ベルゼルート・ブリガンディ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
ベルゼルート・ブリガンディ
外国語表記 Bellzelute Brigandi
登場作品

バンプレストオリジナル

デザイン 谷口欣孝
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
全長 25.0 m(J)
20.4 m(OG)[1]
重量 41.0 t(J)
69.6 t(OG)[1]
動力 オルゴン・エクストラクター
補助MMI サイトロン・コントロール
開発

フランツ・ツェッペリン

パイロット
【メイン】
紫雲統夜(Jのみ)
カルヴィナ・クーランジュ
【サブ】交代可
カティア・グリニャール
フェステニア・ミューズ
メルア・メルナ・メイア
テンプレートを表示

ベルゼルート・ブリガンディは『バンプレストオリジナル』の登場メカ

概要[編集]

ベルゼルートを改修・改造し、専用の強化アーマーを追加した機体。

強化アーマーは非常に多機能で、ベルゼルートの弱点だった耐久性を補強する他、大出力の内蔵バーニアによる機動性の向上をもたらした。アーマー自体に多数の内蔵火器を搭載しており、主兵装のオルゴンラグナライフルは両腕に内蔵される形に変更。これによって瞬時に多彩な武器の切り替えが可能となり、長所の遠距離射撃戦も強化。更にアーマーを本体から分離してバスターモードに変形させることで、本機最大兵装のオルゴンバスターキャノンとなる。

ベルゼルート同様に機体色は青・白・オレンジ系が中心となった明るめの配色。改修に伴って本体のデザインが若干変化しており、強化アーマー装備形態は格段に逞しいデザインになっている。機体デザイン的に、ヒュッケバインMk-III及びヒュッケバインボクサー&ガンナーを想起させる部分が多い。他の主人公機の事を踏まえて、ラフトクランズが元になっているのだろうが、そのラフトクランズがヒュッケバインに似ていたためと思われる。

オルゴン・クラウドの発生によって短距離の空間転移や、バリアフィールドの形成が可能。

スーパーロボット大戦J[編集]

ゲーム中では、文字数の関係で表記が『B・ブリガンディ』となっている。 大破したベルゼルートを基にした改修機として登場する。

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ[編集]

設定が若干変更されており、アシュアリー・クロイツェル・ドイツ支社で開発された2号機に大破した1号機のサイトロン・システムを移植する形で完成する。

強化アーマーは「バスター・アーマー」と命名され、本体と連動した「ブリガンディ・システム」を用いている。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
主人公機にベルゼルートを選んだ場合のみ、ストーリー後半に後継機として登場。改造段階はベルゼルートから引き継がれる。武器名は全てインターミッションで変更可能。ベルゼルート同様に全て射撃系で、移動後使用不可の長距離武器が多い。弾数制武器はNのみで、他はEN制。コンボ武器は持っていない。サブパイロットは運動性と最大射程がアップするボーナスを持つカティアか、攻撃力とクリティカル率ボーナスを持ち『必中』を使えるフェステニアが候補となるだろう。基本性能は前機種を踏襲しており、運動性が高く、HPと装甲が脆い。敵機命中率を0%にして周囲に敵を集め、広範囲をマップ兵器で掃討するのが無難。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
第29話「希望の行方」後半マップよりカルヴィナが乗り換える。
ベルゼルートと違い換装武器が持てなくなったことや、ALL武器のラグナ・ライフル・ブラステッドが短射程武器である為汎用性は下がっているが、広範囲のマップ兵器版オルゴノン・レーザーやALL武器の燃費の良さもあり殲滅力は大幅向上し今作屈指と言える。また地形適応も海以外1段階上昇しており回避性能もかなり高い。
分身こそ持っていないものの、オルゴン・クラウドSの軽減率が高いためカルヴィナの底力も活かしやすくなった。但し相変わらず装甲の数値自体はかなり低めである為、ボス系統の相手のバリア貫通武器には細心の注意が必要。
相方として推奨されるのはALL武器と最強武器の射程が噛み合うレオニシス・ヴァーガ。次点としてガンレイピアを持たせた各種砲撃機だろう。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

