヤは、幼い頃に海で怪物に出会い父親を浚われるという驚異的な事件に遭遇した。ダイヤもあわや怪物に襲われると思ったそのとき、巨大な戦艦が現れダイヤを助ける。戦艦から出てきた少女は小さな円盤のようなものをダイヤに預け、またいつの日か再会することを約束し海の中へ去っていった。

彼の話を信じるものはいなかったがダイヤはいつの日かの再会を信じて心身を日々鍛えていた。そしてついに怪物とあの戦艦が再来する日がやってきた。ダイヤは謎の戦艦「大空魔竜」の搭載兵器「ガイキング」に乗り込み、街を襲う怪物を撃退する。

実は地球は、地底にある異世界「ダリウス界」に狙われており、大空魔竜はそれに対抗するために地球人と一部のダリウス人の協力によって結成された秘密の空中戦艦だったのだ。ダイヤはダリウス界にいるであろう父親を探すため、大空魔竜のクルーとなりダリウス界を冒険することになる。

登場人物[編集 | ソースを編集]

スパロボ毎の登場人物一覧については以下を参照して下さい。

大空魔竜隊[編集 | ソースを編集]

ツワブキ・ダイヤ
本作の主人公ガイキングを動かせるほどの「炎」の力を認められ、大空魔竜クルーとなる。
キャプテン・ガリス
大空魔竜のキャプテン。各地から「炎」を持つ戦士を集め大空魔竜隊を編成。素顔は仮面で覆われている。
ルル・アージェス
本作のヒロイン。大空魔竜のオペレーター。
ハヤミ・ナオト
ダイヤの親友。当初は補欠クルーであったが、炎の力に目覚め48人目のクルーとなる。
ピュリア・リチャードソン
スティンガーのパイロット。勝ち気で自身家。
リー・ジェンシン
サーペントのパイロット。後に艦載機部隊「コンバットフォース」のリーダーも務める。
ディック・アルカイン
キルジャガーのパイロット。大空魔竜乗っ取りを企てたため追放された過去がある。
ヤンマ / ハッチョ / ブビィ
小型戦闘機バンザやクラブバンカーで後方支援を務める三馬鹿トリオ。全員が元泥棒という過去を持つ。
ローサ・ベルニコフ
大空魔竜副長。
フジヤマ・シズカ
大空魔竜の機関士責任者。かつては戦闘員としてスティンガーのパイロットも務めていた。
ロンゴ
大空魔竜の操舵士。
サコン・シロウ
大空魔竜の科学者で大空魔竜の最古参クルーの一人。普段は基本機関部の閉鎖ブロックの自室に引きこもっている。
ダイモン
大空魔竜の機関長で、大空魔竜の最古参クルーの一人。元ミュージシャンという意外な過去を持つ。
ドクター・フランクリン
大空魔竜医療班長。大空魔竜の最古参クルーの一人。その外見ゆえに「フランケン」と呼び間違えられることも多い。
パイロン
大空魔竜の給仕長。スパロボ未登場。
アベヤ・キョーコ
厨房の手伝い。腹黒いぶりっ子。
ピンクカバ
大空魔竜クルーではないが便宜上こちらに記載。リミテーションシンドロームが発症したクルー達が見た幻。

ダリウス軍[編集 | ソースを編集]

ダリウス17世
ノーザ
ダリウス四天王の「北方将軍」。騎士道精神を重んじる武人。
ケイン
ノーザ配下の「北方五騎士」の一人。ノーザと共にダリウス軍を離反した後は天空魔竜の艦長となる。
ヴェスターヌ
ダリウス四天王の「西方将軍」。正々堂々を尊び卑劣な手段を嫌う高潔な軍人。
レベッカ・カトリーヌ
ヴェスターヌの部下。諜報員としてアイドルコンテストにもぐりこむも情けない撤退を余儀なくされた。
サスページ
ダリウス四天王の「南方将軍」。卑劣かつ非情な性格。
プロイスト
ダリウス四天王の「東方将軍」。甲冑に身を包んだ謎の人物。
次大帝プロイスト
プロイストの真の姿である、ダリウスの「次大帝」。性別を超越した二重人格者。
ヒガント
プロイスト直属の幹部「ダリウス新四天王」の東方将軍。プロイストの生体部品である。
バニシューム
プロイスト直属の幹部「ダリウス新四天王」の西方将軍。プロイストの生体部品である。
テルミナ
プロイスト直属の幹部「ダリウス新四天王」の南方将軍。プロイストの生体部品である。
ニキータ
プロイスト直属の幹部「ダリウス新四天王」の北方将軍。プロイストの生体部品である。

その他[編集 | ソースを編集]

ドクター・ツー / ダイヤの父
ダイヤの母
エルトリカ・アージェス

登場メカ[編集 | ソースを編集]

スパロボ毎の登場メカ一覧については以下を参照して下さい。

大空魔竜隊[編集 | ソースを編集]

巨人[編集 | ソースを編集]

ガイキング
カイキンク
バルキング
ライキング
ガイキング・ザ・グレート

その他[編集 | ソースを編集]

大空魔竜
スティンガー
スペリオルスティンガー
サーペント
キルジャガー
クラブバンカー
大地魔竜
天空魔竜

ダリウス軍[編集 | ソースを編集]

巨人[編集 | ソースを編集]

ノーザ・ドルマン
ノーザ・バレオン
ゼルンガ
ガレアン
極大巨人キングダリウス十八世

鉄獣[編集 | ソースを編集]

