オルゴン・クラウド

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search

オルゴン・クラウド(Orgone Cloud)とは、スーパーロボット大戦J等に登場する技術。

概要[編集]

フューリー系の機体に搭載されている動力炉「オルゴンエクストラクター」を利用した機構。

主に転移機能兼バリアフィールド発生機能であるが、動力を最大出力させる場合にも使用される(『OGMD』では「バスカー・モード」に改められた)。 機体特殊能力として見る場合には、分身バリア、移動コスト無視の効果を備えたかなり優秀な機能。Jでは、オルゴン・クラウドを機体能力として持つ機体は全てEN回復を自前で所持しているので、事実上バンプレストオリジナル版『次元連結システム』と化している。Kでは、EN回復効果もオルゴン・クラウドの能力となった。

バリア・フィールドは「緑の光の球体の外周を、光のリングが囲んでいる」というもの。このバリアが転移フィールドと同等の働きを発揮する。

登場作品[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦J
防御面では、無条件で全属性のダメージを1200軽減するバリアが発生。気力が130以上になると、更に分身と移動コスト無視効果が追加。また、フューリーの上位機種と主人公機が必殺技を使用する前に機体から展開する。
スーパーロボット大戦K
Wスロットシステムで入手可能な、同名強化パーツ専用能力。気力130以上で「バリアLv3」「分身回避能力」「地形移動コスト無視」「EN回復Lv1」が一度に発動する。Jと違い、気力が規定値に達するまでは何の効果もない。パートナーユニットを組まず、単独で出撃させると気力を上げやすくなる。

OGシリーズ[編集]

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ
本作では「オルゴン・クラウド」「オルゴン・クラウドS」「オルゴン・クラウドH」と効果が細分化された。なお、オルゴン・クラウドHは敵専用。
それぞれバリアの軽減率は1200⇒1600⇒2000だが、オルゴン・クラウドHは所持者であるズィー=ガディンのHPが一定値を切ると軽減量が1200に落ちる。
今回は、グランティードベルゼルートにも特殊能力として追加されている。
なお、もう一つの効果である「移動コスト無視効果」はS以降のみの搭載に変更されている為、フューリー機が揃いも揃って地形を無視して突っ込んでくることは無い。
また、Sも含め分身はラースエイレムに分断されたため、結果的にベルゼルート・ブリガンディは分身を失ったことになる。
本作でも敵の気力が上がる機会は多く(特に敵の諜士は性格が「狡猾」である為顕著)、終盤のフューリー戦ではほぼこの発動が前提となる戦いを強いられる。バリア貫通武器を持つ機体は最優先で選出したいところである。

所持機体[編集]

主にフューリー系機種が所持する。『J』ではフューリーの上位機種と主人公機のみ、主人公機において防御に用いている機体は、前期機体では隠し機体のヴォルレントのみが所持、後継機では全ての機体が所持。『OGMD』ではフューリー系機種全般及びベルゼルートが所持。 Kでは強化パーツでどの味方機でも使用可能な代わり、デフォルトで持つ機体はない。

ベルゼルート
必殺技使用時のみ。『OGMD』では特殊能力として所持。
ベルゼルート・ブリガンディ
クストウェル
必殺技使用時のみ。
クストウェル・ブラキウム
グランティード
必殺技使用時のみ。『OGMD』では特殊能力として所持。
グランティード・ドラコデウス
ヴォルレント
ラフトクランズ
ズィー=ガディン
特殊能力として所持しているのは人型形態のみ。変形後は特殊能力から消滅。