オルゴン・ラグナ・ライフル
オルゴンラグナライフルN / ラグナ・ライフル(Nモード)
左腕のオルゴンラグナライフルからオルゴンの結晶弾を発射した後、敵機に接近してクローで掴み、ゼロ距離から結晶弾をぶち込む。唯一のP属性武器である他、マップ兵器以外では唯一射程1に攻撃可能。『OGMD』ではシンプルな単発射撃になった。
ラグナ・ライフル(Aモード)
『OGMD』で使用。実質的に『J』版のラグナライフルNで、右腕のライフル連射後に密着して零距離射撃。
オルゴンラグナライフルB
右腕のオルゴンラグナライフルから、高出力のビームを発射する。移動後使用不可のビーム兵器。射程は2~6。消費ENが10と低く、使い勝手はよい。
ラグナ・ライフル・ブラステッド
『OGMD』で使用。両腕のラグナ・ライフルを展開し、高出力のビームを発射し、敵機体の周囲毎オルゴン結晶を形成し爆発させる全体攻撃。『J』におけるオルゴンラグナライフルBに相当する。
ホーミングレーザー / オルゴノン・レーザー
アーマー背面と脚部の四基のハッチから、無数の誘導レーザーを連射するビーム兵器。通常兵器版とマップ兵器版の二種がある。前者はオルゴンバスターキャノンに次ぐ威力を持つ。後者は扇状の広い攻撃範囲を持ち、敵味方識別ありなので使いやすい。『OGMD』での通常版はラグナライフル(実弾)→背部からのレーザー→ラグナライフル(ビーム)→全レーザー一斉発射という連携攻撃になっている。
アーマー・ビット
テニアのオルゴン・バスター・キャノン使用時に展開するビット。未使用時はバスター・アーマーの肩部に装着している。
また、使用時の操作はテニアが行っている。
ホーミングミサイル
オルゴン・バスター・キャノン使用時に使用されるミサイル。使用時にはベルゼルート本体から発射されているように見えるため、バスター・アーマー装着時には発射ハッチ等が塞がれると思われる。『J』ではメルアのみが使っていたが、『OGMD』ではカティアも使用するようになった。
オルゴンバスターキャノン / オルゴン・バスター・キャノン
ベルゼルート・ブリガンディの最強武器。アーマーを分離・変形させ、巨大な銃器(ダブルBフォーム)に変えてドッキングし攻撃する。パートナーごとに使用制限があり、同一パートナーを20回以上出撃させないと使用できない(回数は周回プレイで引き継ぐ)。武器性能はどのパートナーでも同じだが、アニメ演出及び専用BGMが異なる。また、OGMDではトドメ演出でバスター・アーマーとの再合体があるがこちらもパートナーごとに演出が異なる。
カティア
オルゴナイトの混ざった大出力オルゴンエネルギービーム発射後、敵をオルゴン結晶に閉じ込め、オルゴンライフルAと同様のオルゴン結晶塊を発射して敵を粉砕する。
OGMDでは演出が変更され、ホーミングミサイルで敵を吹き飛ばした後、地を薙ぎ払うようなオルゴンビームを発射。敵を塔のような巨大オルゴン結晶に閉じ込め、オルゴン結晶塊で塔もろとも粉砕する。
メルア
ホーミングミサイルとホーミングレーザーから続けてオルゴンビーム。結晶化後にはハイパワーでラグナライフルを発射してトドメ。
OGMDでも基本的な流れに変化は無いが、レーザー発射箇所がバスターキャノン先端になっている。
テニア
オルゴンビームで敵を結晶化後、4基のアーマー・ビットでオールレンジ攻撃。更にバスターキャノン先端にオルゴン結晶の刃を形成して突撃する。
OGMDではビット攻撃→オルゴンビーム→突撃の順になった。

特殊能力[編集]

銃装備
撃ち落としを発動する。
オルゴン・クラウド
無条件で全属性のダメージを軽減するバリア。更に気力130以上になると、分身による回避効果が加わり、地形&ENコストや敵機を無視して移動できる。フューリーの上位機体の特徴と言える能力。
オルゴン・クラウドS
OGMDではこちら。気力130以上で全属性ダメージを軽減するバリアを展開し、かつ空間跳躍によって移動時のEN消費と移動コストを無視する。Jにあった分身はラースエイレムとして分割されたため、J系主人公機で唯一搭載してない本機は、実質的に分身を失ったことになる。
EN回復S/EN回復(小)
毎ターン自軍フェイズ開始時に、ENが最大値の10%回復。EN制の武器が多いベルゼルート・ブリガンディにとって、非常に有難い能力。
OGMDでは、カスタムボーナスによって強化される。

移動タイプ[編集]

飛行可能。ユニットの地形適応はAACA。

サイズ[編集]

M

カスタムボーナス[編集]

射撃武器の攻撃力+200、特殊能力EN回復(中)」装備

機体BGM[編集]

「Limit Over」
男主人公時のデフォルトBGM
「Guardian Angel」
女主人公時のデフォルトBGM。OGMDではこのBGMで固定されている。
「Resolution」(カティア) / 「Powerful Eater」(テニア) / 「Sweet Suite」(メルア)
オルゴンバスターキャノン使用時に限り、選択したサブパイロット別の専用BGMが流れる。機体に設定した戦闘BGMより優先される。BGMセレクトからの選択は不可能。

関連機体[編集]

ベルゼルート
原型機体。バスターアーマーを装着しているだけなので、こちらの形態に分離も可能。

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 強化アーマー装備時の数値と思われるが、詳細は不明