Xアストレイ

提供: スーパーロボット大戦Wiki
Jump to navigation Jump to search
Xアストレイ
外国語表記 X Astray
登場作品

ガンダムシリーズ

SRWでの分類 機体
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルスーツ
生産形態 改修機
全高 18.21 m
重量 67.50 t(ドラグーン・システム含まず)
動力 核エンジン(ニュートロンジャマーキャンセラー搭載)
装甲 PS装甲
原型機 ドレッドノート
製造 ロウ・ギュール(ドラグーン・システム)
所属 ジャンク屋組合
パイロット プレア・レヴェリー
テンプレートを表示

Xアストレイは『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』の登場メカ

概要[編集]

ジャンク屋組合に所属する試作型モビルスーツ

ドレッドノートの本来の姿と言える機体で、運用テストで得られたデータから生み出されたドラグーン・システムの設計図をアンドリュー・バルトフェルドから受け取ったロウ・ギュールがアメノミハシラで製造し、ドレッドノートに装備させた。

「Xアストレイ」という名称はその際、ロウから与えられた愛称のようなものである。この名はプレアの「核の力を平和の為に使いたい」という意思から「兵器としての王道を外れたもの」という意味の「アストレイ」と、追加装備されたドラグーンによって、背中に大きな「X」という文字を背負っているように見えることから来ている。

暴走するカナード・パルスを止める為にプレアが搭乗し、彼の駆るハイペリオンと交戦。激戦の末勝利した。

その後、短い寿命でプレアが死亡した際にXアストレイは彼からカナードに託された。カナードが傭兵となってからはロウの手で改修され、ドレッドノートイータとして生まれ変わっている(SRW未登場)。

登場作品と操縦者[編集]

携帯機シリーズ[編集]

スーパーロボット大戦W
第2部より登場。プレアとムウの専用機で、マップ兵器版ドラグーン・システムの範囲が非常に広く、敵味方識別もあるため、ユニットの中では優秀な部類に入る。また、Nジャマーキャンセラーを搭載しているので消費ENもほとんど気にしなくて済む。
メインパイロットのプレアの性格は「普通」なので気力が上がりにくく、ムウを乗せているという人も少なくない。しかしカナードの仲間フラグを立てるシナリオでは、プレアがXアストレイで強制出撃する。EDにおいて、ハイペリオンを失ったカナードが火星で余生を静かに過ごす事を決めたプレアから本機を直接託されるというドレッドノートイータを思わせる場面がある(カナードがいない場合、風花が「カナードに届ける」ために預かる)。

装備・機能[編集]

武装・必殺武器[編集]

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲
ゲイツやフリーダムに装備されている物と同じ。本機では4門装備されている。ピクウスとは「啄木鳥」という意味。
XM1 プリスティス ビームリーマー
腰部に装備されたドラグーンの一種。ゲイツのエクステンショナル・アレスターの発展型でもある。量子通信でシステム制御を行っているため、Nジャマー下でも誘導可能。
ビーム砲を内蔵した端末部と本体はケーブルで繋がっているが、これはこの装備がまだ実験段階にあったため、端末のロストを防ぐ目的で備えられており、ケーブルが断線しても運用に支障はない。また、ビームスパイクとしても使える。
ドラグーン・システム
背部に新たに追加された武装。有線式となっているが、これはエネルギー供給用のケーブルであって、ガンバレルのような操作用ではない。こちらもプリスティス同様、断線しても操作自体に問題はない。実はPS装甲製。
スパロボではMAP兵器版も登場。広範囲・高威力とレジェンドガンダムの物と同等の高い殲滅力を誇る。
MA-MV04 複合兵装防盾システム
ビームライフルと同じく、プロヴィデンスの装備の原型となった武装。ビームサーベル発生器を内蔵している。左腕に装着。
ビームサーベル
端部分から発生。プレアは劇中、この装備による攻撃は行っていない。
MA-M22Y ビームライフル
プロヴィデンスのユーディキウムの原型となった武装。フリーダムと比べてやや大きい。

特殊能力[編集]

剣装備、盾装備、銃装備
切り払いシールド防御撃ち落としを発動。
PS装甲
Nジャマーキャンセラー
Nジャマーを無効化する装置。ENを最大値の15%分回復させる。

移動タイプ[編集]

サイズ[編集]

M

機体BGM[編集]

「プレア・レヴェリー:運命の子」

対決・名場面[編集]

ハイペリオンガンダム

関連機体[編集]

プロヴィデンス
ドレッドノートイータ
『SEED DESTINY ASTRY』に登場するドレッドノートの改修機(SRW未登場)。プレアから機体を託されたカナードが傭兵となった後搭乗している。カナードの空間認識能力はドラグーンを操作できる程は高くなかった為に、ロウの手によって製作されたビーム砲などの火器と大型ビームソードを組み合わせた多目的武装モジュール「イータユニット」に換装されている(イータの名はこのユニットがH型の為、ギリシャ文字のH(イータ)からきている)。プリスティスは先端にアルミューレ・リュミエール発生器を組み合わせたアルミューレ・リュミエール・ハンディに変更されており、使用時は腕に取り付けて使用する。アルミューレ・リュミエール・ハンディとメインの携行武器としてハイペリオンから流用されたザスタバ・スティグマトは、共に本体の核エンジンとケーブルで直結されており、使用時間が大幅に延長されている。ちなみにこの機体は純粋な武器として使われている為、アストレイの名は冠していない。
Xアストレイ フィオ専用機
『SDガンダム GGENERATION CROSS DRIVE』に登場するレプリカ機。ミオ搭乗のハイペリオンとの連携を前提とした調整が施されている。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]