プロテクス
ガルゴラス
グラネプス

魔獣[編集 | ソースを編集]

ビトラ
ドメガ

その他[編集 | ソースを編集]

ゼルガイアー
魔炎超魔竜ドボルザーク
魔炎超魔竜ファイナルドボルザーク

用語[編集 | ソースを編集]

巨人
ガイキングLODにおける人型ロボット兵器の総称。
ゾルマニウム合金
ガイキング大空魔竜に使われている合金。
巨人に動かすのに必要な精神エネルギー。
鉄獣
ダリウス軍のロボット兵器。
魔獣
ダリウス軍の生物兵器。
ダリウス界
地球内部の異世界。
リミテーションシンドローム
戦争という極限状態の中で、その緊張感がもたらす集団幻覚症状。気晴らしで解消するとされているが、本編で垣間見せるその混沌とした気晴らしこそがこの症状の真面目であるのかもしれない……。

楽曲[編集 | ソースを編集]

オープニングテーマ
「GAIKING」
作詞:YOFFY / 作曲:IMAJO / 編曲:大石憲一郎&サイキックラバー / 歌:サイキックラバー
『K』『L』で採用。『X-Ω』ではイベント「新たなる冒険の旅へ」にて原曲がクエストBGMに採用。
エンディングテーマ
「ボクニデキルコト」(前期)
作詞:MIZUE / 作曲・歌:徳永英明 / 編曲:坂本昌之
「Oh!my god」(後期)
作詞:青木久美子 / 作曲:YOFFY / 編曲:大石憲一郎 / 歌:サイキックラバー
挿入歌
「その名はガイキング・ザ・グレート」
作詞:青木久美子 / 作曲:小杉保夫 / 編曲:大石憲一郎 / 歌:串田アキラ
挿入歌にして、ガイキング・ザ・グレートのテーマ曲。
『K』『L』で採用。
劇中BGM
「炎の巨人・ガイキング合体!」
『K』で採用。
「ドヴォルザーク <新世界より>」
『K』『L』で採用。

登場作と扱われ方[編集 | ソースを編集]

携帯機シリーズ[編集 | ソースを編集]

スーパーロボット大戦K
初参戦作品。本来の地球側のストーリーの根幹となっており、展開も時系列が少し乱れてはいるものの大筋で原作通り。大空魔竜メンバーもかなり早い時点で参入する。『機獣創世記ゾイドジェネシス』との絡みが多い。またリミテーションシンドロームという格好のネタを放っておくはずもなく、オーバースキルを絡めて猛威を振るった。
スーパーロボット大戦L
いきなりダリウス軍との決戦から始まり、当初は地上に飛ばされたダイヤとピュリアのみの登場。ライキング・バルキングに関するイベントなど、『K』でのイベントは全て省略、プロイストとの決戦も地上。大空魔竜のブリッジでのイベントもなく、原作再現度はかなり低い。ただし今回はレベッカやカイキンクなどが参戦し、キャラクターもシナリオに割と絡むため、扱いは良いと言える。今回ザ・グレートが格段に使いやすくなった。

単独作品[編集 | ソースを編集]

スパロボ学園
スーパーロボット大戦X-Ω
2020年8月のイベント「新たなる冒険の旅へ」期間限定参戦。原作終了後設定。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 本作は前番組にあたる東映アニメ制作のアニメ作品の打ち切りによりその穴埋めを目的とした急ごしらえ的な制作経緯を持ち、同じく東映アニメが2003年に制作したパイロットフィルム『大空魔竜ガイキングNEO[2]』を叩き台として企画された。企画を含めた準備期間は放送開始まで3か月と極めてひっ迫した状況であり、メインライターの三条陸氏はわずか1晩で26話目までのシナリオプロットを組んだとのこと。
  • 伝説的アニメーター、金田伊功氏が後期オープニングのディレクターを担当[3]しており、氏が最後に参加したTVアニメ作品となった。
  • Blu-rayBOX初回特典には『ロボットガールズZ』の短編ドラマCDが付属している。
    • のはいいのだが、完結しているのをいいことにZちゃん略称をエロDVD呼ばわりするわ、チームTが「なんか裏切ったり裏切られたりやたらドロドロした話」などと表現するわ、挙句にはドボちんが東映を買収しダリウス軍が大空魔竜戦隊を倒して終わる筋書きに歴史修正を行おうとするなど、ギリギリなネタが多かった。

脚注 [編集 | ソースを編集]

  1. 一応、全国的にはBSデジタルでの放送や児童向けTV雑誌『テレビマガジン』でコーナー記事が組まれるなどはされていた。
  2. 本作のDVD最終巻に収録。
  3. ただし、名義は戸隠三郎となっている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

DVD[編集 | ソースを編集]

CD[編集 | ソースを編集]

レンタルビデオ・動画配信[編集 | ソースを編集]

サイト名 取扱いの有無 備考
レンタルビデオ
TSUTAYA宅配レンタル  
DMM  
ゲオ宅配レンタル 〇 
サイト名 取扱いの有無 備考
動画配信
TSUTAYA TV × 
DMM動画 ×
バンダイチャンネル × 
GYAO!ストア × 
東映アニメオンデマンド  
ユーネクスト × 
ビデオマーケット ×
フジテレビオンデマンド ×
Amazonプライムビデオ × 
dアニメストア × 
ビデックス ×
hulu × 
あにてれ ×
ひかりTV × 見放題プランあり
楽天TV ×
TELASA × 見放題期間あり
J:COMオンデマンド × 見放題期間あり
milplus × 見放題期間あり