リアルPGガンダム

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
リアルPGガンダム
登場作品 ケロロ軍曹オリジナル
初登場SRW スーパーロボット大戦Operation Extend
SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 プラモデル
主なパイロット ケロロ軍曹
テンプレートを表示

リアルPGガンダムは『ケロロ軍曹』の設定を元にしたSRWオリジナル機体

概要[編集]

1998年、バンダイから発売されたガンプラの最上級グレード「パーフェクトグレード(略称はPG)」の第二弾。その「パーフェクトグレード RX-78-2 ガンダム」をケロロ軍曹が巨大化させ、戦闘用に改造したもの。

直接の元ネタは映画作品『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』と思われるが、作中でケロロの口から「100分の1」スケールであることが明言されており、同作で素材となったのはマスターグレードのガンプラのようである。「60分の1」スケールのパーフェクトグレードを素材にした本機は実質的にスパロボオリジナル機体と言える。

なお『OE』劇中で見られるプラモデルのパッケージは、ゲーム内のガンダムのスクリーンショットを使用している。

登場作品と操縦者[編集]

単独作品[編集]

スーパーロボット大戦Operation Extend
初登場作品。第2章8話サブミッション「ダ・サイダー再び」から使用可能になる。全8章パック及びダウンロードカード版購入特典をDLしていると、第1章のケロロ加入時(第1章3話サブミッション「緑の侵略者」)から使用可能。夏美クルルから預かってきた「道具」(改良版らしい)を用いて、ケロロが持っていたガンプラを兵器化させたもの。
姿形と基本武装はアムロの乗るガンダムと同一だが、GRを所持しないためか能力値は一回り上であり、防御に至ってはほぼ2倍の数値を叩き出している。ケロン軍脅威の技術力か。更に「再生」能力を有し、ビームサーベルは「エスケープ」に代わって「ガードアーム」特性を持つという防御に特化した構成。本作のシステム上中途半端な回避タイプよりは生存力が高い。…のだが、ケロロのスキル「ケロン人(避けることによってSP+)」と噛み合わないのが玉に瑕。
課題は火力面。本家の「ラストシューティング」やケロロロボMk-IIの「パワード夏美」、合体に値する追加の武装や能力は存在せず、ケロロ自身が合体前提の精神構成であるため、火力を底上げできる「熱血」もない。後半に行くにつれ明確な息切れを感じるようになる(ゲームの仕様といえばそこまでだが、ガンプラでここまで戦えること自体がおかしいのである)。
加入時点で2段階改造されているため、ゴッドケロンまでのつなぎとして前線に紛れ序盤はレアな「応援」を振りまくのがベターか。ゴッドケロンが解禁される第6章以降ケロロロボを倉庫番にしておくのはもったいないので、使うのにはかなりの愛が必要。ケロロの「節約」、本機の「再生」によりEN効率がとてもいいことを利用し「EN消費増の代わりに攻撃力アップ」系統のパーツを装備するのも手だが、効果が強いパーツは終盤にならないと手に入らないのでゴッドケロン登場と被りやっぱりキツい。なお固定編成ではケロロロボしか選ばれないので注意。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

バルカン砲
OE』では、「ヒット&アウェイ」特性付き。
ビーム・ライフル
『OE』では、「ビーム兵器」特性付き。
ビーム・サーベル
『OE』では、「ガードアーム」特性付き。
ハイパー・バズーカ
『OE』では、「押出」、「対大型」特性付き。

特殊能力[編集]

盾装備
防御時にシールド防御を発動。
再生
HP、ENが毎ターン回復。

移動タイプ[編集]

宇宙

サイズ[編集]

Mまたは3

機体BGM[編集]

「ケロッ!っとマーチ」
1stシーズンOP曲。

関連機体[編集]

ガンダム
素材となった機体。…というより、それをモデルにして作られたプラスチック製の玩具。
EVA初号機
PG第一弾。『スター・ウォーズ』からミレニアム・ファルコンが登場するまで、ガンダムシリーズ以外から唯一のラインナップであった。

商品情報[編集]